FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2011年12月31日 (土) | 編集 |
年末の大掃除、それは一つの区切りでしょう。色々な汚れを洗い流し、次の年(日)から気持ちよく歩き出したいという願いなのです。

ということで、私ここ大晦日に、毒を吐かせていただきます。

某通信制高校Aの先生方へ
不登校だったからって、「どうせ勉強なんかしないだろう」なんて思っているんじゃないの。授業中に先生が寝てるなんて、いったいどういうつもりですか!?

某通信制高校Bの先生方へ
不登校の子だと分かって受け入れておいて、しかも「今までの遅れは丁寧に指導します」とかなんとか言っておいて、「分からないところは塾に行くなどして勉強して来てください。うちではそんなに手はかけられません」なんて、よくも言えたものです。

某塾の先生へ
「何度言えば分かるの!!」と子どもを怒るのは、お門違い。あなたの教え方ではその子が理解できないのであって、反省すべきはあなたの技量不足です。子どもは少しでも分かるようになりたくて、お金を払ってあなたを頼って来たのです。


過ぎてしまったことを、ここでぶつぶつ言っていても、心は少しもすっきりしませんね。

私の家の大掃除みたいです。中途半端。というか十年間の垢が溜まりにたまっていて、年内には片付かないと諦めました。

毒も溜まりにたまって、吐きつくせないと諦めました。

そして、優しさ溢れる学び舎への想いはつのるばかりです。   




スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2011年12月30日 (金) | 編集 |
熊本市教育委員会が、下記の催しの名義後援を承認してくれました。Eさんのお手柄です。教育委員会にも複数の課があるのですが、今回「生涯学習課」に申請。私は参加費の関係で駄目ではないかと申請自体考えなかったのですが、Eさんの「ゆげ&ひる」への惚れ込みようが、教育委員会を動かしたと言えます。すごい
それであらためて宣伝です。


ゆげ&ひる の トーク&ライブ♪
☆いのちが輝くとき☆

「学校に行かなかったら、社会に出て行けない」と思っていらっしゃる方が圧倒的に多いと思うのですが、本当にそうなのでしょうか?
ライブをしていただく「ゆげ&ひる」のお二人は、対照的な青年です。一人は普通に学校に通って大学を卒業、もう一人は「学校」という所にほとんど通ったことがありません。そんな二人が出会って、プロの音楽家として活躍しています。
学校に行こうが行くまいが「いのちは輝く」と教えてくれているようです。
このライブの発案者は、不登校やその他色々な苦難を乗り越えた家族のお母さんです。彼女は医者に見離された癌も蹴散らしてしまいました。彼女の「いのちの輝き」「感謝の気持ち」も一緒に、皆さんにお届けしたいと思います。
                           

●2012年1月22日(日)  12時30分開場  1時~3時 
●YMCA別館 フリースペース 自立の店「ひまわり」
  熊本市新町1-3-8
  
●市電・蔚山町(うるさんまち)下車徒歩1分 ●バス・第一環状線に乗車 →蔚山町バス停下車 →徒歩1分 ●バス・荒尾橋行きに乗車 段山(だにやま)バス停下車→徒歩1分
※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください


参加費  前売り おとな 1,500円 こども(18才以下) 1,000円
      当日  おとな 1,800円 こども(18才以下) 1,200円  
定 員  50名

プロフィール ------●------●------
■弓削田健介 (ゆげた けんすけ)  昭和57年生まれ  福岡県出身
全国の合唱団やミュージカル団体に合唱曲を提供
趣味 読書・スポーツ(バレー・野球・マラソン)  特技 空手初段 
■比留間光悦 (ひるま こうえつ)  昭和57年生まれ 福岡・佐賀を拠点に、
全国各地で、ギター/ピアノ弾き語り、ダンスと、エンターテイナーとして
「命」や「夢」をテーマに、幼稚園から老人ホームまでさまざまな場所で活動


