FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2018年08月13日 (月) | 編集 |
親たちの 子を思う気持ちは

わたしには 羨ましいほど まばゆい

子の異変に戸惑い 右往左往し

思うようにならないと 苛立ち

どうにかしなくてはと 駆け回る


情報を集め 本を読み漁り

それでも うまくいかず 

やがて疲れて 他人に助けを求め

なりふり構わず 弱みをさらけ出す


その勇気に わたしは息をのむ

そして

この勇気があれば きっと大丈夫だと

信じて 見守る

スポンサーサイト


2018年08月12日 (日) | 編集 |
わたしは遭いたいと願えば とても素敵な人に遭える

そんな力を持っているらしい

だって あなたに遭えたのだから


わたしは目に見えないものが見える

そんな力も持っているらしい

だって あなたの優しさが見えるのだから


あなたは計り知れない優しさを持ち

とても魅力的で 

唯一無二の存在です 


(私も誰かに こう言ってもらいたい・・・^-^)













2018年08月09日 (木) | 編集 |
私もお婆さんなんだけど、腰が少し曲がって、歩くのが大変そうなお婆さんと映画館の前で出会いました。

開館時間に少し時間があったので、立ち話。その方は、映画がとにかく大好きみたいで、「きついけど、映画を観たくて、田舎からえいやー!って出てくるんですよ」とおっしゃいました。そして「出てきたら、お昼御飯も食べずに夜まではしごします。だから、一人がいいんですよ」というとです。
さらに彼女は「私の父はとても厳しい人で、なかなか映画を観るのを許してくれませんでした」とか「父は厳しかったけど、優しい所もあった」などと話してくれました。そして、美空ひばりと同じ年で81才だとも言ってました。そしてさらに孫が映画代にとお金をくれるそうですけど、それは使わずに貯めているとも。

切符を切ってもらいながら、「半券はみんな捨てずにとっています」と、とても嬉しそうに映画館の人に話していらっしゃいました。


2018年08月07日 (火) | 編集 |
昨夜は飼い猫に起こされることなく朝を迎えることができました。6時間余りの睡眠で自然と目が覚め、とても目覚めもいい。よくねたなぁという実感、久しぶりです。
やっぱり睡眠は大事だなぁ。心配事とかあるとあまり眠れなかったりするけどですね。

楽しいことをしていると、寝る時間も惜しいと思い、眠らなきゃと思っていると、眠れない時間をもったいないと思う。人間ってホトホトやっかいです。

うちの猫は、いまとても自由に生活しているようにみえます。時々何かと戦って傷を負って帰ったりするのに、懲りずに毎日近所の見回りに出かけているようです。猫もプライドをズタズタにされ落ち込むこともありそうですど、生きています。
猫や犬は、ストレスで食欲が落ちたたり、怯えて外に出なくなったりということはあっても、自ら命を絶つことはしません。何故ですかね。

猫が死ぬときは、死ぬ姿を見られないように人の目につかない所に隠れるという話をきいて、そう信じていましたが、あれは逆だそうですね。弱っているから、敵に襲われない安全な所に身を隠し、回復を待っているのだそうです。あくまでも、生きようとしているわけです。なんかひきこもっている人にもあてはまりそうです。

だけど、人間はもっと知恵が働くので、自分では治せないと思ったら他の人の力を借りることができます。助けを求めることができます。人は一人では生きられないのです。人は自分が弱いことを知って、集団で協力し合い、生き延びてきた。つまり、人は人に助けを求め、人は人を助ける。そうやって命を繋いできたそうですよ。それが自然な姿なのでしょう。
自然のままに生きていれば、人も必ず生き延びようとするはずです。

そうですよね。今きづきました!自然の圧倒的な力を知っていれば、自然に逆らおうとはしないのでは・・・。
猫は、自然の力を感じ取って、とてもかなわないことを知っている。猫は人間ほど傲慢ではない、ということではありませんかね。


2018年08月05日 (日) | 編集 |


少しでも涼しくなりますように!!  


