FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2017年08月18日 (金) | 編集 |
夏休みは、休むためにあるべきなのに、どうも多くの子どもたちは忙しそうですね。

先生方も、ご苦労様です。

ところで、ちょっと笑えないおかしな話を聴きました。
まるで理解のない校長の言うとおりに動いていた教頭が、校長が入れ替わったら、全く別人のように子どもと接している という話です。

なんか悲しいですね。校長しだいというところが学校にはあるようです。

それから、「規則ですから」「約束ですから」の一点張りで、困っている親子に向き合えない教●委員会。
私はどうしたものやらと、今思案中です。子どもの命より規則が大事?
でも、もっと広い目で見れば、「子どもが教育を受ける権利」を侵していることになっています。
残念!
スポンサーサイト


2013年02月27日 (水) | 編集 |
今日、あるお母さんが「いろんなところに不登校の相談に行ったけど、行政がやっている所は、事務的なところが多かった」と言われました。

そして「やっぱりこういう個人的な所がいいですね」と、わたしが所属している団体のところにこられて話されました。

多分、同じような経験をしたものが運営している所が、親身になって聴くことができるということだろうと思います。


一回の相談で8,000円も取っている人もいるそうですけど、高ければ信頼できるという保証もないし、無料だからいいともかぎりませんし、相談相手を選ぶのも、一苦労ですね。


なぜこんなに学校へ行けなくなったことで、親や子が苦しまなくちゃいけないのでしょうかね。

大気汚染で喘息がひどくなったら、空気を汚している工場とかではなく、被害をこうむっている側が「あなたが過敏すぎる」と責められているようなものでしょう?・・・本当に気づいてほしい、この理不尽さに。


あの汚染された空気を頑張って吸い続けますか?何か対策をとりますよね。場合によっては、引っ越したりするでしょう。つまり逃げ出すことも一つの方法ですよ。だってすぐには汚染はなくならないのですから。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育

2012年05月11日 (金) | 編集 |
この世の中、単純な私には分からない事が多すぎます。

1ヵ月前にこのブログで紹介した「くまもと 子ども・若者支援マップ」 、 民生委員にも配られるということでしたが、私の知人はまだ受け取っていないと言っていたので、聞いてみました「いつ配られるのですか?」と。

そしたら、「熊本市以外には配ったのですが、〝熊本市さん〟には部数のこともあって、配っていない」と県の職員の方の返事でした。???

どういうことなのか訳が分からなくて、ちょっとしつこく質問したのですけど・・・こんな説明でした。

「熊本市は政令指定都市になったことで、熊本県と対等になった。だから、熊本県は熊本市を監督や指導はできない。
例えば、熊本市の教育現場で問題が起きて保護者などから相談があった場合、話を聞く事はできるけど、熊本県の教育委員会が、熊本市の教育委員会を指導する事はできない」

ということですって!・・・私、頭悪いんでしょうかねぇ・・・やっぱりよく分かりません。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育

2012年04月01日 (日) | 編集 |
新潟から生まれ故郷の熊本の実家に転居した家族がいらっしゃいます。私が所属している不登校に関するボランティアの会にそのご主人が挨拶をしに来られました。なんでも、フリースクールを始められるそうです。新潟では、大学で会計?を教えていたそうです。とても緊張していらっしゃいました。


少しお話を聞く限り、個人の塾のようなものかなと思います。まだ若いその人は、とても誠実な方だとは感じました。

その人がおっしゃったことでちょっとびっくりしたのは、新潟県には「フリースクール」が七つ位あるということです。それに比べて熊本はあまりにも少なく、看板屋さんに看板を注文したら「フリースクールってなんですか?」と聞かれたとか・・・。

熊本県のフリースクール認知度はそんなものなのですかね。


その場所、我が家から自転車で10分位で行けます。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育

2012年03月24日 (土) | 編集 |
教育委員会のある方に、この公立中学校の取り組みを説明したのに、「予算がなくてですね」と言われてしまいました。

私なんか、「もう私の仕事はなくなる。普通のおばさんに戻る準備をしなくっちゃ」と思ったくらいですのに・・・。世間は、いえ予算に縛られている方々は鈍い!!

あのですね、こんなこと書いちゃいけないかもしれませんけど、今まで校門にタッチしたら出席だとか、卒業式に出たら不登校を脱したとみなすとか、あの手この手で不登校の数を減らそうと試みて、それでも増え続けてきた不登校ですよ。それがただ一校の例で高飛車に言うのも失礼かもしれませんが、「職員会議や朝礼の時間を削減して、生徒と向き合う時間にあてた」だけで、不登校が3年間で十分の一に減っているんですよ。もちろん、その学校の先生方の子どもへの向き合い方があたたかいんでしょうけど・・・。そんなの予算はいりませんから。

ちょっとわたくし興奮し過ぎていますかね。だったら、ごめんなさい

全ての不登校が、これだけで元気になるとは思いませんよ。だけど、先生方も「喜ぶ子どもを見ると、自分もうれしい」と言っていらっしゃいます。先生方も楽しくなるはずです。分かっている人は早くから分かっているのです。今からでもいいから、分かってください

どんなにたくさんの相談員やスクールカウンセラーを配置するより、教師の負担を削減するほうが、どれほど低予算で効果があるか。実践から学んでください。

問題の多くは、大人の中にあるんです。「子どもをなんとかしよう」と思う前に、大人をなんとかしてください。私たち大人が学ばなければ、何も変わりません。


いいえ少し言い過ぎました。大人が愚かでも、子どもは成長していけます。
子どもさん方、絶望することはありません。
[続きを読む...]
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育

2012年03月01日 (木) | 編集 |
先日、「へーそうなんですか!?」と目を丸くしたのですが・・・ご存知でしたか?熊本だけでしょうか、児童が自転車で行き来できるのは、校区内に限られているそうです。??変じゃありませんか?私にはさっぱり理解できません。

「どうしてですか?」と聞きました。「他校の子とトラブルがあっては困るし、(近いからと許したら)歯止めが利かなくなるからですね」と言われました。「歯止めがきかない」よく聞く言葉です。トラブルを恐れる言葉ですね。


この小学校の近くに近々トンネルが出来、道路が開通するのですけど、トンネルの途中から隣の校工になるのです。そして、トンネルを抜けたあたりに広い公園があります。その公園の少し先は、またこの小学校の校区内です。校則を守るトンネル近くの良い子は、交通量の多い道をぐるっと数キロ走って、トンネルの向こうに見えている友達の家にいくのでしょうか?


交通ルールをきちんと教えてやれば、それでいいんじゃないでしょうか。それとも規則は建前だけなのかな・・・。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育

2012年02月14日 (火) | 編集 |
この前、ビックリするような話を聞きました。

中学校の校長が「何らかの成果を見せてもらわないと進級させられない」と担任に言われたそうです。そして担任はそのことを親に伝え、たくさんのプリントを渡したそうです。

先生の立場に立てば、一度も面会できない子どもの状況を心配してのことかもしれませんけど、今どき有り得ないことですよね、進級できないなんて。


そんなの脅しに違いないと思っていても、保護者は動揺されていました。まだまだ苦難はつづくようです。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育