主催:フリースペース黒猫 & 親ねこの会
後援:登校拒否・不登校に学ぶ フレンズネットワーク くまもと 熊本市教育委員会
   ・熊本県教育委員会 申請中
※お問合せ・前売り申込み先⇒〔不登校VOICE〕
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2011年12月28日 (水) | 編集 |
今朝、息子がなかなか起きてきませんでした。時計を見ると、今起きないと展示会場の開場時間(
  • 息子の仕事  ③  幾瀬将太個展
  • 参照)にまにあいません。「遅刻決定」という時刻です。「大丈夫?」と声をかけようかと思いましたけど、誰かに鍵を渡して留守番を頼んで、ゆっくり寝ていようと思っているのなら「せっかく寝てたのに」とかなんとか言われるかもしれません。

    ここ数日、疲れ気味なのも分かっているし、もし誰にも頼んでいなくて起きてこないのなら、「しまった」と心から思ってもらった方がいいし、「起こして」と頼まれてもいないので、放っておくことにしました。

    そしたら、開場時刻を30分以上過ぎてのそっと起きてきて、私の顔を見て「大遅刻!」といい、そして5分もせずに慌てて出て行きました。


    あらら・・・・。どなたかにご迷惑をかけたかもしれませんが、命に関わる事態にはならないので、これでよかったかなと思いました。

     「いつまでも母を当てにしてくれるな」・・?・・いえ、今までも当てにはされていなかったよね。


    数年前なら、心配で起こさずにはいられなかったかもしれませんが、失敗させてやるのも親心ですよね。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月28日 (水) | 編集 |
    snap_todokekoe_201112213555.jpg

    snap_todokekoe_2011122211826.jpg
    [続きを読む...]
    2011年12月27日 (火) | 編集 |
    今日は、冷え込みました。

    朝、炊き立てのご飯でおにぎりをにぎったのですけど、熱くないんです。
    普通炊き立てのご飯って、熱くて触れないじゃないですか。それなのに熱くない。

    さて、どうしてでしょう。①台所が寒すぎた。②私の手が冷たすぎた。③私の血の巡りが悪い。・・・


    正解は、我が家の台所が寒すぎて、血の巡りが悪い私の手がかじかんでいたからと思われます。

    ですから二個目は、少し温かくて気持ちよかったです。そして三個目、ちょっと熱いと感じました。ご飯で手が温まったのでしょうね。


    血の巡りが悪いということは、頭の巡りも悪いという事かな・・・??
    2011年12月27日 (火) | 編集 |
    もういくつねるとお正月
    お正月には 凧あげて
    こまをまわして 遊びましょう
    はやくこいこいお正月

    もういくつねるとお正月
    お正月には まりついて
    おいばねついて 遊びましょう
    はやくこいこいお正月
    [続きを読む...]
    2011年12月26日 (月) | 編集 |
    私も知らずしらず人を傷つけているのでしょうけど、・・・ある程度はしょうがないかなぁと思っています。他人に気持ちを正しく伝えるのは結構難しいし、相手のコンディションでも変わってきますしね。

    でも、心当たりのある方には、この場で謝っておきます。  「ごめんなさい」


    逆に私自身、さりげない言葉で傷ついていることもあるんですよ。それが褒めようと思って言っていらっしゃるのにです。
    自分に自信がないのか、褒め言葉が「嫌味」に聞こえることがあります。そして、とてもムカついたりします。私、けっこう身勝手ですね。

    誰かをとても好きになると、いつも一緒にいたいと思うし、いつも追い掛け回していると、ストーカーみたいだし・・・。(私の経験ではありません)

    相手に期待していれば、その期待に応えてくれない時は腹も立ちます。つまり腹が立つというのは、相手に期待しているということにもなりますよね。相手に対して希望を持っているといいますか・・・・

    人間社会は厄介ですね。

    2011年12月22日 (木) | 編集 |
    今日フリースペースで、通信制の学校のパンフレットなどを整理しているところへ、中学まで不登校で、その後学校を二校やめているある少年が入ってきました。ちょうどいい機会だと思って、思い切って聞いてみました。

    「(学校、)どうしたいとかあるの?」と。そしたら「とにかく通ればいいんですよ」と言うのです。??

