FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2011年11月30日 (水) | 編集 |
このブログには、
「立花高校について」とか「齋藤眞人先生語録」とか「齋藤先生の講演会感想」という項目があり、そこを選んで読んでいる方が多いようです。何故分かるのかって?・・・それはそこに「拍手」がよくされているからです。多分、立花高校を検索していてこのブログにたどり着かれる方がいるのでしょう。

それでついつい私も読み直すことになるのですが、これがなかなか面白い!!・・・それもそのはず、ほとんどあの齋藤先生の言葉ですから。もちろん、ご本人の承諾を得ていますよ。

だけど超多忙な齋藤先生は、無断でこのブログから引用されていたりするんですよ。大きい声では言えませんけど・・・ね。事後承諾です。


それから「らくがき」と称して、絵を時々載せていますけど、あれはブログのお絵かきソフトで、私が描いているものです。身勝手な絵で申し訳ないのですが、私自身、活字ばかりだと読む気がしないので時々載せているのです。写真などを載せる手もあると思うのですが、未熟な私にはまだそれができません。悪しからず・・・。

でも、少しずつ腕が上がっているでしょ!?


拙い文章を書き続けて、3年経っちゃいました。作文が大嫌いだった私としては、そうとう頑張っていますよね。いえいえ、頑張っていたのは最初のうちだけで、最近は、私の癒しの場になっているようです。

自分と向き合って、考えて、言葉にするというのは、とても心の安定に繋がるようです。知らずしらず、このブログは自分のためになっているというわけです。


日課のように読んでくださっている方も、これっきりの方も、心より感謝いたします。
ありがとうございます
スポンサーサイト



2011年11月28日 (月) | 編集 |
先日お伝えした「 息子の仕事 」 について、息子が創ったチラシから抜き出してご紹介します。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2011年3月18日、クモ膜下出血。
23歳というあまりにも早すぎる死を、突然迎えてしまった幾瀬将太。

彼がのこした、自分自身の未来に向けた言葉や絵や写真。
そこから伝わる、彼の”生”そのもの。

海を照らす太陽のような、
幾瀬将太の優しく強いまなざしと笑顔に祈りをこめて、
イクセショウタ初めての個展を、
彼が表現することを楽しみ親しんだ場所、熊本河原町から開催します。


幾瀬将太個展
イクセショウタの心。命の続き

期間 / 2011年12月3日(土)~2012年1月8日(日) 時間 / 10時~19時
場所 / IROMURA(素色図画工作室)
住所:熊本市河原町2番地(繊維問屋街跡内)
※12月31日、1月1日は13時からの開場となります。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月27日 (日) | 編集 |




そっと触れてみたくなる

風を通さず

そふとで

あたたかい
テーマ:お絵描き教室
ジャンル:学校・教育
2011年11月26日 (土) | 編集 |
最近、タバコの煙の中にいることがめっきり少なくなったからでしょうか、タバコの煙にとても敏感になりました。道でタバコを吸っている人とすれ違うと、すぐに分かりますし、目までちかちかしてきます。

以前は夫もヘビースモーカーで、もくもくと立ち込める煙の中で、何時間も一緒にいたものですけど・・・。


よく、「昔はもっと厳しい環境の中でみんな我慢していた。最近は我慢が足りない」とか言われたりしますけど、良くないものに慣れっこになるより、慣れずに敏感に感じ取れるほうがいいような気がするのですけど・・・。



泥んこ遊びでばい菌を気にしすぎるのは、また別問題かと。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2011年11月25日 (金) | 編集 |
まっすぐで

みずみずしく

むくなこころのもちぬし

めったにいないけど

もしかしたら あなた!?



