FC2ブログ









ささやかな望み

あなたの望みは何ですか?と聞かれたら、

わたしは、ただ幸せになりたいだけなのですと、答えるでしょう。

穏やかな日々を送って、ぐっすり眠って、心地よく目覚められたら、

それ以上、特に望むことはありません。

難しいことではないと思うのですけど、

それには一つ条件があります。

その条件は、この世から戦争が無くなる事です。

わたしが幸せになるためには、

この条件は外せません。

どこかで誰かが悲しんでいるのに、穏やかな気持ちになれますか?

だとすると、わたしは幸せにはなれそうもありませんか?

いいえ、

わたしは欲張りですから、

いつかきっと幸せになってみせます。

それが、わたしのささやかな望みですから。

スポンサーサイト



[ 2012/06/30 ] | TB(0) | CM(0)

Let's sing a song  ずけらんなおこ 作詞 ・ 瑞慶覧尚子 作曲

1 穏やかな光が まぶししく見えるのはなぜ
  生きていくことが 重く感じてくる
  明日をしんじて 語り合う日々
  強く生きてるあなたの心に もう一度この歌を

  Let's sing a song 声合わせて!
  Let's sing a song 勇気を出して!
  Let's sing a song 明日を信じて with your life

  ともに歌い明かそう!

2 キラキラと輝き 過ごした温かな日々
  そんな思いでも 今は思い出せず
  そんなときには あなたの歌が
  私にとって魔法の薬なの もう一度その歌を

  Let's sing a song 声合わせて!
  Let's sing a song 勇気を出して!
  Let's sing a song 明日を信じて with your life

  ともに歌い明かそう!

3 傷ついたあなたが その場にうずくまっている
  明日の光や希望を 失っている
  励ましたくて でもできなくて
  あなたとともに生きていくだけなの 私にできることは

  Let's sing a song 声合わせて!
  Let's sing a song 勇気を出して!
  Let's sing a song 一度限りの with your life

  ともに生きていこうよ!
  明日に向かっていこう!
  Let's sing a song!
  

この歌と「ありがとう」 を7月1日に沖縄で声高々に歌ってきます!

無駄なエネルギーでは?

熊本はすっかり、しっかり、梅雨です。でも、昼間蒸し暑くても、夜はひんやりしています。


最近、先生方も本当に苦労が多いのだなぁと、実感することが少し増えたのですけど・・・。

子ども達の事はもちろん、保護者や地域の人達への対応、その他研究発表のためのアンケートや、報告書作成、給食費の取立て(?)等々。ご苦労様です。心底そう思います。

私には、想像できない忙しさなのでしょう。それなのに、ちょっと不思議なのは、運動会の練習って、やたら多くないですか?あれって、あんなに必要なのでしょうか?ね。

そんなことが、もしかしたら他にもあるのかも・・・・・・。なんか無駄なエネルギー使っているようで、損していませんかね。そう思うのは私だけかもしれませんが・・・

大人は時々、熱を入れなくていいことに、えらく熱心になる時があるような気がします。

子どものためといいながら、大人のメンツのためだったりして。

今どきの中学生

今日、ある中学校の生徒指導の先生が、生徒たちのことを話されるのを聞いたのですが・・・・その中から、私にとって印象的だったことを少し書きます。

・中学校では、高校の合格発表の時、とても気を使うのだそうですね。
志望校に落ちて、ボロボロに泣き崩れる子がいるので、合否を伝える時などとても気を使っているのだけど、ケータイで合格者の番号を写真にとってメールで流されたりすると、誰が落ちたかが他の子にも分かって、とても困る事があると言われました。

高校受験で落ちるって「ボロボロに泣き崩れる」ほどの一大事なのですね。まるで人生の終わりみたいに感じるのですねぇ。

・、不思議なことに、今年は(熊本市では?)警察にお世話になるような子どもの問題行動が、ずい分減っているのだそうです。震災の影響ではないかと言っていらっしゃいました。


・気さくに話せるようになった生徒に「一度くらい、お兄ちゃんの真似して、あんな(不良っぽい)服装してみたくないとや?」と聞いたら、とても意外な返事が返ってきたそうです。
「先生、今の時代は中学校出て、高校に入って、資格を取っとかないと厳しいんよ」と。

