FC2ブログ









赤の衝撃

スポンサーサイト



[ 2012/08/31 ] らくがき | TB(0) | CM(0)

免疫力低下

免疫力の低下に有効なのは「楽しく過ごすこと」らしいのですが、

強いストレスの中で日々暮らしている人にとって、楽しく過ごすことは、とても難しいことなのかもしれません。


ある女性は、夫に対してすごくストレスを感じていて、それが色々な症状となって彼女を苦しめていました。

(断っておきますけど、私のことではありませんよ)


彼女は「夫がいなくなってしまったほうがいい」などとハッキリ言っています。

彼女の話や話し方を聴いていると、何かとても気が重くなるのは何故かなぁと考えていたのですが・・・


彼女は賢くて、わりと自信ありげに話します。とても優しい一面があり、とても世話をやきたがります。

我が子に対して、理解ある母親と見えるのですけど、それは子どもが自分の意に反しないことをしている時で、

自分の価値観からはみ出しそうになると、どうにかして止めさせようとするようです。


私には彼女が支配したがっているように思えてきてしまいました。

一般的に言えば過保護でしょうか・・・・。ちょっと気になっています。


我が子のことをもう少し信頼してもいいんじゃないでしょうか。


(だけど、私も「息子をもっと信用したら」と言われたのですが、謙遜もほどほどにしようっと)

お喋りの効果

「辛い気持ちを溜め込んでいたらダメですよ」とある人に言いながら、内心苦笑してしまっている私です。

自分にできないことを他人に言うなんて、ちょっとおかしいですかね。

昨日夜涼しかったので、少し風邪気味かも・・・。頭が重い。もしかしたら、お天気のせいかな。


誰かと共通の話題でおしゃべりすると、本当に楽になるものですよ。

もし、ひとりで悶々としている方、話し相手がいなかったら、歌でも歌ってみませんか?

あるいは、ノートに書き出してみるのもいいかも・・・。


外は、虫たちがにぎやかにおしゃべりしています。

虫たちは、地球環境の急激な変化などについて語り合っているのでしょうか・・・・・。

寿命が縮んだかも・・・

台風は通り過ぎたのでしょうか・・・。あまり被害が出なくて良かったです。

最大風速70メートルとか聞いて、びびってしまいました。少し寿命が縮んだかも・・・。

いつ、何が起こるか分からないと、いつも自分に言い聞かせていても、
いざというときはドキドキするし、冷や汗も出ます。

いつ、どんなことが起こってもいいようにと、覚悟して生活しているつもりでも、

それは、覚悟したつもりになっているだけだと、思い知らされる時が来るかもしれません。

覚悟なんてできるはずもなく、ただ小さな自分に気づくだけ・・・かもしれませんね。



一日、一日のささやかな営みが、

とても尊いものだと気づくのが

それを失ってからでは、

やっぱり寂しいですよね。

でも、

実体験に勝る学びはないのでしょうね。

温かい肌のぬくもりは、

当たり前にそこにあるのではないのです。

少々腹が立っても

情けなくても、

もし、失ってしまったら・・・

そのことすらいとおしくなりますよ!きっと・・・。

働かせすぎたら・・・

ちょっとやばいことになりました。

ワードで絵を描いていて、何枚か重ねていたら、ちょっとこのパソコンには負担が多すぎたみたいで、突然動かなくなってしまいました。(なにしろ、夫のお古ですから)・・・・・だから仕方なくスイッチ切ったのですが・・・。


頭を使い過ぎると、熱が出過ぎて、安全のためにかってに切れるなんて、人間みたいですね。

そうです。無理はいけません
働き過ぎはいけません
休ませなきゃ行けません
そのことに周りが気づかなかったら、強引に休むしかありません・・・機械だって分かることなのですね。


ということで、ダメージが大き過ぎたみたいで、その後も反応が鈍いままです。

いよいよ、私もパソコン買おうかと思います。(へ-へ;)


ノートパソコンにしようと思いますけど、どんなのがいいですかね?
[ 2012/08/27 ] つぶやき | TB(0) | CM(1)

話せば分かる

数ヶ月前に伝えた内容を訂正しに、あるお店にいったのですが、そこの中年の女将さんが「最近の子はストレスに弱いでしょ」と言われたので、

「ストレスに弱いというより、ストレスが多すぎるんじゃないですか?」と言いました。

そしたら、「そういえば、子ども達部活で帰り遅いし、夜遅くまで塾に行ってるし・・・」と気づいてくださいました。

それからその方はこんなことも言われてました。

「熊本は、どうしてあんなに高校にこだわるんでしょうかね。あれどうにかなりませんかね。外に出たら意味ないのに」と。

その方は他県育ちでした。

本当にもう少し広い目で見られませんかね。
[ 2012/08/24 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

か え る ! !