    「それって、入学試験?それとも卒業試験?」と聞くと、高校を卒業できればいいというような答えが返ってきました。それで私が「高校卒業認定試験というのもあるのよ」と言うと、「何ですか?」と少しきょとんとしています。


    少し説明しながら、「友達と部活したり、高校生活を楽しんだりとかは?」と聞くと、彼は少しイライラした感じで「友達なんか、くそですよ」と言いました。そしたら、側にいたもう一人が「俺はくそか!?」と言って笑っていました。

    そして「友達なんか・・・」と言った彼は、こんなことも言っていました。「ぼくに教えられる大人がいないんです。ぼくに(分かるように)教えてくれる先生がいるなら、どこでもいいんです」と。(彼は数学と英語に強烈な苦手意識を持っています)


    彼は、早くなんとか自立しなければならないと思っているようです。ですから、高校くらい出ておかなければいけないと思い、焦っているようにも見えます。

    彼は「勉強はしなければいけない」と強く思っているようですが、「勉強をしたい」とは今はまだ思っていないようにも感じました。そして、人に対する不信感、特に大人に対する不信感は強いように思います。今まで塾の先生や学校の先生に言われた言葉を私に伝えながら、とても悔しそうでした。


    彼が「友達はくそ」と言い放った様子から、嫌な思いをしたことがあるんだろうなとは容易に想像できます。そして同時に、友だちづくりを無視できない彼の想いがあるように感じました。

    「学校で失った信頼は、学校で取り戻させてやりたい」と、誰かがそんなことを言われていたと思うのですが、私もできる事ならそうなって欲しいと思います。

    彼が高校卒業の資格を取ったとしても、その時他人を信頼したり、相談したり出来るようになっていなければ、仕事に就くのは難しいかもしれない。・・・・・・取り越し苦労かもしれませんけど。

    テーマ:不登校
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月21日 (水) | 編集 |
    先日、義母の七回忌で帰省しました。お寺のお坊さんがお経の後に、いつものように少しお話をなさいました。

    「人間は前にも後ろにも大きな荷物をしょっています。イラク戦争(?)で三万人くらいの人が亡くなっている。日本では毎年、三万人以上の人が自殺しているし、また、同じ位の人が孤独死している。生きるということは、苦労をしょって歩いているようなものだと思います」

    というような内容のことをおり込んで話されました。いつもは退屈だなぁと思ったりしていたのですが、今回素直に聴いてしまいました。


    以前ここに書いたかもしれませんが、26才でストレス性健忘症で記憶をなくし、人間関係を断ち切ってしまった青年は、もう40才近くになっていました。久しぶりに会うと、お母さんそっくりになっていて驚きました。どう疑っても、あの女性の子だと分かります。彼は、とても優しい思いやりを感じさせてくれる青年、いや男性です。

    優しい人は、少し生き辛い世の中なのかもしれませんね。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月20日 (火) | 編集 |
    今夜7時過ぎ、帰宅途中にスーパーに立ち寄ろうと自転車をこいでいました。すると前方をランドセルをしょった小学6年位の男の子が歩いているのが見えました。彼はモスグリーンのフリースの上着のフードをかぶり、両手をそのポケットに突っ込んで、ちょっとうつむき加減で、靴で道をするように歩いていました。

    後ろから見てると、ピンクの靴紐が少しずつ長くなっていくようでした。私はスーパーの前で追いついたので「靴のひも、ほどけてるよ」と自転車を止めながら、その子に声をかけました。そしたら彼は、自分のサーモンピンクのスニーカーに目をうつし、しっかりしゃがんで、丁寧に両足の紐を結び直していました。ちょっと意外でした。

    ひもを結び直した後は、また同じ格好でポケットに手を突っ込んで歩いて行きました。ただ、ほんの僅か早足になって。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月19日 (月) | 編集 |
     今夜、私にしては珍しく、タクシーを利用しました。そしたら、運転手さんが「政令指令都市になって市長は喜んでいるけど、私たちはとっても困るんですよ。これからは、勤務時間やスピードまで(行政に)管理されて、厳しく制限されるようになるんです。そうなると、早出の場合、夜の稼ぎ時に仕事ができなくなって、食べていけないようになるんです」というようなことをおっしゃっていました。


    こんなことを書くと、誰かに睨まれるのでしょうか?

    私が楽しみにしていたある少年のブログが、1ヵ月ほど前から見られなくなっていました。よくわかりませんが、突然削除された?そうです。・・・・・・あるアイドルに関する情報と、自衛隊の武器などについて(ユニークな組み合わせですが)の記述の合間に、自分の高校生活などを少し書いたりしていたのですが・・・・

    自衛隊に関する記述が詳し過ぎたとかいうことかしら・・・?


