FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2019年02月16日 (土) | 編集 |
車に乗せて頂いた人が「私の友人に、親が学校行かなくていいみたいに言って、上にも兄弟がいて不登校で、山奥に引っ越して、学校に送り迎えが大変だけど、どうする?となって、そのままほとんど学校行かずに、自然の中で過ごしていたという人がいるんですよ。その後大学、大学院と進んで、今自分のやりたいことやっている人がいるんです。私、その人と出会って、無理して学校行ってたの損したなぁと思って、ちょっと不登校に関心があるんですよ」と教えてくれました。

私は「そんな人珍しいのよ。ほとんどの人が行きたくても行かれないような状態になって不登校になって、とても悩んで苦しい想いをするの。すごいねその家族」と言いました。
それから「私も一人そんな人知ってる。小、中、高と行ってなくて、大学院行った人。河●町のアートのイベントで出会った青年がいる」と言ったら、

「えーっ、その人ですよ!〇〇君といって、私もそこで出会いました。いま〇△〇△計画とかをやってる。とても優しい感じの人」と言うから、「あー同じ人だ」となって、大盛り上がり!!

楽しい時間はあっという間に過ぎ、お礼を言って、名刺交換しちゃいました。^ ^
スポンサーサイト


2019年02月11日 (月) | 編集 |
先日、田舎の古い民家でのある集まりに参加しました。初めての場所、初めての人にはかなり緊張する私ですが、終わるころには、来て良かったと思えるようになっていて、少しずうずうしくもなっていました。

秋ごろから月に一度集まっていて、不登校に関心のある人たちで、何かしらやっていこうというような会かな?完全に理解できたわけではないけど、何だか「こんな場面、以前も経験したなぁ」みたいな感覚。そうそう、「子ども劇場」のイベントに似ている。

親子で集まって、自然の中で走り回ったり、外でかまどを作ってご飯を炊いたり、子どもたちが遊んでいるのを眺めながら大人たちがおしゃべりしていたり。・・・なんだか懐かしい空間だった。

初めての場所だったけど、初対面の方ばかりではなかった。そして話をしていると、初対面の人でも共通の知人がいる人も数名。まぁ「不登校」がらみの集まりだから、こうなるのだろうなぁ。
小さな子どもたが混じっての食卓を囲みながら、ハラハラしたり癒されたりする感覚も我が子の小さい時を思い出しなつかしかった。

帰りは夕方になってしまったけど、同じ方向に帰る方の車に「乗せてくださいませんか」と私から頼んで(私としては初めて)、帰ったんだけど、この車中での会話が弾んで、素敵な発見がありました。(その話は、また後ほど)

ちょっと私の中で何かが変わったような・・・・・。


2019年02月08日 (金) | 編集 |
今年は金柑がたくさん実をつけました。

そんなこととは関係ないのですが、大人の暴力や弱さや愚かさで、命を落としてしまう子どもが多すぎませんか?なんとも辛い気持ちになり、気が重いです。

いろんな新事実が分かって、そのたびに「ありえない」と思う。また、いろんな人がコメントを出し、「そうよ!」と思う面もあるけど、なんだかすっきりはしない。

そして、親の暴力で苦しんでいる子が増えているみたいなことが報道されているけど、実態はどうなのだろうか。そうだとしたら、何が原因?

加害者も闇を抱えていたに違いない。そして、自分より弱い命より、自分の命を守るために、まともな判断力を失くしてしまった大人たちの闇は?


