FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2009年04月30日 (木) | 編集 |
 まじめ過ぎると言われる人たちは、とかく多くの仕事を引き受けて、全て完璧にこなそうとして、疲れ過ぎているのも気づかず頑張ってしまうものです。うちの娘もそういうところがあります。まじめなことは悪いことではないので、「まじめ過ぎる」とは言いたくないけど、真面目な方々、貴重な命を失わないように「まじめに休養を」とってください。
 それに今新型インフルエンザが流行りそうですしね。多忙、過労は禁物です。  かずえ
スポンサーサイト
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2009年04月27日 (月) | 編集 |
 国会議員の奥さんが、「届け!!文科省まで」を10冊買ってくださいました。さっそく刷り上ったばかりの本を、紹介してくれた友人を通してお届けしました。ご自身はもちろん、親戚や友人の教師などに配って勉強すると言ってくださったそうです。
2009年04月26日 (日) | 編集 |
 「届け!!文科省まで」は予想以上に評判がよく、初版では足りなくなって増刷しましたわずかに入力ミスもあったので増刷できてよかったです。また新たな気分で、語り合いながら気長に売っていきたいと思います。

 これまでに買っていただいた方々に深く感謝いたします。ありがとうございました。これからも応援してくださいね。
2009年04月25日 (土) | 編集 |
ストレスが溜ると、イライラして、人に優しくできませんよね。今日はそんな日でした。申し訳ない。  かずえ



2009年04月24日 (金) | 編集 |
2009年04月23日 (木) | 編集 |
 以前住んでいた町内に小さな神社がありました。小さい子が簡単に一周できるほどの敷地の中央に朽ち果てそうな社があって、その側に大きな木があり、裏には竹林がありました。
 その神社で子ども達が鬼ごっこをしたり、かくれんぼをしたりして遊んでいました。お年よりも立ち話などしていたものです。子ども会でござを敷いてフリーマーケットをしたこともあります。
 先日その側を通ったので寄ってみたら、見違えるほど立派になっていました。おみくじを売るような建物や手を清めるところもあって、すべてが格調高い雰囲気をかもしだしています。走り回るスペースはなくなっていましした。裏の竹林はマンションになっています。ただ十五、六年前に植えたそのままの位置に水仙の葉がたくさん茂っていました。町内の子ども達と植えた水仙です。毎年咲くようにと深く植えた水仙でした。まだ花をつけているのかな・・。

 今子ども達が群れて遊べる場が少なくなっていますよね。熊本市内の公園はベンチや花壇をつくってきれいにはなったけど、ネットをはずされてボール遊びはできません。何にでも自由に使える空き地が少なくなりました。子どもたちはどこで群れるのでしょうか。ゲームセンターやカラオケやコンビ二かな・・・。子どもには奇声を発しながら走り回ったり、かくれたりできる場所が必要だと思います。   かずえ
2009年04月22日 (水) | 編集 |
 今熊本市内では、マンションがたくさん建って、すごく安くなっているらしい。賃貸アパートや貸し事務所を持っている友人が「部屋が空いたままで困っている」と言っていた。「安く貸すよ」と言われたけど、それでも今の私には手が出ない。
 どなたか「家賃はいらないから子ども達のために自由に使って」と小さな家を提供していただけないでしょうか。できれば私が自転車でいけるところに・・・。まぁむしのいい話ですよね。 かずえ
2009年04月20日 (月) | 編集 |
小さなアリが夢を抱きました
「大きなゾウを動かすぞう」と

「どうせ」と笑わないで
「もしかしたら」と応援してください

「わたし一人だけ」と思わないで
あなた一人でも応援してください

そして「頑張ってね」と言わないで
本当は「一緒に頑張ろう」と言って欲しい
                    かずえ

2009年04月18日 (土) | 編集 |
子ども育てに悩んでいるあなた、
まず、自分を好きになってください。
そして、よくこれまで生きてきたと
自分を褒めてください。
それから、子どもの存在そのものを
認めて、まるごと愛してください。
そしたら自然と優しい温かな言葉が
あなたの口から湧き出てくるはずです。

子どもに対する優しい温かな言葉は、
子どもの心を耕すでしょう。
そこへ自分の言葉で誠実に語りかければ、
その言葉は小さな希望の種となって
子どもの心に根付くでしょう。
そんな種を求められるままに蒔いておけば、
いつか必ずその種が芽を出し、実を結び、
またあらたな希望の種となるはずです。    かずえ