    私のこのブログも危ない? ですか?   くわばらくわばら


    理由は何であれ、ブログで友達も出来ていたし、少年はショックだったのではないかと心配しています。
    2011年12月16日 (金) | 編集 |
    昨夜、私と同じ歳の女性のお通夜に行って来ました。
    あまりに突然の訃報だったのでびっくりしましたが、ご家族にとっては覚悟のお別れだったようです。

    彼女と知り合ったのは十五年くらい前でしょうか、不登校の親としてというよりフリースクールを運営している方として知り合いました。とても賢くて美しい方でした。決めた事はどんなことがあっても曲げないような強い信念を持った方だったのかなと思います。

    ここ2年ほどお会いする事はなかったけど、ずっと病気と闘っていらっしゃったんですね。顔に出来る癌だったので、お見舞いも断られていたのでしょうか・・・。

    恐る恐る最期のお顔を拝見したら、それはもうとても美しかったです。安らかなお顔でした。

    「あなたのお子さんたちは、しっかりした眼差しで弔問客と目を交わしていましたよ。あなたに似て、とても美しく、凛としています。どうかゆっくりおやすみください」
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月14日 (水) | 編集 |
    惜し気もなく我が子に注がれていた愛が
    突然行き場を失ったとき
    その溢れるエネルギーは
    その後どこへどう流れていくのだろうか・・・

    せき止めることなど到底できない
    あの熱く強く湧き出る愛は
    その後どこへ向かって流れていくのだろうか・・・

    乾いた大地に注がれるのか
    それとも別の何かに注がれるのか
    わたしは少し不安になってしまった

    でも いずれ
    愛を受け取っていたあの優しい子が
    心地よい流れへと導いてくれるのだろう
    きっとそうなると信じています

    2011年12月13日 (火) | 編集 |
    らくなしせいで

    りらっくすして

    るーるにしばられず

    れーるからはずれても

    ろまんをうしなわない
    2011年12月12日 (月) | 編集 |
    ゆげ&ひる の トーク&ライブ♪
    ☆いのちが輝くとき☆

    ●「学校に行かなかったら、社会に出て行けない」と思っていらっしゃる方が圧倒的に多いと思うのですが、本当にそうなのでしょうか?
    ライブをしていただく「ゆげ&ひる」のお二人は、対照的な青年です。
    一人は普通に学校に通って大学を卒業、もう一人は「学校」という所にほとんど通ったことがありません。そんな二人が出会って、プロの音楽家として活躍しています。
    学校に行こうが行くまいが「いのちは輝く(夢は描ける)」と教えてくれているようです。
    このライブの発案者は、不登校やその他色々な苦難を乗り越えた家族のお母さんです。彼女は医者に見離された癌も蹴散らしてしまいました。彼女の「いのちの輝き」「感謝の気持ち」も一緒に、皆さんにお届けしたいと思います。
                               

    ●2012年1月22日(日)  12時30分開場  1時~3時 
    ●YMCA別館 フリースペース 自立の店「ひまわり」  熊本市新町1-3-8
      
    市電・蔚山町(うるさんまち)下車徒歩1分
    バス・第一環状線に乗車 →蔚山町バス停下車 →徒歩1分
    バス・荒尾橋行きに乗車 段山(だにやま)バス停下車→徒歩1分

    駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください

    参加費  前売り おとな 1500円 こども(18才以下) 1000円
          当日  おとな 1800円 こども(18才以下) 1200円  
    定 員  50名

    プロフィール
    ■弓削田健介 (ゆげた けんすけ)
    昭和57年生まれ  福岡県出身
    全国の合唱団やミュージカル団体に合唱曲を提供
    趣味 読書・スポーツ(バレー・野球・マラソン)  特技 空手初段 
    ■比留間光悦 (ひるま こうえつ)
    昭和57年生まれ
    福岡・佐賀を拠点に、全国各地で、ギター/ピアノ弾き語り、ダンスと、エンターテイナーとして「命」や「夢」をテーマに、幼稚園から老人ホームまでさまざまな場所で活動