そんな人とお友達になりたい。
2011年11月24日 (木) | 編集 |
今度の日曜27日は、「女声合唱フェスティバル」というのが熊本県立劇場であります。11時半開演です。私が所属している団体の出番は一番目です。

私は、この日八時半までに行かなければいけません。色々準備があるのです。実はこの仕事と別の仕事が重なっていました。ぼやき参照 苦手なおばさんをなんとか説得して、半日ずつ出ることにしました。

説得したというより、その方が一目置いている物分りのいい方の目の前で、お願いしたのです。物分りの言い方が「いいわよ」と言ってくださり、丸くおさまりました。


まったく、こういうことさえなければ楽な、というか、楽しい仕事なのですけど・・・
2011年11月23日 (水) | 編集 |
休みなく働いていらっしゃる方々、ご苦労様です。私は、見方によっては毎日休みですので、申し訳ないような気もしています。

だけど、仕事があるっていうのは実に有難いことなのですよね。・・・日本人だからそうおもうのかしら・・・

のんびりすることに罪悪感をいだいてしまって、誰かにちょっとでもお世話されると「申し訳ありません」と言ってしまう。高齢の方が「お世話されるとかえって気を使ってしまうから、家で一人でいるほうがいい」とおっしやいます。
私もそういう年寄りになりそうな気がしていましたが、最近、もっと甘えたらいいのにと思うようになってきました。

人に「存在そのものが尊い」と言うのなら、自分の存在も認めないとね。うそつきみたいですものね。

足腰弱って働けなくなっても、
怪我や病気で働けなくなっても、
意識はあるのに全く動けなくても、
生きている人には「ぬくもり」があります。
ただそれだけで、人はほっとできると思いませんか?

生きている人は、みな温かいのです。生きていればこそです。・・・・・

2011年11月23日 (水) | 編集 |
昨日、乳幼児の育て方に関する講話を聴く機会があったのですが、その内容の主旨は全てに通じることでした。

子ども(赤ちゃん)が困ったことをしたときは、「やめなさい」と叱るのではなく、なぜそんなことをするのか、まず「その子の気持ちを受け止め、認める事が大事」ということです。

ね、そうですよね。
これって普遍的なのに、大人が忘れがちなこと。そしてシンプルなのに、なぜか難しいことなのです。



ところで、話される内容は一々うなづけるものだったのですが・・・。一時間程のお話の最後、質問コーナーで、赤ちゃんを抱っこしたお母さんが「三人こどもがいるんですけど、上の子はもう五歳です、手遅れでしょうか?」と質問されました。

そしたら、それに応えて講話の方は「幼児期まで人との接触を経って食事だけを与えられて育ち、その後保護され育ち直った事例」を紹介されたのです。

・・そこまで飛ぶ必要はなかったと思いましたけど ・・・

私は少し気になったので、終わってから質問されたお母さんに「何も心配することないですよ、大丈夫!」と言っておきました。
2011年11月21日 (月) | 編集 |
 昨日のフリーマーケットに来てさった方々、ありがとうございました。あそこ意外と分かりにくいですね。一度自転車で行ったことがあったので、気楽に考えていましたが・・・・・。よくあんなところまできてくださいましたねぇ。


 主になって動いたお母さんが、それはもうとてもとても丁寧な取り組みをされたので、素敵なお店になりました。そして、1月22日の「ゆげ&ひる」のライブのチラシを張り出しておいたら、見ず知らずの方が興味を示されチラシを受け取って行かれました。 やったね!

 夜は、ある人の20回目の記念日だったので、フリースペースでパーティーでした。でも、ある少年と連絡が取れなかったらしく、ちょっと残念でした。参加するものと思い込んでいたので・・・

たまに、彼とは連絡がとれなくなるようです。
2011年11月19日 (土) | 編集 |
どうやら明日20日は雨は降りそうにありませんね。
 ということは フリーマーケットは開催されるということですね。・・だからつまり朝早く起きなくてはいけないということになります!!


手放してもいいものを出そうとしているのに、値札を着けるのに考え込んでしまうのはどうしてですかね。・・・・

値段は、そのものの価値私の思い私の好みなどでつけています。ですから、物によっては「どうしてこんな値段!?」という物があります。


な の で、「不登校 VOICE を見てきました」と言ってくだい!私の品に限ってお安くします ョ 
それでは、フードパル熊本で10時頃からお待ちしていま~す。

2011年11月17日 (木) | 編集 |
大変です。今夜、比留間光悦(ひるまこうえつ)さんから電話がかかってきました。
1月22日のライブの出演者です。(詳しくは素敵な二人の歌手 (11/09)の記事をみてね)