この子のお兄ちゃんは、高校やめて、一人暮らしをして、早く親から独立したいと思っていたのに、バイトを掛け持ちしても、お金はなかなか貯まらないのだそうで、「厳しい」と感じているようです。
[ 2012/06/27 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

優しい人は優れた人

今日は1ヵ月の赤ちゃんを抱きました。少し怖かったです。お母さんって逞しいですね。私もあんなふうにしていたのでしょうね。赤ん坊抱いて、上の子の手を引いて、荷物まで持って。

まぁ、今よりぐっと若かったですけど・・・・・


ところで、今気づきましたけど、「こわい」という字には「怖い」と「恐い」と「強い」があるのですね。「強い(こわい)」という字は「つよい」とも読みます。「つよい」と「こわい」は、通じるもものがありますね。

だとすると、「優しい」の「優」の字は、「優れている」と同じ字を使いますが、「優しし人」は「優れた人」ということになるのでしょうか。それとも「優れた人」は「優しい人」ということなのでしょうかね。


人を(が?)憂うと書いて優しい。そして、優しい人は優れた人。字の成り立ちは面白いですね。

人生の一コマ

高垣忠一郎氏の講演会を皆さんに薦めていたのに、私は残念ながら参加できませんでした。ても、とてもいいお話だったようです。

それだけに残念です。特に先生との交流会に参加できなかったのが心残り。・・・あんまりぐちってると、ばちがあたりそうだから止めておきますが。

自己肯定感について、先生の言葉の中に、「優れている点をみつけて、それで自分を肯定しているようなちゃちな自己肯定感では、寝たきりになったり人の役に立たなくなったりしたら、すぐに自己否定感にひっくりかえる」というような言葉があるのですけど、それはちょっと新鮮でした。(参加しなかったけど、役得で録音させてもらいました)

多くの人は、寝たきりになって人の迷惑になりたくないって言います。私もそう思わなくもないけど、そういったら寝たきりの人を否定しているみたいで、気持ち悪いです。


不登校って、特別なことではないと私は思っています。いろいろな人生の一コマじゃないかと思っているのですけど。

外はまた雨が降ってきました。お買い物にいくタイミングを見ているのですけど・・・・・・。

人生も曇ったり、晴れたり、雨が降ったり、雷が鳴ったり、風が吹いたり、その全てが必要なのだと感じています。

雨が降ると思い出す

激しい雨が降ると、つい去年の6月の講演会を思い出します。立花高校の齋藤先生の講演会です。一日中土砂降りで、夜家に帰った頃は小雨でしたけど、避難勧告まで出ていたのです。 つい昨日のことのようです。先生も命がけで福岡に帰っていかれました。生きているって不思議ですよね。


昨年の震災で強く思いましたけど、いまある命は、いまに届かなかった命の上にあるのだなぁと・・・・・

この美しいと言われる山や川や海も、こうなるまでには、何度となく大きな地殻変動が起こったり、洪水があったりして、その度に多くの数え切れない命が失われ、そしてまた命が誕生して、それを繰り返し、繰り返し、今に至っているのでしょう。だから、その景色が美しければ美しいほど、過去に失われた命も多いのではないかと思ってしまって、胸がつまります。

でも、いつもいつもそう思っていたら辛すぎるので、普段はあまり考えないことにしています。

・・・なぜこんなこと書いたのかな・・・

そうそう、このブログに時々される「拍手」ですが、「立花高校について」や「齋藤眞人先生語録」に多いのです。今日もそうでした。それでつい・・・。
[ 2012/06/24 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

我が家の猫

わたしの弱点に、昨日気づいてしまいました。弱点ですから、そう簡単に教えられませんが・・・・・。


ところでうちの猫、二匹だったのが三ヶ月前から一匹になっています。母と娘だったのですが、娘のほうが早く死んでしまいました。

母猫は元気そうにしていますが、少し痩せたように思います。もう15才にはなっていると思います。長生きしてくれるといいのですけど・・・。爪をうまく引っ込められないようになっているのか、布に引っかかって困っています。

