FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2014年12月26日 (金) | 編集 |
世間で「発達障害」と呼ばれているものの中には、「普通」から欠けているものばかりではなく、「普通」を超えているものもあります。

感覚過敏の人などは、並の人より優れた感覚を持っている人だと思います。音や臭いや、手触りなどに感度が良すぎると、日常生活が送りにくい時があります。

私の場合も、感度はそれほど優れてはいませんけど、毛糸や麻の混じっている服は、よほどいいものでないとチカチカして直に着られません。きっと小さい時は、ぐぜって親を困らせたと思います。

絶対音感を持っている人は、日常の雑音が不快でしょうし、化学物質に敏感に反応する人は、体に良くない塗料を使ってある場所に長くいられません。

そして、おかしなもので、「集中力を養おう」と叫ばれる中で、時間や自分自身の疲れも忘れて何かに集中していると、「困った人」になっちゃいます。

そんな風に考えていくと、「障害」というのは、その人自身のことではなく、周りの人が対応に困る、つまりいわゆる「普通」に対応すると「障害」になるという意味なのではないでしょうか。

残念なことに、数の多い人が基準を決める場合が多いので、少数派は、いつも困り感が多いような気がしますね。
スポンサーサイト
2012年06月06日 (水) | 編集 |
インターネットは便利ですね。アスペルガーかどうか自己診断テストがあるんです。友人が教えてくれたので、やってみました。結果を知りたいですか?教えませーん

やってみたい方は、「自閉症スペクトラム指数自己診断」で検索してみてください。決定的なものではないかもしれませんけど、目安にはなると思います。


昨日はアスペルガーについて雑な書き方をしたのですけど、一口に「アスペルガー」と言っても色々な人がいるみたいです。そんなことをあれこれ考えてみると、やはり「人間みんな障害者」というのが正しいと思います。

もし、完璧な人間を正確な円で表すとしたら、人はどこかしら欠けているか、欠けているように見えて他の部分が飛び出しているかのどちらかで、正確な円に納まる人はいないというのが、今の私の結論です。

ですから、一応の知識は知識として、支援を必要としている子どもを丁寧に観察し、その子の気持ちや人格を尊重しながら、その時々のベストを尽くすことが私に出来ることかな・・・・・と考えるに至りました。以上報告終わり。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年06月05日 (火) | 編集 |
発達障がいの一つの「アスペルガー」について、ご存知ですか?私は少し知ってはいますけど、理解できてはいません。

このアスペルガーの特徴を知ると、「わたしもかな?」と思うようなことがいくつかあります。例えはこだわりがの強いとか段取りが下手だとか、人とのコミュニケーションが得意でないとか・・・・・。

でも、空気が読めないとか、冗談が分からないということはないと思いますし、遅刻は殆どしないし、締め切りは守るし、急な予定変更でパニックにならないし、お喋りではない?と思いますし・・・。

いわゆる専門家という方々が「こうした方がいい、ああした方がいい」」と言われていることも、鵜呑みにはできません。できませんけど、否定もできません。

これから、もっと詳しい事、正しいことが分かっていくのでしょうけど、よくご存知の方は教えていただけないでしょうか?アスペルガーの子、又はおとなへの対応の仕方を。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年10月20日 (木) | 編集 |
実は私には、恋人?がいるのです。彼は私よりうんと若いんです。40代でしょうか?


彼とは自転車で帰る道で偶然遭うだけですけど、彼は私を見つけると、にっこり笑って手を振ってくれます。私もその笑顔で、にっこり笑顔になれます。疲れが吹っ飛びます。


彼はいつもお母さんと一緒に散歩をしていました。側を通るたびに会釈をして通っていたら、いつの頃からか声をかけるようになりまた、「こんにちは」と。そして、少し足を止め話をするようになったのです。

彼は、生まれてくるときの医療ミスで、長い時間脳に酸素が行かなくて障害が残り、身体が自由に動かなくなったそうです。彼のお母さんは、毎日の散歩のせいか日焼けで真っ黒です。そんなお母さんが、「主人は、プロのジャズマンだった」と話してくれました。


彼は私の言うことをちゃんと理解しているようですが、私には彼の言う事がはっきり分かりません。お母さんの通訳が要ります。最近は、殆ど車椅子でお散歩です。

そんな彼ですけど、彼の笑顔は私の元気の元です。何ヶ月も遭わない時もあるけど、会えばニッコリ笑って、指の曲がった手を差し出してくれます。私は自転車を止め、その手と握手をして、少し言葉を交わして別れます。