まだ会ったこともない人から電話をいただくと、とても緊張するたちなのですけど、すぐに緊張は解けました。彼はどうもそういう方のようです。つまり他人とすぐに打ち解けてしまうといいましょうか、相手の緊張をとってしまう人といいましょうか・・・・・

「こんな有名じゃない歌手を呼んでいただいて」と恐縮されていましたけど、私が呼んでいるわけではないので、ちょっと戸惑ってしまいました。

私は、あるお母さんの気持ちというか、心に感動して、・・・・・いえそうじゃなくて、彼女の「いのちの輝き」を見てしまったので、それで突き動かされて協力しているだけですから。そうなんですよ。


しかも、今はそればかりではないのです。彼女の息子さんがチラシをデザインしてくれたのですけど、それがまたスッキリと爽やかな感じに出来上がったんですよ。彼はチラシを作るなんて初めてで、「技」はないのですけど、その分、彼の心が素直にそこに写し出されているものになりました。不思議ですねぇ。


とにかく、ますますライブが楽しみになりました 
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月17日 (木) | 編集 |
昨日、ある私立高校の校門を入った所に畳より大きい看板が立てかけてあり
〔校門に一礼〕とでかでかと書いてあるを見ました。見間違いですかね。

??・・・私よく分からないのですけど「校門に向かってお辞儀をしなさい」という意味ですか?

「学校に対する敬意を示せ」ということですか?・・この学校で声高々に生徒に言っていることであるのは間違いないですよね。ちょっと前の朝ドラで、似たような光景を見ました。確か戦時中のこと、あれは校門ではなかったけど・・・・・。



私が好きな学校は、そもそも校門があるのかないのかよく覚えていませんが、あの学校なら
〔来てくれてありがとう〕とか、〔休むのも勇気〕とか書くのでしょうか・・・・・

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月16日 (水) | 編集 |
「生きているだけで、丸儲け」と知ってはいても「這えば立て、立てば歩めの親心」というように、親が子どもに「もっと」と要求する、それは自然の姿なのでしょうね。


ただ、きちんとハイハイが出来ないのに立たせようとしたり、しっかり立てないのに歩かせようとしたりしては、子どもに無理をさせてしまうので、欲を出すのもほどほどにしておいた方がいいのでしょう。

ようはバランス感覚ですよ。


・・・・でも、アンバランスになってこそ動き出すってこともあるしねぇ。とどのつまり、そのうちなんとかなるってことですかね。


そういいながら、今私は幸せすぎて、足元をすくわれそうで少し恐いのですが・・・

とりあえず目の前の目標フリーマーケットに向けて準備をしましょうかね。あまり時間がないのに、ついつい余計な物作っちゃいました。ここんとこ、ブログに時間かけられません。あしからず。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月15日 (火) | 編集 |
はるかとおくの

ひさんなくにで

ふるえるこらも


へいわにくらし

ほほえむひびを!



美しい平和な地球になりますように !!
2011年11月14日 (月) | 編集 |
昨日河原町の息子のアトリエで、一時間半ほど留守番をしていました。

そこには、ある青年の幼稚園からの作品やメモ張、スケッチブック、手帳などが置いてありました。自由に見ていいということでした。けど・・・・・


ここに何か説明しようと、さっきから書いては消し、書いては消しでいっこうに先に進めません。こういう想いを冊子にまとめるのは、大変な仕事だなぁとしみじみ思いました。

つまり、23才でくも膜下出血で亡くなってしまった青年の生きた証を形にして、さらに生き続けさせたいという想いなのかと感じたのですけど・・・。


小さな作品を見ても、彼がどれほど大事に丁寧に育てられたかが分かってしまうのです。彼に注がれた愛情を感じとると、あったかい気持ちと同時に悲しみも襲ってきます。何とも表現しがたい初めて味わう気持ちでした。


また消して書き直したくなったので、今日はこの辺で止めておきます。色々な想いが交錯してまとまりません。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月12日 (土) | 編集 |
明日第二日曜は、河原町の「アートの日」です。