2018年08月04日 (土) | 編集 |
先日、自転車に乗っていたら、ブレーキが壊れてしまいました。
坂を下っているときデマなくて、ラッキーだったんですけど、皆さんも注意してくださいね。

自転車にも車検みたいなものがいるんじゃないでしょうかね。定期的な点検必要です。暑さのせいもあるのでしょうか。

自分だけですまないこともありますので、気をつけなきゃと思いました。


2018年07月29日 (日) | 編集 |
台風は自然災害だというけど、人が巻き起こしている災害なのかもしれませんね。





2018年07月23日 (月) | 編集 |
今日、ある中学生のアクセサリーの展示会を見にあるカフェに行ったら、その子とお母さんがいらっしゃいました。

そしてしばらくして、そのお母さんのお母さんがご自分のお母さんを連れて、孫の応援にやって来られました。

分かりますか?ある家族の四世代の女性が一堂に会したということです。私はその温かい光景を目撃することができ、

楽しいひと時を一緒に過ごさせていただきました。「世にも美しい不登校の楽しみ方」そのものでしょ?

そして、とっても美味しいカレーを頂き、素敵なイヤリングをゲットし、

猛暑などでしおれかけていた私の体も、心も、不思議と元気になっちゃいました。

私、素敵な人と出会う能力だけは、人一倍です。




2018年07月20日 (金) | 編集 |
熱中症が連日話題になっています。命に係わる暑さが続いている。

朝7時からの部活の練習中に熱中症にかかったという子もいた。

朝7時に学校にいるということは、6時頃に起きるのかな。

その日だけではなく、連日朝練やってたんだろうな・・・・よう頑張ってるよね。

でも何か変じゃないですか?

そして熱中症で生徒が救急搬送された、ある学校の校長先生が

「これからは子どもたちを第一に考えていきます」みたいなことをおっしゃっていました。

?私自分の耳を疑いました。「これからは」って、これまでは何を第一に考えていらっしゃったんでしょうか。

何か大きく間違っていませんかね。


2018年07月09日 (月) | 編集 |
不登校が増え続け、子どもをとりまく環境が少しも改善されていないとガッカリしていましたが、それは少し違っているようです。

あまり変化、成長のない大人たちをよそに、現代っ子たちは柔軟な頭で考え、動き出しているようです。

不登校だった高校生が大人を前に講演したり、自分の不登校経験をブログで発信したり、ちょっと古い大人はついていけないかもしれませんよ。

ある高校生の話で心に残った言葉を思い出しながら書き出してみます。(ちょっと違ってたらゴメンなさい)

・不登校の子はこうだとか、学校に行っている子はこうだとか、イメージが先行している。
・ゆとりがある時間をつくることが大事。
・教師はもっと生徒のことを考えて、効果的な接し方ができないのかと思った。
・学校は子どもが安心して学べる場であってほしい
・お互い話をすることで何かみ見出せないか。
・自分を認めてもらったと感じたとき、楽になれた。
・親が楽しそうにしていると、元気になれる。
そして彼女は、9月1日に子どもの自殺が多いことに対しても、何かできないかと動いているようだった。

こんなにしっかりと考え、行動する、まっすぐで優しい子が、辛いこともあるだろうに「なんでも質問してください」と言っていた。大人としては、申し訳ない気もしてくる。彼女に言わせると、学校に行くのも行けないのもただの形式なのかもしれないけど・・・・・。

そしてさらに驚いたのは、不登校の中学生が書いているブログのタイトル
「世にも美しい不登校の楽しみ方」
まあなんとストレートで堂々としていることか。ここまでの気持ちになれるのは、簡単ではなかったのかもしれないけど、新鮮な驚きです。

だけど、だからと言って、こうでなくてはいけないなんて思っている訳ではないです。
それぞれ事情が違うのだから、すぐには心開けない人だって焦ることないと、長く不登校に関わってきたおばさんは思います。

それにしても「子どもたちの未来は明るい」とどこかで誰かがおっしゃったことは、間違ってないなぁと思いました。
子どもたちを、そして自分を、信じてみてはどうですかね。