    主催:フリースペース黒猫 & 親ねこの会
    後援:登校拒否・不登校に学ぶ フレンズネットワーク くまもと
    ※お問合せ・前売り申込み先⇒〔不登校VOICE〕
    テーマ:不登校
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月09日 (金) | 編集 |


    テーマ:お絵描き教室
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月08日 (木) | 編集 |
    このブログで紹介している本「届け!!文科省まで」は、息子のデザインです。息子が初めてデザインした本です。そして、いま河原町で開催している

    幾瀬将太個展
    イクセショウタの心。命の続き
      を

    息子は本の形に製作・デザインし出版しています。

    あとがきにかえて」 と題して息子が書いている文章から一部を紹介します。

    「死は人生の終わりではない。将太君の"生"の続きは、彼と出会った一人ひとりの人生につながっている」そんなことを祈るように思い、お母様の心くばりによって出会うことができた、将太君の言葉や絵や写真にふれてこの本が生まれました。


    今週土日、NHKの取材があるそうです。息子の祈りが多くの方に伝わって、ずっと人生が繋がっていけばいいなぁと、私は願っています。



    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月07日 (水) | 編集 |
    日本の子どもたちの平均睡眠時間は6時間で、
    スエーデンのそれは11時間だそうです。

    、ある会合で、どうしたらいいかという話になった時、「テレビを見る時間を短くするように工夫しよう」・・みたいな結論に達したそうです。??


    私はその報告を聞いていて、宿題を減らしたり、塾に行くのをやめたりしたらいいんじゃないかと思いました。(受験体制とか変えないと無理かもしれませんが)

    子どもたちが、学校から帰ってすぐに宿題(勉強)をせずテレビを観たり、ゲームをしたりするのは、脳を休めたいからではないかと思うのですけど・・・・・。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月06日 (火) | 編集 |
    皆さんは、「スティックのり」がどんなかご存知ですか??

    私は、今朝それを知りました。・・・勘のいい人はもうお分かりかと思いますが、スティックのりをリップクリームと間違えて唇に塗ってしまったのです

    そもそもリップクリームを塗ろうなんて思っていた訳ではなかったのに・・・息子と夫とのやり取りに気を取られてしまっのでしょうね。大した内容ではなかったのですよ。ただ珍しいというか可笑しい光景だったというだけで・・・。

    スティックのりを味わいながら、小学生の頃食べた「紙せっけん」の味を思い出していました。この場合は、間違えたのではありません。食べてみようと思って食べたのです。あの頃は、ガラスをかじってみたり、変な子だったかもしれません。


    子どもが非常識なことをしても、そんなに気にする事はないということかな・・・私くらいにはなる?・・・それではとても心配です か ね。



    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月05日 (月) | 編集 |
    暗くなって自転車をこいでいて、今日一日、心が重いなぁと感じていたその訳に気づきました。

    昨夜見たテレビ番組の記憶のせいです。それは戦争の話でした。70年経って、ようやく語られた話です。

    あまりにも悲惨な話でした。・・・戦争の悲劇は、殺されるとか、殺すとかよりも、もっと残酷なことがあるのですね。

    重い口が開くまでに70年の時間が必要だったのがわかるような気がしました。私ならどうしているのでしょうか・・・。


    戦争はつくづく嫌です。

    2011年12月05日 (月) | 編集 |
    今日はとてもいいお天気になりました。  ?  「いいお天気」とはどういう天気のことをいうのでしょうかね。

    「晴れ晴れとした気持ち」とか「どんよりした気分」とか「しめっぽい、じめじめしている」とか、心の状態をよくお天気に例えますよね。それってつまり、多くの人が共有している認識ということですね。

    だからつまりは、今日は「晴れている」ということです。

    朝からどうも理屈っぽくてすみません。


    猫が膝の上でゴロゴロのどを鳴らしています。これはどういうサインなのでょうか?
    時々しっぽの先を動かしますが、これは少しいらいらしているサインだと聞いたことがあります。私の指がキーボードの上を動いていることにいらついているのでしょうか?