私の息子も、明日は展示をします。彼が今一生懸命、精魂込めている仕事です。

仲間の遺作展みたいな感じになっていると思うのですが、私も明日見てみないと説明ができません。


場所は、息子のアトリエ 市電河原町下車徒歩一分

下車したら、熊本駅方向に歩き、商工会議所手前の河原町商店街に入ったら、最初の細い通路(屋根付)を左に曲がり、突き当たりです。

共同トイレがあり、錆びたブルーの手摺りがついた階段があります。その階段を上がってください。そこが息子のアトリエです。


12月には、その遺作を集めた冊子を発行する予定です。・・・詳しい事は後日お知らせします。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月11日 (金) | 編集 |
snap_todokekoe_2011115193456.jpg



やっぱり海はいいなぁ!

今日こんな景色をみました。
テーマ:お絵描き教室
ジャンル:学校・教育
2011年11月11日 (金) | 編集 |
少し寒くなってきましたね。11月ですから、これが当たり前ですね。・・・でも、風邪なんか引いていらっしゃいませんか、みなさん? 風邪は万病の元何て言いますから、気をつけましょう。

ぞくっとしたら、背中の首の付け根あたりを暖めてやると、効果覿面です。こじらした風邪はそれでは治りません。


昨日は、赤ちゃん達に癒される日でした。他人の赤ちゃんは、無条件に可愛いです。でも、抱くのは恐いです。お母さん、お父さん、ご苦労様です。私もかつてああだったのかと、なつかしく思い出しました。


それから蛇足ですが、
腰痛は、足の指を鍛えることで治るとか!?・・・・・あまり関係ありませんでしたね。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月10日 (木) | 編集 |
アメリカで6年暮らしている日本人留学生が言いました。

「日本人は、すごいね。アメリカの新聞に、震災の後の日本の復興振りを驚きと敬意を持って書いてあったよ。日本人はもっと誇りを持っていいのよ。日本にいるとなかなか分からないでしょうけど・・・。日本人は〝出来て当たり前〟と思っているよね。少し出来ないと、叩かれるよね、マスコミや世間に」と。

そして「アメリカへのコンプレックスが強すぎる」とも言っていました。

日本人気質でしょうかねぇ・・・。


びっくりするような話を色々聞きましたが、書くのやめておきます。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月09日 (水) | 編集 |
来年の話で恐縮ですが

1月22日の午後に計画しているコンサートのことです。素敵な二人の歌手をご紹介しましょう。

弓削田健介(ゆげたけんすけ)&比留間光悦(ひるまこうえつ)  今や飛ぶ鳥を落す勢いのプロの歌手です。(実は私は初耳)

  

CDを聴かせてもらったのですが・・・ス・テ・キ!!  写真を見ても素敵! さらにお話を聴いてもなお素敵! だから 生で聴けるのを今から楽しみにしています。

急なことでなかなか空きがなかったけど、やっと会場もYMCAの自立の店「ひまわり」フリースペースに決まりました このコンサートの主旨をご理解いただき、決まっていた予定を他へ回してくださったそうです。

これも素敵な出会いでしょ!?

ほーら 私弾みだしたでしょ!? 飛び跳ねています。なにしろ私の心は「嬉しい!!」でもう破裂していますから
記事「嬉しい!」の飽和状態!!  ②  フリーマーケット参照

今チラシ製作中
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2011年11月08日 (火) | 編集 |
たまらず あなたは

ちゅうちょもせず

つよくもないのに

てきにまっこうから

とっしんしていった



こんな〝あなた〟がいたら、私喜んで すけっと いたします。
2011年11月07日 (月) | 編集 |
 子どもが憎たらしいことを親にいうようになったら、喜ぶべきかもしれませんね。世間で言う反抗期は、大なり小なり、子どもの成長の証です。ですから、子どもに「☆☆ババー」と呼ばれたら、ほっとしていいかもしれません。

 子どもが悪態をつくのは「大好きな人」「心を許した人」に対してのことが多くありませんか?
 私は中学1年の担任の先生が大好きでした。当時しっかりそう認識していた訳ではありませんけど、今振り返れば明らかに信頼し、慕っていました。でも、ちょっと嫌がらせをした覚えがあります。悪戯をして、困らせて喜んでいたように記憶しています。