このテンプレートのあちこちに小さな緑色の動物がいますが、これはネコかなと思ったら、カエルでした。

きっと幸運を呼ぶカエルではないでしょうか!?


ある不登校支援の学校は、ある事情で、数年後の存続が心配されていましたけど、その心配はなくなったという風の便りが聞こえてきました。

風の便りですけど、多分信頼できると思います。本当によかったです。


熊本では、今年度でなくなってしまう通信制の高校もあるそうなんですけど・・・。一時評判がよかっただけに、とても残念です。

残される在校生はどうするのでしょうか・・・・・。

命を捨てる覚悟

ある方から、とても素敵な言葉をいただきましたので、ちょっとだけ、無断で ですけど紹介しちゃいます。

(記念に模様替えしました)


眉間にたてじわをよせた凄腕の生徒指導より、
和気あいあいのニコニコ指導の方が、百倍の効果があることを、今年もしっかり実証しました。


そして、

他人の子ども達のために、いざというとき命を捨てれる覚悟がある方を信頼します。

とも書いてあります。ということは、この方はそういう覚悟があるということです。そのことを私は微塵も疑いません。

誰にでも真似できることではないと思いますが、教師という方はそういう意気込みでいて欲しいですね。

リアルな夢



先日、総天然色のリアルな夢を見ました。

何かの会議から席をたって外へ出たら、上のような景色の見える崖っぷちへ出ました。MTさんが付いて来ていました。何故か、私は自転車を押してそこに立ち、20cm位の高さしかない柵から下の湖を覗いていたら、水が透き通っていて、小さな魚がたくさん泳いでいるのが見えました。そして、そのまま吸い込まれるように落ちそうになりました。

「危ない!」と思ったけど、慌ててもしょうがない気がして、自転車を手から離し、落ちるに任せてみようと思ったら、何故か崖の上に戻ることができて、ほっとした・・・というような夢です。

その後、パリパリの焼きそば(皿うどん?)を食べるはめになったのですが、水っぽくて美味しくありませんでした。


変な夢でしょう!?

[ 2012/08/21 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

第57回 熊本県民教連研究集会 分科会に参加して

昨日、第57回 熊本県民教連研究集会が熊本大学でありました。(お知らせできずにすいません)

●午前中  記念講演
DV・子ども「虐待」の相談窓口をとおして 見えるもの、訴えたいこと
講師 西原鈴代さん

●午後 分科会
①授業づくり いま「原発」問題を、中学生と考える
②学校づくり 立ち止ってひと息つける学校にするために


私は、午後の分科会②のみの参加だったのですが、

会場に入ると、用意されている机の数にちょっとビックリ。20席もありません。ある意味理想的な人数?

そして、参加者が揃ったところで、メンバーの顔ぶれを見て、またビックリ。参加者14人中、私の所属団体の関係者が私を含め4人、言葉を交わしたことがある方が2名、つまりメンバーの半分が知人でした。初対面は学生さん3人と他2名。

私社交的ではないのに、この割合はなんだか変ではないですか?


内容は、参加者全員の長めの自己紹介と、レポーターの「立ち止ってひと息つける学校にするための」実践紹介。


参考になることも多かったのですけど、参考にする人が少な過ぎるような・・・。

ここ20年位、参加者が減り続けているそうです。それこそが問題かもしれませんね。


そんな中、学生さんの力強い発言には、希望が持てました。しかも、3人のうち2人は一年生です。

隣に座って、少し個人的にもおしゃべりしましたが、一人は不登校経験者でした。

明るい爽やかな青年です。またどこかで会いたいなぁと思います。

名前はちゃんと聞きましたよ。大学も分かっています。へ_へ


この場に参加された教員の方々は、自分なりに「一息つく工夫」をしていらっしゃるようでしたけど、学校全体で取り組むようになるといいですね。

「立ち止ってひと息つける学校」づくりができるようになったら、次は

「子どもも教師も楽しめる学校」を目指して欲しいと思いました。




[ 2012/08/20 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

自由を求めて!!