2009年04月17日 (金) | 編集 |
 今日ある高校の学校通信をもらったのですが、その中にちょっと普通ではお目にかかれない言葉がありました。「無理して頑張る努力よりも、遅刻する勇気・早退する勇気・休む勇気の方がうんと大切です」と書いてあるのです。ちょっとびっくりしました。この言葉全ての先生が言ってくださるなら、逆に子どもたちは喜んで学校へ行くかもしれませんよね。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2009年04月15日 (水) | 編集 |
2009年04月14日 (火) | 編集 |
先日、ある寂れた商店街を歩いていたら、子どもたちがきゃっきゃと走り回っていました。何をしているのだろうと見てみると、ダンボールで作った小屋に「おばけやしき」と書いてあります。小学二年の男の子が幼稚園児二人を追いかけて、ふざけあってキャーと叫んで走り回っているのです。つい懐かしいなぁと思って話しかけてしまいました。「おばけが出るの?すごい!! 良くできてるね」子どもの顔が嬉しそうに輝きます。私も嬉しくて、ニッコリ笑って見ていました。キャー、キャーとものすごく興奮して走り回っていました。「きっと今夜眠れないぞ」とおばさんはつぶやきました。
2009年04月12日 (日) | 編集 |
 私が所属している「フレンズネットワーク」で、月に一回の親の会とは別に初の試みとして「父親の会」が開催されました。堅苦しい会ではなく、いわゆる飲み会だったのですが、現在不登校の我が子と向き合っているお父さん四人と、先輩お父さんと、教師で運営委員をしているお父さん2名の、計7名の参加でした。七人の父親たちは、集合時には眉間にしわを寄せていたのに、終わってみたら二次会へ行こうと子どものようにはしゃいでいました。私たち母親三人は別室で静に?宴を楽しんだのですが、二時間たって合流した時は父親達もとてもなごやかで、「この方達がなかなか理解を示さなかった父親たちなのかな?」とちょっと信じられない感じでした。主になって動いた先輩お父さん運営委員もとても嬉しそうでした。
 「父親って本当はこんなふうに子どものことを思っているんだなぁ」と感心して、少し自分の夫も見直さないといけないかなぁと反省させられました。とにかく「父親の会」は大成功のうちになごりをおしみながら終わりました。この日のお父さんたちはとても素敵でした。
2009年04月10日 (金) | 編集 |
 今日は熊本では小学校の入学式があったようです。熊本では、ほとんどの小学校が制服があるんですよ。幼稚園も制服が多くて、25年前熊本に始めて来たときはびっくりしたのを思い出しました。制服を好む子どももいますけど・・・いえ間違いました。「制服」ではなく「標準服」でした。
 今はどうかわかりませんが、小学校で部活があるのもめずらしいと言われていました。まあとにかく、真新しい大きめの服に身をかためた、ピカピカの一年生を「かわいい」という気持ちだけでながめていられないのは、不登校の親を経験したものの嵯峨でしょうか。ちょっと悲しい・・。この子たちが笑顔で学校生活を送れるのを願うばかりです。   かずえ
2009年04月08日 (水) | 編集 |
 先日、ある昔馴染みの方(男性・60代)に久しぶりに会ったら、民生委員をしているとおっしゃるので、「届け!!文科省まで」を見せて「うちの子も不登校だったんですよ」と話しました。そしたら、その方が「僕達の小さい頃は、ご飯何食べたい?などと親に聞かれたことはなかったけど、今頃の親は『何食べる?』と子どもにきくでしょう。だいだい食糧は親が採ってきた物を食べるのが当たり前で、子どもの好みに合わせて用意するようなものではないよ。あなたもそういう育て方したんでしょう」と率直に言われました。私自身、子どものリクエストに合わせることもあったし、そうでないときもあったけど、そんなことはこのさいどうでもいいと思いながら、「そういう育て方をした家庭の子も、そうでない家庭の子も不登校になるんですよ」と苦笑いしながら説明しました。
 その後もしばらく、生き方や自分たちの子どものことや昔話など、1時間ぐらいおしゃべりしたでしょうか。世代の隔たりを感じながらも、「知っている人が書いた本なら読みますよ」とその民生委員の方が言ってくださったので、「届け!!文科省まで」を買っていただきました。そして「他の民生委員にも見せるよ」と言ってくださいました。どんな感想を持たれるか楽しみです。とにかくこの本で不登校に対する先入観が消えるといいけど・・・。   かずえ
2009年04月06日 (月) | 編集 |
つくられた 笑顔見抜けず 安堵する
2009年04月04日 (土) | 編集 |
 先日黒いスーツを着た若者たちがぞぞろ、ぞろぞろ歩いていたので、入社式でもあるのかなと思っていたら、大学の入学式でした。今どきの入学式は黒のスーツと決まっているのでしょうか?!・・・男性も女性も黒に白のワイシャツ。よく見るとネクタイは一色ではありませんでした。せめてもの個性?でしょうか。
 いつからこんな風なのでしょう。こんなことに違和感を感じるのはわたしだけかな?
2009年04月01日 (水) | 編集 |