 クラスの集合写真を見ると、斜に構えて目つきの悪い少女が2人写っています。問題ばかり起こしていた子と、とても真面目だった私です。


 当時の先生には気の毒な話ですけど、私はあの頃、あの先生に出会って甘えていたのだと思います。そして、かなり精神的に救われたと思うのです。あの時期に悪態もつけないような先生だったら、私は「危険ないい子」になっていたかもしれません。・・・「かも」ですよ。(実証は無理です)

 子どものうちに、親が心配になる行動をとるのは、「子育ての何らかの修正を、子どもの方からしてくれている」と喜ぶべきかもしれません。そして、その標的になった大人は、ちょっと自慢に思ってもいいのかもしれません。信頼され、慕われている証として。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月05日 (土) | 編集 |
今日は、一時間余り電車に揺られて、ある所に行ってきたのですが・・・


実はこれも「嬉しい!」の一つ。だいぶ前から楽しみにしていたことの一つです。
昨夜は、遠足の前の日のように持って行く物を揃えるのに時間がかかって、寝るのがついつい遅くなって、少し寝不足気味でした。それで帰りの電車の中でつい、うとうとしていたら、

「大丈夫かな?」という隣の席の人の声でハッと目が覚め、赤ちゃんを乗せた乳母車を電車から降ろすのに苦労している若いお母さんの姿が目に入りました。

私は慌てて駈け寄ったのですが、それと同時にお母さんは電車を無事降りました。私は思わず「大丈夫ですか?」と後ろから声だけかけていました。その若いお母さんは振り返って「はい」とニッコリ笑ってくれましたけど、ちょっとばつが悪かったです。


それから終点熊本まで、またうつらうつらとしていました。電車が止まって「あっ熊本だ」と思って私は立ち上がったのですが、隅の席に、着いたのに気づかず、カバンを抱えてぐっすり眠ったままの女子高生がいました。

近くの男性が、セーラー服の彼女の肩を二度軽く叩いて起こし、やっとその子は目を覚まし降りて行きました。

よっぽど疲れていたのでしょうか? もしかしたら私のように嬉しいことで興奮して眠れなかったとか?・・・・


それとも心配事で一睡も出来なかったとか?・・・・・今夜はぐっすり眠れるといいですね。明日は日曜日です。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月04日 (金) | 編集 |
大変です。「嬉しい!」で胸が膨らんでいると思っていたら、本当は脂肪だったかもしれません。この一週間で体重が2kgも増えています。可笑しいなぁ・・・ジーパンやスカートは、変わりなくはけるのですけど。

よくわかりませんが、こういうのを「しあわせぶとり」というのでしょうか?


さてさて、今日は近所の年輩の方々十人と万日山へ登ってきました。ピクニックというところですかね。少し暑かったですけど、おにぎりやお漬物や玉子焼き、とても美味しかったです。何しろ腕自慢の方が作ってくださったものでしたし、眺めも良かったし、格別でした。

ある男性は「花見以外で、外でこんなふうに食べるのは初めて。楽しかですなぁ」と、感激されていました。そして、もう一人の男性は、とても繊細な方で、「四葉のクローバーを探しましょう」と呼びかけて、一生懸命探されていました。若い頃に流行ったのですかね。女性も乙女のようでした。

私は、くっついて行っただけでしたので、楽し過ぎです。

だから太ったのかもしれません。
2011年11月02日 (水) | 編集 |
この世には、人の数だけドラマがあるのでしょうね。

ドラマチックな人生などと表現することがありますが、ドラマチックな人生=それぞれの人生 ということではないでしょうか。

そして、この人生、複雑に絡み合って、繋がっていること多いですよね。・・・なんだかわくわくしてきました。

「嬉しい!!」で飽和状態だった私の心も、そろそろ限界、破裂します。


人生というドラマがあるとすれば、作者は自分自身です。「人生(苦難)は、自分の手で変えられる(乗り越えられる)ものなのだ」と、最近ある人が教えてくれました。

私はこの人に出会えて、この人のこれまでの人生を聴かせてもらえたことを誇りに思います。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年11月02日 (水) | 編集 |
なきました!

にくみました!

ぬすみました!

ねたみました!


のりこえました!!