先日、親戚が集まって食事をしている時、数少ない海栗といくらのにぎりを、私遠慮せずにまっさきに食べちゃいました。今までの私なら絶対にしないことです。

でも、一度やってみたかったんですよ。へ_へ;;  お恥ずかしい。


ところで、お世話になったおばたちは、会う度に「このまま一人で暮らしていて大丈夫かな・・・」と感じることが多くなりました。心配事は教育問題ばかりではありません。明日は我が身でもあります。


過去にとらわれ、悔いてばかりいる人生なんて、私はまっぴらごめんですから、もっと自分を解放してやりたいと思います。それに、自分の考えや役割に囚われ過ぎるのは窮屈ですので、もう少し自由に考え、行動したいと、最近思うようになりました。



・・・不登校の子ども達の多くは、自由を求めているのではないでしょうかね。

休む自由、選択する自由、拒否する自由、考える自由、疑う自由、迷う自由、学ぶ自由、感じる自由、立ち止る自由、引き返す自由、等等。

そんな自由を求めるのは、そういう自由があることを知っているからではないですかね。そういう自由の存在を知っていることは、私は大事なことだと思うのですが・・・。


不登校  自由を求む 子の勇気。 そして、自由には、責任が伴います。

[ 2012/08/19 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

父の意外な一面

お盆で親族が集まるって、いいことですね。ご先祖様に感謝です。

一緒に食事をしながら、あれこれ思い出話を聞いていたら、初耳の話が多くて・・・


8才年上の姉は、父に勉強を教えてもらったことがあるそうです。父は夜遅く帰って、眠そうな姉に、無理矢理?勉強を教えるのが好きだったとか。「へーーっ」と思いました。3才上の兄も「へー」と言っていました。

姉はとても嫌だったそうですけど。


それから、父は私が生まれたとき、かなり期限が悪かったそうです、男の子じゃなかったから。

もしかしたら、私も「男に生まれてきたかった」と嘆いて泣いていたのかもしれませんけど、今は女である事にとても満足しています。

暑さのせい?

佐世保も佐賀も熊本も、暑い!!!

そしてパソコンもかなり熱い!! ご苦労なことです。


でも、夏にはやっぱり入道雲が似合いますね。昨日は佐賀からJRで各駅停車。(二時間以上かかります)

いろんな形に変化する入道雲、なかなか面白かったですよ。

帰ると、玄関で猫が迎えてくれました。


里で友人と話したけど、高校時代とあまり変わらないというか、成長していないというのか、よく言えば老けていないというか・・・。それぞれに問題を抱えてはいるけど、元気でした。

・・・問題があるから元気なんですかね・・・

ちょっと気になったのは、友人の子も親戚の子も、職場で頑張り過ぎて欝になりかけたり、仕事を止めたりしている子がいて、「今の若い人は大変」と何度も耳にしました。

真面目な子が楽しく生きていけないのは、やはり何かがおかしい!!


ある大手デパート(他県)の社員への待遇を聞いたけど、「上司の頭が悪い」と思ってしまいました。このままじゃつぶれるかも・・・。


大きい声ではいえませんけど、管理職とか、上の方の人で変なこと考えたりしたりする人、学校で何学んできたのかなって、思いません!?

