◆不登校は命を守る子の力★決して怠けではありません◆◆不登校の子は殆ど登校経験者◆&◆登校している子の殆どが不登校になる可能性有り▼◆▼「不登校できない子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2017年05月24日 (水) | 編集 |
いつうごきだすのかなぁ・・・。待っている時間は長く感じますよね。数週間なんて、不登校の親を経験していれば、短い時間なのですけど、休み始めの時は、「今日はどうしよう」「今日はどうするのかな」と、日々何日目かを数えたりします。

そんな時、どうしたらいいのでしょうね。・・・そんなことでとても辛い想いのをしている人にどう接したらいいのか。

穏やかな気持ちで待てればいいのですが、「待つ」ことは、そう簡単ではありません。予定通りにいかないと全てがダメになってしまうような気さえしてしまう。・・・でも、そんなことないんですよ。早まってはいけません!!

多くの経験者が教えてくれています。なんとかなっていくものです。
スポンサーサイト


2017年05月22日 (月) | 編集 |
三才位の男の子、
ついてくる影から離れようとしている。
そばでお母さんがからかって・・・
私もこんなことしたなぁ。

影法師は
なかよしこよし
どこまでも一緒



2017年05月21日 (日) | 編集 |
今日、Nhkで取り上げていました。ご覧になった方多いのではないかと思います。以外にも、私の夫も観ていました。

少し前進という感じかなと思いました。

「不安が多いと、症状が重くなることがある」みたいなことが言われていたのは、やっぱりと思いました。

ここ数年、発達障害という言葉が目につくようになってきました。それとともに発達障害の人が増えてきているように思われますが、ここ数年で、急に増えるなんてことはなく、ただ知られてきたということだと思います。

知ることは、理解に繋がっていくと思うので、それはいいことだと思うのです。でもね、今日も「障害と性格の違いは?」みたいな質問が視聴者から来てましたけど、それに対するはっきりとした答えはありませんでした。

私も同じような疑問をもっているのですけど、そのこと自体が理解していないということなのでしょうかね。
一口には言えなくて、障害かそうでないかと判別もできない。どちらかに分けようとすることがちょっと間違っているのかもしれません。私はまだよく理解できていないということです。

「子どもの中には、学校に合わない子がいる」と言われる方もありますが、私は「すべての子に合わせられない学校(大人)が多い」ということだろうと思います。私もその一人です。

頭では分かっていても、「どうしてちゃんとできないの!」と思ってしまう。本人は相当頑張っているんでしょうけど・・・・・。自分には甘く、他人には厳しい・・・これは障害ではなくて、私の性格?


2017年05月19日 (金) | 編集 |
この世の中に、「悪人」なんて本当はいなくて、ただどこか「ひどく病んでいる人」がいるだけじゃないかな・・・・・
ふと、そんなことが頭に浮かびました。

だから、罰を与えるとか、排除すると考えるより、「治療する」という考え方の方がいいんじゃないかなぁ。

ただ困ったことに、エライ人の中にもこの「ひどく病んでいる人」がしばしばいるような気がして・・・。

軽く病んでいる人なら、たくさんいるんですけどね。


2017年05月13日 (土) | 編集 |
不登校 生き抜くための 子の反応


2017年05月11日 (木) | 編集 |
齋藤眞人さんを呼んで、熊本市内の校長、園長対象に講演会を開催するそうですよ!!
7月だそうですけどね。
実は、8月には玉名あたりに呼ばれていらっしゃると思いますが・・・・

できれば、聴きに行きたい。今から校長とか、園長にはなれませんけど。^-^;



2017年05月09日 (火) | 編集 |
不登校、非行、ひきこもり、発達障害、それぞれの言葉をよくよく噛みしめると、偏見からの発想のような気がします。

平均的な人や行動から少しはずれると、それはそうなっていない人から見ると、とても理解しがたいもので、つまり得体のしれないものになって、人はとても不安を覚えるのかもしれません。

なんかね、異質なものが存在することがよくないと感じるのかなぁって思うのですけど、生物として、みんなが均一でないということが命を繋ぐ知恵みたいなもので、自然な有り様なのだと思うのです。

・・・気づけば零時を回ってます。今日はこの辺でおやすみなさい。眠れない方は、それなりにお過ごしください。


2017年05月05日 (金) | 編集 |
私は、小さい頃から、「父親の深夜の帰宅で目が覚めて、睡眠が乱れていた」と、ずっと思っていました。
だから、私の睡眠が乱れがちなのは、環境のせいだと思っていたのですけど・・・・。

そんな話をしていたら
「それはおばさんが小さな音でも起きてしまう性質だからよ。うちの子、あの本震の時、全く気付かずに寝ていたから」とある若いお母さんから言われました。

言われてみて、そうか、そうかもしれないと、目からウロコがはがれた感じ。

そういう風に考えると、私の睡眠が乱れているのは、環境の精ではなく、私の神経のせいということになるのかな・・・。
物事、見方によって、随分違って見えてくるものですね。


2017年05月04日 (木) | 編集 |
講演会は午後ですが、その日、同窓会も開催します。ささやかな宴です。
とはいっても、食事持参でお願いします。先輩方の話が聴けると思いますので、悩んでいる方々にはお勧めです。
食事しながらの親の会。いえいえ、子どもの立場の方も来られるかもしれません。
もちろん、私も参加しますが、どなたでも参加できます。
会場は10階パレアホールの向かって左の会議室7で、11時から13時までです。


2017年05月03日 (水) | 編集 |
鹿児島から参加したいとメールがきました。びっくりです。
そして、超嬉しい。