この事件は罪が大きい。「もう相談できない」と感じた子もいるだろう。

そして一人残された下の子はどうしているのだろうか。

・・・・・それでも、信頼できる人はきっといるから、大人を見捨てず、諦めず、親身になってくれる人を捜して、相談してほしい。・・・・・



2019年01月27日 (日) | 編集 |
今日は、不登校に向き合ってる人達が日本中から集う会の実行委員会に参加してきました。

地元(長崎県)の人がもちろん多かったのですが、遠くは北海道からの参加もあり、60人位の人がいたと思います。

そこで、参加者全員の自己紹介があって、3時間以上かかったのですが、それぞれ話はとても興味深い内容でした。

不登校関係者の自己紹介の具体的内容については書けませんが、集いの会場になるホテル関係者の発言がちょっと驚きでした。

「自己紹介を後半から聴いていましたが、皆さんが先生であり、皆さんが生徒だなと思いました」みたいなことを言われたんですよ。

私は「普通の営業の人に見えるけど、こんな感想を持たれるなんて、すごい人かも」と思っちゃいました。

ちょっとこれからが楽しみになってきました。


2019年01月23日 (水) | 編集 |
とらたの会の山下順子さん、私がとても尊敬している人の一人です。彼女の情熱はどこからくるのかな・・・・。
2月3日に人吉で、2月24日には荒尾でも聴けます。(荒尾の分は後日お知らせします)
5411633ae599c1b821675d2f1cb4324e[1]


2019年01月20日 (日) | 編集 |
風邪をひいたりして、体調が万全でなくなると、健康が一番と感じる。

不健康な時は、やる気も起きない。病は気から。

だけど、治ってくると、自然と動きたくなるみたい。

先日あるお医者さんが言ってたけど、風邪に効く薬ってないそうです。薬で治すのではなく、安静が一番ということかな。

でも休めない人もいるからなぁ。・・・でもね

身体は熱くなることで病原菌をやっつけているのだから、むやみに下げるのはよくないみたいです。咳だってそうらしいです。

症状を強く抑える薬には、副作用もあるみたいなので、必要最低限にした方がいいみたい。

私は元々薬が嫌いだからあまり飲まないけど・・・・。


2019年01月13日 (日) | 編集 |
放課後デイサービスってご存知ですか?ちょっとデイケアと間違ったりしますけど、不登校の子も利用できるらしいですよ。

ここ数年で、あっという間に増えました。私の知り合いも利用していますし、そこで働いている青年もいます。

いろんなところがあるようですから、相性のいいとこもあるかもしれません。

どこかに行きたいけど行く所がない人にはいいかも。自宅までの送迎もしてくださるそうです。

利用内容によって費用は違うそうです。それは介護の場合と同じかな。

役所の福祉課などで、い合わせすると、分かるみたい。近くに事業所があれば、そこでも教えてくれると思います。

不登校経験者が運営に関わっていたりすると、きめ細やかに対応してくれるかもです。

どんな支援も「人」が大事。どんな人が関わっているかは、見極めてください。いやなとこだったら、別の場所に変わればいい。

もちろん、気が向けばの話。


2019年01月07日 (月) | 編集 |
生まれて初めてではないかな、年末年始を親戚の家でぼーっと過ごしたのは。

そして、我が家に帰るなり和水の地震。ちょっとびっくりしました。


去年も色々初体験でドキドキすることが起こりましたが、今年はもっとドキドキすることやろうかと思っています。

人は知らず知らず自分の周りに枠のような物をつくりがちです。いえ、正確には、私は。

私は自分の能力を自分で測って「これくらい」と思っていましたけど、それをあまり意識せずに動いてみようかと思います。

ちょっと前向きでしょう?私の中では目標を決めましたけど、これはないしょ。
小さい頃の夢、一番好きだったこと、やりたかったことに一歩踏み出すことにしましたよ。

うーん、「苦手」と思い込んでいることは、正しくは「自分が理想とするほどは上手くできないこと」なのではないか。

もっと気楽に考えると「苦手なこと」も第三者からみると「案外上手」あるいは「とてもいい」みたいになる可能性があるということかもしれない。

コミュニケーションが苦手とか、人と話すのが苦手とか思っている人も、自分の理想が高いだけかもしれない。
いやいや、
上手とか、下手とか関係なく、人の心に何かを届けることは可能。それは真心があるかないかでしょ。・・・なんちゃって。

とにかく、考え方次第で、可能性は広がる。自由度も増す。そして、楽しくハッピーになる。わくわくしてきました。


2019年01月01日 (火) | 編集 |


今こそ 伸びる 真の心  2019年



2018年12月24日 (月) | 編集 |
❤の滴