今日はこんなこと書くつもりじゃなかったのですけど、暑さのせいですかね?・・・ではこの辺で・・・

盆休み

私の里は8月盆なので、ちょっとこのブログも盆休みを取ろうかと思います。16日の夜には熊本へ戻っていると思いますが・・・。


先日ある方が、このブログを読みたくて、子どもとパソコンを奪い合う?まではいかないそうですけど、「早くやめてくれないかなぁ」と思って待っていると言って下さいました。・・ちょっと嬉しくなっちゃいました。へ_へ゛


私も自分を褒めてみようかな・・・。先日参加した親の会では、みなさんとてもまじめに真剣に子育てしてこられたのに、そのことがかえっていけなかったのかと、真剣に悩み、涙されていました。

周りの人も「そんなに心配しなくてもいいよ」などと励ましてくださるそうですけど、それでも不安はいっこうに消えないような感じです。


価値観とか思い込みを変えるのはとても難しいのですね。

「肩の力を抜いて」とか言われても、力のぬき方が分からないのかもしれませんね。

そんな時は、逆に思いっきり力んでみてはどうですかね。そしたらとても疲れますから、長くは持ちません。「あぁ疲れた」と倒れこむでしょう?その時、すかさずその感覚を覚えこむのです。どうですか?

高血圧の人とかは、このやり方はお勧めしませんけど・・・・。


では、休みなのに休めない人、休まない人、それぞれの夏をお過ごしください。


父の思い出

今日は、父の誕生日に一番近い日でもありす。

父は11年前に他界しましたけどね。

子どもの扱いは、不器用でしたけど、

手先はとても器用で、手品が趣味だったんですよ。

絵を描くのも好きでしたけど、

仕事はまるで違うことをしていました。

父は、本当はどんな仕事をしたかったのかな?

父と語り合うことなんてなかったので、さっぱり分かりません。


若い頃は、やんちゃしてたみたいですけど、

石橋を叩いても渡らないような、慎重なところがありました。

父がたまに連れて行ってくれた「喫茶店エデン」の

ミルクセーキは、格別でした。

今はもうありませんけどね。

でも、家でも似たような物はつくれます。

会った時に聞いてくださったら、特別に教えて差し上げましょう。


甘くて、冷たくて、速く食べ過ぎるとキーンと頭が痛くなります!!



夏の思い出

[ 2012/08/11 ] らくがき | TB(0) | CM(0)

素敵なメール

今夜素敵なメールをいただきました。

「19時57分に西南西の空に宇宙ステーションが見えます」という内容のメールです。こんな私に、素敵なメールをくださる知人がいるのだと、とても嬉しくなりました。

残念なことに、薄く雲がかかっているのか、私は見る事ができませんでしたけど・・・。


星を見る余裕を持たれるようになられたのかと、感じます。

今またメールが来ました。

10日20時43分北北西
11日19時48分西北西
晴れますように
  と。

ゆっくり飛ぶのが見られるそうです。
熊本の場合ですよ。
他の地域や、外国の事は分かりませんので悪しからず。
[ 2012/08/09 ] お知らせ・参考 | TB(0) | CM(1)

あかね色の空を描いたら

snap_todokekoe_20128317301.jpg

先日、古着屋であかね色の麻のタンクトップを買ったのですが、あまりに強烈な色で、持て余していました。

それで、漂白剤で脱色しようかなと思案していたのですが、

あかね色ですから、どうせならあかね色の空にしようと思い立ち、

今日、漂白剤で雲を描いて見ました。まずまずの出来です。へ_へ  お見せできないのは残念ですけど・・・・


「あかね色の空を見たよ」ではなくて、「あかね色の空を着たよ」みたいになります。

夏休みですからね。楽しまなくては
[ 2012/08/09 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

75歳でお店をオープン

先日、河原町のギンギラ食堂で、お昼を食べていた時のことです。

ある白髪の男性が、無口な男性を伴って入ってこられ、私の筋向いに座られました。(狭い食堂なので、どこに座っても、すぐ近くなのですけど)

その白髪の男性は、きさくに私に話しかけてこられたので、私も「そうですか」と、何度も頷きながら聞いていました。

彼は隠居してたのに、かわいい孫ができたので、また和菓子屋を再開するのだそうです、河原町で。
しかも75歳、ビックリです!! でも、とてもお若くみえました。

そして、秘伝を親友から教えてもらった話や、その親友が勤めていた老舗の話や、息子さんの話など、にこやかにいろいろ話してくださいました。

和菓子屋の屋号は「高砂や」9月半ばのオープン予定。楽しみです。

「和菓子作りの若い職人を育てたい」ともおっしゃっていましたよ。

地味な仕事だけど、凝り性にはいいかも・・・。

用事があったので15分で失礼しましたけど、不思議な出会いでした。

真夏の木陰で

真夏の日差しをさえぎる建物の間の木陰は、

少し薄暗くて、涼しくて、とても気持ちがいい。

人を持ちながら、2階まで延びた枝を、

一本一本下から辿っていくと、

重なり合った緑の濃淡から、

かすかな日差しがもれる。

だんだん目がなれて、見えてきたのは、

蝉 、また蝉。 

お昼ね中なのかな?