先日は、右足を自分の左足の毛玉に引っ掛けて、悲しい顔をして立ち往生していました。つい可愛くて笑っちゃいましたけど、本人は深刻かもしれませんね。

気ままに動き回っているみたいですが、時には飼い主を慰めるように側にきてくれることもあるようです。 みゃー

さわやかな風



じめじめした後には 
さわやかな風 吹くといいなぁ

優しさ色に

今日、ある会合で、あるパネリストが話の最後に「届け!!文科省まで」に載っている青年の手記を、抜粋して読み上げてくださったのですが、不覚にも、とても感動してしまいました。

もちろんその方の話の内容もとても良かったので、会合が終わってから、数名の方が感動を伝えに彼女のそばに来られてました。その中に、ご自分も不登校経験者で、今は不登校の支援をしているという青年がいました。

日本の将来は明るいかも・・・。

後を絶たないたくさんの不登校経験者が、
深い優しい思いやりを持てるようになって、
世の中を少しずつ少しずつ、でも確実に、
「優しさ色に」変えて行ってくれるのかもしれない。

降り続く雨の中で、今日はそんなことを思いました。

初めての相談

この春できたハート学習スクールで、先日初めて相談をうけました。無料の個別相談です。

その方は、フレンズネットワークの講演会で配られたチラシをご覧になって来られたのですけど、
6月はじめにこのスクールが「リビング」に出された小さな広告を、切り抜いて持っていらっしゃいました。
そして、「この広告の写真と同じ看板が出ていたのでビックリした」とおっしゃっていました。

どちらにも「ハート学習スクール」と書いてあっても、気付かれにくいものなのですね。

あの小さな広告、切り抜いて持っていらっしゃる方がきっと他にもいらっしゃるのでしょうね。知らないところへ電話をかけるのは、けっこう大変なのですね。

「フレンズ親の会」へも、新聞の告知記事を握り締めて、何ヶ月も経ってやっと来られる方もいらっしゃいますものね。


入口を入る時には緊張されているけど、帰るときは笑顔になられます。こちらも笑顔になります。ありがとうございます。
[ 2012/06/21 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

10年間売れなかった優れもの

先日テレビを見ていて、とても驚いた事が二つあります。

一つは、塗るだけでとても高い断熱効果を発揮する塗料があること 

そしてもう一つは、その優れた塗料が発明されて10年間、全く売れなかったということです  

そんなことってあるのですねぇ。いいものが桁外れにいいと、「ペテン」だと思われてしまう。なんか悲しいです。

でも、世間というものはそういうものらしい。世間に認められるのには時間が掛かる場合があるし、すぐに世間に認められなくても、いいものはいいと自信を持って売り込まなきゃいけない、諦めちゃいけないということです。・・・ね。

そして、価値観を改めるのは、とてもとてもエネルギーのいることだということです。それはある程度分かってはいましたが・・・・・
[ 2012/06/19 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

わたしの母は
ははははとよく笑った

わたしは 母の娘
わたしも ははははとよく笑う

わたしは 母の娘だけど
戦死した 母の妹にもなった
「この人いい人」と 褒められもした

わたしの母は 自分の写真に
「お母さん」と 言ったそうな
お母さんに 会えたのかな
[ 2012/06/18 ] | TB(0) | CM(0)

また嬉しい便り!

本を購入された方が、すぐに本を読まれたのでしょう。振込用紙の通信欄に、本の感想が書いてありましたので、紹介します。

子どもも読んでいました。色々参考になりました。希望を捨てずに接していこうと思います。ありがうございました。


こちらこそ、本当にありがとうございますと伝えたいです。

ふとうこうは 宝もの!

「ふとうこうは 宝もの」というリーフレットを数年前に百部ほど作ったかと思います。
そのリーフレットには

不登校は恥ずかしいことではありません。辛いことはあるけど、
不登校になった子は恥ずかしい子ではありません。
不登校の経験から、いろいろな深い学びや、出会いがあり、それはやがて人生の宝ものになります。
不登校とゆとりを持って付き合っていくために、私はその想いを川柳にしたり、詩に書いたりしています。


などと書いて、ふ・と・う・こ・うの詩 不登校は宝もの(母親編)他を三編のせてあります。そして、あなたも書いてみませんかと書き添えました。

それを読まれた方から、今回初めてお便りをいただきました。そして、それに詩が書いてありましたのでご紹介します。

ふしぎだね 当たり前のこと 考える
ともだちも たいせつなひと そばにいる
うつむいて 月日いつでも てらしてる
こえたらば こうだったよと みちしるべ
うつむいて 心もへこむ へやの中
夕陽みて 今日もおわり 明日へと