ただそれだけですけど、彼はとても大きな存在なのです。

昨日も彼に出会って、元気を貰って帰りました。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年04月15日 (金) | 編集 |
息子が「被災地とか被災者とか繰り返し言っているけど、言われるほうは嫌なんじゃないかな・・・」とつぶやいていました。「不登校だった」と言われるのが嫌だと言っている息子です。当然の感覚かもしれません。

呼び方は、イメージを創り出します。だから「障害者」と呼ばれるのを殆どの人が嫌がります。そしてそのことに気を使って、「害」という字を「がい」とひらがなで表記したりします。


だったら、それを逆手にとったらどうでしょう かの有名なエジソンも、障害があったと聞きますし、学校へ行っていなかったそうです。だから「エジソン症候群」とかいうのはどうでしょうかね。「アインシュタイン症候群」でもいいですよ。ちょっと賢くなったような気分になりませんか?

おかしなものです。事実は何も変わっていないのに、呼び方で受けとり方が変わるのは・・・・・。だけどそれが人間ですよね。機械なら、そういう感覚は持ち合わせていません。こういう状態なら、こういう名前をつけるとインプットすれば、なんの抵抗もなくそう覚え込むだけです。


人間の愚かさや弱さは、そのまま人間の魅力になっているのでしょうね。つくづく厄介な生き物です。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2010年09月28日 (火) | 編集 |
信号機が、いつまでも変らなくて、イライラすることはありませんか?

あるいは、イライラしても仕方がないからとのんびり構えていたら、全く変る様子がなく、ふと気づくと押しボタン式の信号機だった、なんてことありませんか?


私は時々、そういう目に合います。よく通る道に「押しボタン式の信号機」があるのです。しかもわたし学習能力が乏しいのか、「あっ、そうだった」とさんざん待ってから気付くんですよね。
機械というものは応用が利かないのですね。いえいえ、機械から言わせれば「あなたが、機械の取扱い方が分かっていない!」ということでしょうか。


全く!お互い分かり合わなくちゃ。・・・うん?機械は察することはできないから、「お互い」ということは無理で、機械の特徴を知って、勉強して、こちらが機械を使えるようにならなくてはいけないということですよね。どんなに機械が優れた能力を持っていても、正しく使ってこそ活きるといものです。・・・でも、複雑な機械になると、かなり勉強しないと使えないですよね。

自分の無能さを棚に上げ、一人イライラするわたくしでした。  SOS
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2010年09月10日 (金) | 編集 |
昨日、水曜だと勘違いして紙ごみを出そうとしていて、木曜だと気づいたのですが、木曜が可燃ごみの日だということに気づいたのは、夕方のことでした。よって、可燃ゴミがそのままになっています。あーあ・・・


ちょっとここのとこ、こういうことが多くなってきたような気がするので、注意しなければと思うのですが、世の中には、本人の意識を変えようとしても、無理な場合があるようです。



ある先生が教えてくださいました。
ある小学校で、「誰かこの仕事やってくれますか?」と呼びかけると、「はい、わたしがします」とすぐに手を挙げる子がいたので、「感心な子だな」と思ったそうですが、周りの子の反応がそのAちゃんにさせたがらないのだそうです。おかしいなと思っていると、Aちゃんは期限までにやってこないのだそうです。クラスの子はそのことをよく知っていて、他の子がAちゃんの担当分まで仕事をしてくるのです。

一見、積極的で、頑張りやさんに見えるAちゃんには、独特の特徴があり、周りの子は長年の付き合いで、そのことを知っていて、それをカバーしようと動くのだそうです。

厄介なことに、こういう子は、プライドが高く色々とやりたがるのだそうです。段取りができなくて、ちゃんと責任を果たせないのに引き受け、迷惑をかけても、どんなに周りが迷惑しているか認識できない。自分はそんなふうなのに他人のことになると、小さな失敗に気づいて、みんなの前でけなしたりする。場の空気が読めない。たくさんの仕事を抱えてやりこなせないのかと仕事を減らしても、結果は同じことになるとか・・・。ちょっとしたトラブルメーカーです。でも、そんな子を変えることは今の医学ではかなり難しく、周りがカバーするしかないのだそうです。

こういう特徴を持っている人は、優れた能力を持っていることが多いらしいのですが・・。その能力をうまく引き出してあげられたらいいのでしょうけどねぇ・・・どうしたらいいのでしょうか?