FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2017年02月18日 (土) | 編集 |
賃貸住宅に住む人で、り災証明は自分たちには関係ないと思っている方、まだいらっしゃいます。貸している方にも、借りている方、あるいは借りていた方にもそれぞれぞれ支援の道があります。

それから、一部損壊の方にも支援金?が出るようになったのをご存じない方も、まだ゛いらっしゃいます。

申請の期限は3月31日です。まだの方も諦めないで !
スポンサーサイト
2016年09月04日 (日) | 編集 |
8月31日に久しぶりにちょっと大きい地震がありました。私の地域は震度3だったにもかかわらず、思わず立ち上がりましたけど、もといた地域は、そうとう揺れたようです。
みんな口々に「怖かったねぇ」と言っていました。住まいがすでになんらかの被害がありますから、発表される震度より大きく感じている人が多かったように思います。
その後も何度か揺れ、「やっぱり未練たらしい地震だなぁ」と思いました。

こんなに地震が多い国なのに、地震の備えに本気になれない人が多いのはなぜなんでしょうね。我が身に降りかからないと、あくまでも他人事なんでしょうね。それは私も同じことですけど・・・。
でもね、備えて無駄になったら、それが一番いいんですからね。まだの方は、してください。(おせっかいおばさんになってしまいました)。家具を止めるとか、水とか、ご近所とのいい関係づくりとか。

この熊本地震は、歴史に習うと、あと数年後にも大きく揺れると思っていた方がよさそうです。
2016年07月21日 (木) | 編集 |
知人から、封筒に入った手作りのおやつがまた届きました。これがとても美味しいんです。かわいいイラストまで入っていて、感激。
そして、添えられた手紙を読んでみると、「大規模半壊の家に住んでいます。この先めどうするかまだきめていない」みたいなことが書いてあります。
そんな状況の中で、手のかかることをして、どんだけこの人優しいのだろうと、泣きそうになりました。

きっと、複数の人にこのお菓子を届けて励ましていらっしゃるのだろうと思いますが、何もせずにはいられない、そんな切迫した気持ちも感じます。

私は賃貸だったから早々に逃げ出すことを考えたけど、そうもいかない立場の人も大勢いらっしゃるのでしょうね。社交的でない私の知人だけでも、お二人、大規模半壊の家に住み続けていらっしゃいます。
2016年07月15日 (金) | 編集 |
あれから三か月たったのですね。大きな災害や事故で、生き残った人が「どうしてわたしは生き残ったの」と悩まれたりします。
自分がこんなに幸せでいいのかと。・・・・・私もそんな気持ちが少し理解できる立場になりました。

地震はまだありますし、最近の大雨の被害も大きいし、これからの台風も心配されます。でも、私はかなり安全な場所に引っ越しました。多少不便にはなりましたけど、毎日いろんな虫たちと出会うことができます。
以前のところも虫は多かったのですけど、のんびり眺める気にはならなかっただけのことかもしれませんね。

一つの安心を得ると、人は、いえ私は貪欲に、もっと快適にと、欲はつきません。それが「普通」なのでしょうかね。
子どもの事だって、「五体満足でありさえすれば」と祈り、つぎには「立てよ、歩けよ」とはやしたて、そして、どの子よりも「早く、強く、賢く」と、願いは尽きることはありません。

不登校についても同じことかもしれませんね。ぐたっと死にそうにしていれば、「生きているだけでいい」と心から思い、少し元気になると「ちょっとでも外に出ないかな」と気をもむ。それが「普通」なのかもしれません。

でも、命を授かり、命を守られたことを忘れてはいけないのです。私はそう思います。将来に希望を持ちながら、ふいに命を絶たれる、それは特別な人に起こることではないと、私たち被災者は、みんな身を持って実感しているはずですものね。

そろそろ、生存することだけでなく、生活することに意識を移しましょうかね。私は、お蔭様でそういう環境に身を置くことができました。改めて、感謝です。皆さま、ありがとうございます。
2016年06月19日 (日) | 編集 |
昨夜は、震度4が南区で。未練たらたらの地震ですね。このまま静まるのを待つだけってことでしょうか。
重ねて一晩、雷雨でした。


雷に
  怯える猫を
    励ましながら
 地なり不気味で
       朝まで眠れず
2016年06月07日 (火) | 編集 |
六月ですね。本当だったら、九州大会に向け合唱を熱心に練習している頃です。
今年は熊本であるはずでしたが、急きょ宮崎に変更になりました。
そんなこともあり、私の入っている団体は出場を断念しました。
それに合唱祭も冬に延期されました。会場が使えないからですね。

あの地震が深夜だったのは不幸中の幸いだったのです。大きな催しの最中だったらと思うと、ぞっとします。

まだ揺れない日はないのですけど、一階がつぶれたマンションの最上階で生活している人もいるそうです。
多くの人が「私はましなほうね」と思っているのではないでしょうか。

自分一人ではないということが、我慢のより所になるんですね。
2016年06月02日 (木) | 編集 |
今日市役所の方が、被害状況を調査しに来られました。思わず、「早かったですね」と言いました。三日前ですからね、役所にお願いしに行ったの。
留守でも関係ないのでしょうね、連絡なしです。数をこなすために、外からしか見ないで、一応の結果を出すのだそうです。
その通知書が届くのが十日後くらいだということでした。そして、その結果に不満があれば、再調査を依頼するということになるそうです。
やっぱり、やってみないと分かったつもりになっているだけですね。
今後もどこかで大きな地震はあるはずですから、皆さんも備えてください。そして、私の経験が少しでも役に立つならと思います。
あっ、立たない方がいいですね。無用な心配に終わった方がいいのですけど・・・・・