本当にとても嬉しいです。ありがとうございます    

いくつになっても いくつであっても

てくてく散歩をしてると
窓越しに おばあさんの顔
今年100才!!
その気丈ぶりに驚いて
「お元気ですねぇ!!」と話しかけ
また歩き出す

そこへ隣のおじいさん
肩を落としてつぶやいた
「3日前 姉が死んだ」と
つぶやいた
91才のお姉さん!!
「お寂しいですねぇ」と
私は思わず力をこめる

私の母は 93才
いくつになっても
いくつであっても
あと2、3年はと
欲はつきない


[ 2012/06/14 ] | TB(0) | CM(1)

「大人は幼稚だ」

先日、ある青年の車に乗っていると、眠気覚ましのつもりなのか、彼がぶつぶつ不機嫌に話し始めました。

「収入が安定していなくても若いうちに子どもを産んだ方が楽なんじゃないかな。働くことの意味を語らせると、大人は幼稚です。バブルを経験した大人は、その価値観から未だに抜け出せないでいる。学び直したらどうだろうか!?・・・50代の学校・・・それをやればいいんだ」みたいなことを。そして、「戦争が悪い」と唐突にも思える感じでいい放ちました。

彼の親しい人への話し振りは、時々乱暴です。だけど、他では聞かないようなことを言うので、興味を持って聞いていました。
そしていくつか質問をしていたら、親戚の人たちから「大人の常識」みたいなものを色々聞かされたようで、その「こうあるべき」という話が気に入らないようでした。


彼の言葉を思い出してみると
「収入が安定していなくても若いうちに子どもを産んだ方が楽なんじゃないかな。安定した収入と蓄えがないと子どもを育てられないなんて言うから、子どもが増えないんですよ。誰がそんなこと言い出したんだろう。子どもにお金がかかるって、余計なことにお金かけ過ぎなんですよ。将来のこと考え過ぎ。もっとシンプルに生きればいいのに。大人はなんのかんの言って、自分の事しか考えていない。もっと違う考え方をすれば楽に生きられるのに。自由を求めて企業に入って、入ると不自由になる」・・・みたいなことです。(メモはしていませんでしたので悪しからず)

とても荒削りな言い方ですけど、光る物はあるなと感じました。そして自分に言い聞かせるように「頑張ろう!」と何度かつぶやいていました。
[ 2012/06/13 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

9月30日に

以前書きました学校改革への挑戦 山鹿市・夢プロジェクトの山鹿中学校の校長の講演が決定したようです。
熊本県子ども若者支援地域協議会主催のシンポジウムの基調講演です。
9月30日(日)午後・パレアホールです。
[ 2012/06/13 ] お知らせ・参考 | TB(0) | CM(0)

6月10日

6月10日は6月9日に一番近い日です。

6月9日は、67年前の名古屋の大空襲の日です。ご存じない方も多いですよね。だけどこの日は、私にとってはとても大きな意味のある日なのです。よくも悪くも、私の存在に繋がる日なのです。   (詳しい事は、省かせていただきます)

人といいますか、命の繋がりは不思議だなぁと、しみじみ思いながら・・・・・・


今更ですが、私は母親です。息子と娘がおります。息子は同じ家で暮らしていますが、最近すれ違いの生活スタイルで、見ることも話すこともめっきり少なくなっています。でも、一昨日から昨日にかけて、久しぶりに長時間同じ時間を過ごしました。

時折少し離れた席から、しみじみと息子の横顔を見ていましたら、とてもとてもいとおしく見えて胸が熱くなり、つくづく親バカだなぁと、一人苦笑いたしました。

そんな息子が、久しぶりに会ったいとこや親戚の人たちに、同席できなかった自分の妹、つまり私の娘の近況を説明しているのです。彼女がFACEBOOKにアップしている絵や写真を、Iホーンで探し出し紹介しています。もしかしたら、彼にとって自慢の妹なのでしょうか?