    猫は気まぐれだとよく言われますが、それは自分の欲求に素直だということでしょうか?飼い主に気を使うことなく、撫でて欲しければ、すりよって甘えてみせ、満足したら(飽きたら)離れていく。・・・うちの猫も、もう膝から離れました。

    猫は無理はしていないと思います。遊びたくなったら、遊び。疲れたら、・・? いえ、寝たくなったら、寝ているのでしょう。私も猫のようにありたいと、時々思います。


    今日は県庁へ行かなければなりません。いい頭の人たちと話し合いをする日です。


    ?「いい頭」とはどういう意味でしょうかね。・・・この場合は、多くの方の認識とは違う意味で使っています。 
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月03日 (土) | 編集 |
    今日、というより昨夜の真夜中、私が床についてしばらくして玄関が開く音がした。

    「あぁ息子が帰ってきたな」と思い、「きっと居間のお菓子の缶を開けるだろうな」と思っていると、案の定、缶を開けお菓子を食べている音がした。・・・「息子を捕まえるのは簡単だな」と思いながら、私は布団の中ほくそえんだ。


    ここ半月ほど、息子はほとんどこんな生活をしている。それは、今日から始まる幾瀬将太個展 息子の仕事の紹介 参照)の準備のためだ。

    夫が朝から珍しく私に話しかけた。「あの子は、もう出かけたけど・・・。どこで寝ているんだ?・・何時ごろ帰ってきた?」

    私は「二時過ぎかな」と言いながら、息子が精魂込めて作ったチラシを見せた。夫は珍しく、隅から隅まで目を通していた。そして、読み終わると、無言でそれを置いた。


    私の夫は不器用だけど、子どもを愛しているらしい。どういうわけか、私の父親に、その点はよく似ている。

    とにかく私は今日、見に行ってみようと思う。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月02日 (金) | 編集 |
    1ヵ月ほど前に、「読んでみて」と、友人から一冊の本を手渡されました。「これ、うちの子が不登校の時だったら、読めんかった」と言っていました。タイトルは「●●●●は、しつけをしないで」というものです。

    とても強烈なタイトル(ここでは紹介しません)でしたが、内容もかなり強烈でした。・・・「厳し過ぎるしつけは、子どもに重大なしこりを残す」という主旨のことが書かれていて、最後まで読めば共感できるし、学ぶところも多いのですけど・・・弱っている時にうかうか読むと、ひどく辛く心に突き刺さる部分があります。


    特に、こと「不登校」に関しては、不登校のごく一部を見て、全てを見たように語られているのでカチンときます。だけど、そうはいうものの、他の部分が説得力があったりするので、一瞬「そうかな・・」と、たじろいでしまう感じです。


    この本を読んでつくづく思ったのは、「本に書いてある事を、鵜呑みにしてはしけない」ということと、「人は、自分に都合よく解釈したがる生き物かもしれない」ということです。つまり、私自身、自分の考えに近いところは、すんなり読めて、自分を責められているようなことは、すぐに受け入れられないということです。

    言い換えると、人の考えを謙虚に聴きながら、同時に自分でしっかり考えることがとても大事ということを、この本は私に教えてくれました。



    それにしても、冷静に考え直しても、この本に書いてあった「不登校とは 云々 」は、ごく一部しかご存じない方の発言だと思いました。
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育
    2011年12月01日 (木) | 編集 |
    今日は、朝より昼間の方が寒く、ちょっと困ってしまいました。

    そういえば。一昨日は入道雲が出ていたのですよ。・・・ちょっと、いえ、とても戸惑ってしまいます。


    少し季節が可笑しいせいか、私も少し可笑しい?? 今日、私めったにしないことをしてしまいました。何だと思われますか?・・・笑ってしまいますよ。

    洋服を定価で買ったのです。私としては一大事です。誕生日でもないし、記念日でもないし、いえいえ、例えそんな日でも自分の物は定価では買わない。・・・どうかしちゃったんですかねぇ、わたし。

    本当は、出先で、ただ寒かっただけなんですけどね。


    私のような人間ばかりだと、薬局や美容院や飲み屋や本屋や旅行会社はつぶれてしまいます。やはり色々な人間がいるから、世の中成り立っているのですよ。

    ? ? 世の中が成り立つように、人は知恵を出し合っていると考えるのが正解かな・・



    2011年12月01日 (木) | 編集 |
    やすんでいても

    いっていても

    ゆめをえがいたり

    えがお はじけたり

    よろこびあう まなびを!! 
    テーマ:子育て・教育
    ジャンル:学校・教育