あそこにもここにも、

数十匹!!

退屈せずに待てました。



暑中お見舞い

昼間は蝉が

夜はゴキブリが

とても元気・・・

そして、私もそこそこ元気!!


夏は暑いに決まっていますけど、暑すぎるのは心配です。

死ぬ人だって、けっこういらっしゃいますからね。心配はつきません。


暑さ寒さに弱い方々、無理せず、

無事にこの夏を乗り切っていただきたいと思います。


炎天下に外へ出る時は、帽子をお忘れなく。しかも濡らした帽子をお勧めします。

夏まつりで、水遊び!?

今日は、焼きそば用のキャベツ90個を数人で切ったのですけど、・・・何てことないだろうと思ってたら、一時間位かっちゃいました。

その後、夕方からは祭り会場で飲み物の販売。ラムネは子ども達に大人気です。祭りにはよく売れます。

ご存知ですか?ラムネのビンは50円もするんですよ。だから「飲んだら、必ずビン持ってきてね」と言います。

すると、子どもがビンを少し緊張して持ってきてくれるので、「ありがとう」と心を込めて言います。

そんなやり取りがとても楽しくて、疲れも吹っ飛ぶと言いたいところですけど、正直ちょっと疲れました。

お陰で早めに完売し、不要になった水を会場にまいていたら、子ども達がからんでくるので、少し引っ掛けたりして、遊んじゃいました。大好きなご近所のご夫婦にもかけちゃいました。暑いから、喜んでくださいましたよ。

そんなこんなで、明日は後片付けです。

久しぶりに、ぐっすり眠れるかも・・・・・・。




映画「Cターン」

映画「Cターン」とは…
CターンのCは、Child の頭文字で、「Cターン」とは子どもたちのために移住することだそうです。
震災以降、子どもの健康を守るために、それまで全く縁のなかった土地での暮らしを選択する人、Cターン希望者を支援する取り組みのドキュメンタリー映画だそうです。

その映画「Cターン」を観た不登校経験のある高校生たちが、それぞれに感じ、考え、自分たちの手で、再度上映しようと決めたそうです。

そしてさらに、その様子を自分たちでドキュメンタリー映画(7分程度)にまとめ上げ、本編の前にに上映するそうです。

その高校の先生は「私が言うのも変ですが、本当に素晴らしいものに仕上がりました。お時間がございましたら、是非いらしてください」と、知人にメールを送って、生徒たちを応援していらっしゃいます。


≪映画「Cターン」≫
☆日時: 8月5日(日) 13時~14時30分 (開場12:30)

☆会場: 志成館高等学院 6階多目的ホール  (電停 味噌天神前)

☆内容: 映画終了後、監督も交えての交流会

☆参加費:500円+寄付(高校生以下無料)

☆監督 野田香里 


  私も時間が空いたので、行きます。
[ 2012/08/02 ] お知らせ・参考 | TB(0) | CM(0)

森都心の図書館で

昨日、ちょっと森都心(しんとしん)の図書館で、涼みながら本を読んでいました。夏休みとあって、子ども達もたくさんいます。宿題やっているのでしょうか?私みたいに家から逃げ出して来ているのでしょうか?


それはともかく、いくつか読んだ絵本の中に、とても素敵だなと思った本があるので紹介します。

「きみは太陽のようにきれいだよ」
チェマ・エラス文/ロサ・オスナ絵/福原麻希 訳/童話屋 

老夫婦が主人公です。絵もとてもしゃれています。私は大好きになりました。


私の住む町にいい図書館ができて、しかも同じ建物にデパートが経営するスーパーが営業していて(実は、今日そのことに気づいたのですけど・・・)、だんだんこの町が好きになってきています。困ったなぁ・・・・・。