そんなことを思いながら、一週間分を無理矢理一日に押し込めたような日を、かすかな疲労感とともに過ごしました。

その間、「有り難うございます」の言葉を繰り返しながら、想いの糸を手繰り寄せ、ほぐし、整える、そんなやりとりを、私は疎遠な兄弟や親戚と交わしていたように思います。

高垣忠一郎氏の講演会

明日10日の高垣忠一郎氏の講演会 、NHKのニュースでお知らせが゜あったそうです。明日の朝もあるそうです。

明日県民交流館パレアで二時からの講演です。この道35年の高垣先生です。
私は13年ぶりです。あの頃は、私個人的なことで余裕がなかったころかな・・・・・・。

18才未満は無料です。
[ 2012/06/09 ] お知らせ・参考 | TB(0) | CM(0)

さわやかに

[ 2012/06/08 ] らくがき | TB(0) | CM(0)

いじめ撲滅強化月間かな

先日の合唱祭で、「ブラボー!!」と声をかけた男性は、会員のご主人ではありませんでした。知る人によると、その人は音楽が大好きで、ちょっと変わった方で、色々なコンサートに行っては演奏者の地位や知名度に全く関係なく、自分が気に入ったら「ブラボー!!」と声をかけていらっしゃるそうです。あの日は私たちを含め、二つの団体に声をかけられたとか。
いずれにしても、誰かが認めてくださるのは、とても嬉しいものです。単純な私は、とてもやる気が湧いてきました。


ところで、熊本では「いじめ撲滅強化月間」なのでしょうか・・・。今日ある中学生が、学校でいじめに関するアンケートがあったと言っていましたし、その学校の先生が「いじめる子は、人間じゃない」みたいなことを言って、子どもたちを威嚇(いかく)されたそうです。

私なんかは、人が集まればいじめはあって当然だし、大人の世界でも、色んな場面で目にしますしね。多くの場合、いじめる側に問題があると思うのですけど、いじめられる子の多くは「自分に非(弱点)があるからいじめられる。だから自分の悪いところを直せばいじめられない」と思っているようです。(弱点を克服しようとすることは悪いことではないと思いますが)

だけど現実には、いわゆるまじめで優秀な子がいじめられる場合もあるわけですから、罪というか、大きな問題をかかえているのはいじめる子だと思うので、そのひどいいじめをする子の心のケアをする事が大事だと思います。

大人の場合も、家庭内がうまくいっていないとか、仕事がうまくいかないとか、孤独だとか、不満が蓄積している場合、気の弱そうな、文句を言わなさそうな人をいじめますよね。 (わたしのような・・・)


先生方も、上からガミガミ言われるのでしょうかねぇー?
[ 2012/06/07 ] つぶやき | TB(0) | CM(1)

アスペルガーの自己診断結果報告

インターネットは便利ですね。アスペルガーかどうか自己診断テストがあるんです。友人が教えてくれたので、やってみました。結果を知りたいですか?教えませーん

やってみたい方は、「自閉症スペクトラム指数自己診断」で検索してみてください。決定的なものではないかもしれませんけど、目安にはなると思います。


昨日はアスペルガーについて雑な書き方をしたのですけど、一口に「アスペルガー」と言っても色々な人がいるみたいです。そんなことをあれこれ考えてみると、やはり「人間みんな障害者」というのが正しいと思います。

もし、完璧な人間を正確な円で表すとしたら、人はどこかしら欠けているか、欠けているように見えて他の部分が飛び出しているかのどちらかで、正確な円に納まる人はいないというのが、今の私の結論です。

ですから、一応の知識は知識として、支援を必要としている子どもを丁寧に観察し、その子の気持ちや人格を尊重しながら、その時々のベストを尽くすことが私に出来ることかな・・・・・と考えるに至りました。以上報告終わり。

アスペルガーって・・・

発達障がいの一つの「アスペルガー」について、ご存知ですか?私は少し知ってはいますけど、理解できてはいません。

このアスペルガーの特徴を知ると、「わたしもかな?」と思うようなことがいくつかあります。例えはこだわりがの強いとか段取りが下手だとか、人とのコミュニケーションが得意でないとか・・・・・。

でも、空気が読めないとか、冗談が分からないということはないと思いますし、遅刻は殆どしないし、締め切りは守るし、急な予定変更でパニックにならないし、お喋りではない?と思いますし・・・。

いわゆる専門家という方々が「こうした方がいい、ああした方がいい」」と言われていることも、鵜呑みにはできません。できませんけど、否定もできません。

これから、もっと詳しい事、正しいことが分かっていくのでしょうけど、よくご存知の方は教えていただけないでしょうか?アスペルガーの子、又はおとなへの対応の仕方を。

おはようございます!!

やはり、寝る前にスイカを食べるのが早朝目が覚める原因だったようです。(一個14キロのスイカ、冷蔵庫に入れるのも一苦労でした)

今日から、火曜、木曜の午後はフリースクールの「ハート学習スクール」にいることが多くなると思います。お暇な方は、お立ち寄りください。右のリンクから場所は分かります。祗園橋電停下車、五福小学校方向に歩いて40秒。郵便局の手前斜め向かいの灰色のマンション1階です。車が止まっていると分かりにくいけど、白とピンクの看板出てます。

生徒さんが来るようになったら、どうなるか未定ですが、火曜、木曜は授業はフリーの日だとかおっしゃっていましたのでその日は、フリースペースみたいなのかな・・・。なるべく公共の交通機関をご利用くださいね。
[ 2012/06/05 ] お知らせ・参考 | TB(0) | CM(0)

ブラボー!!

何故か最近、早朝に目が覚め、また寝直すという日が続いる。年齢のせいか、夜遅くにスイカを食べるせいか・・・多分その両方だろう。
今朝も5時頃に目が覚めた。市内一斉清掃の日だけど、まだ早すぎる。外はもうすっかり明るいが、4時間しか寝ていないので寝直した。そしたら今度は六時半頃目覚め、仕方なく起きて、いつもはしない庭の雑草取りをして近くの神社の清掃に出かけた。
集まったのは高齢者ばかり。荒れほうだいの小さな神社の清掃、終わったのは九時半。家に帰ると、ちょうど息子が出かけるところで、鍵を持って出なかった私は、危うく閉め出されるところだった。

シャワーを浴びて、一休みして、念入りにお化粧して合唱祭に出演するために県立劇場へ出かけた。

ドレスに着替え、リハーサルをして、いよいよ本番。コンサートホールで、8分の持ち時間。満員の、と言いたいところだが、空席の方が多い客席の一番後ろの人に向かって、一生懸命歌った。曲は「ありがとう」と、ご存じないと思うが「Let's sing a song」
気持ちよく歌え、最後にLet's sing a song ! と高らかに歌い切ったら、なんと「ブラボー!!」と男性の声。気をよくして引っ込んだけど、あれは団員のご主人かな?

その後数団体聴いたけど、今年も素敵な歌声を聴けた。とても難しそうな曲を歌うある学校のコーラス部の歌声が、とても耳に心地よく、言葉もはっきり分かって、どんどん惹き込まれた。去年「教師〝C〟」を歌った団体ではないが、やっぱり指揮者の後姿が素敵だった。
ちょうどその子ども達に廊下で会ったので「どんな先生?」と聞くと「楽しい先生」という返事。その子の目もキラキラ楽しそうだった。

やっぱりねぇ、聴いてると感じるのです、楽しんでいるか、苦しんでいるか・・・。


★ブログお読みいた方、「リビング福岡」を読まれた方、有難うございます。
「届け!!文科省まで」をご注文いただきましたら、すぐに送ります。
お支払は、本をお受け取りになってからで結構です。
郵便局の振込用紙を同封いたしますので、よろしくお願いいたします。
郵便番号、ご住所、お名前、そしてできれば電話番号をお知らせください。

少し丸くなってきた四角い会議

わたくし先日ある会議で
「民生委員の方々には、『学校に行くように何かしなくちゃ』というのではなくて、不登校の家族の苦しみや辛さわかろうとしていただければと思います。そして、どの家庭にも起こりうることとして、暖かく見守って欲しい。何よりも地域の空気をおおらかにしていただければいいかなぁと思います」というようなことなどを発言しました。そしたら、右の遠くの方から、ある女性が私の意見に賛同してくださいました。

それから以前熊本県と熊本市の関係について聞いてはいたのですが、公の席で「くまもと 子ども・若者支援マップ」について 熊本市の民生委員児童委員にも配って欲しいとお願いしました。

そしたら、ある男性が、少しほほえんで私をちらっとご覧になりました。ちょっと嬉しかったです。きっと同じように思ってくださっているのです。

男性は今回初めての参加です。女性のほうはたしか公務員です。なかなかいい感じでしょ!?