FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2012年09月29日 (土) | 編集 |
 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す



この歌ご存知ですか?・・・母がたまに歌っていましたが、私は完全には歌えません。

この歌詞に少し励まされます。
スポンサーサイト
2012年09月28日 (金) | 編集 |
今日母の古着を漂白剤で色を落とそうとしていたら、ボロボロになってしまいました。

かあちやん、ごめん! わたしの心もボロボロ・・・・・


漂白剤って、劇薬ですね。
2012年09月27日 (木) | 編集 |
無題

ちょっと新しいパソコンで遊んでいます。

・・・・・誰かに似ているような気がするのですれけど・・・
テーマ:お絵描き教室
ジャンル:学校・教育
2012年09月26日 (水) | 編集 |
今日、ある中学校の校長に、9月30日の「子ども若者“よりそい”シンポジウム」のチラシを渡しに行きました。幸いすぐにお会いすることができました。

その校長は、山鹿中の堀田校長をよく御存じで、とても興味を示され、「自分は予定が入っていて行けないけど、誰かに行ってもらいます」とおっしゃいました。とてもいい感じの校長先生です。

それでも、3月16日の新聞記事はご存知ではなく、コピーをとられました。


もっと早く喧伝に行ってればよかったのですが・・・・・・
2012年09月25日 (火) | 編集 |
昨日はあんなに涼しかったのに、今日の昼間はとても暑かったです。

ところで、最近離乳食は、生後五か月から始めるのが一般的だそうです。私の子育ての時期には、四か月と言われていまた。・・・おかしな感じですね。

母乳がよくないと言われた時期もありますし、添い寝はいけないとか、抱き癖がつくからすぐに抱いてはいけないとか、抱き癖なんてつかないとか、・・・・・。あまり育児書に頼っていると、右往左往しそうでてす。


個人差が多いですし、マニュアル通りにはいきませんね。複数の経験者のアドバイスも参考になると思います。


知識も大事ですけど、自分で考えるのも大事ですね。冷静によく観察して、子どもの声をしっかり聴くようにするのがベターなのではないですかね。


私は今、自分の声を一生懸命聴こうとしています。・・・・・・・


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月24日 (月) | 編集 |
今朝、頼まれて小学校のあいさつ運動に立ちました。心なしか去年より子どもたちの元気が減っているような気がしました。

何人かに「大丈夫?」と声をかけてしまいました。そしたら、一人の子がお母さんに手を引かれて登校してきました。見ると、目をつぶってとぼとぼと歩いています。何を見ないようにしていたのでしょうか?


そして、校門前の歩道を子どもと一緒に掃除している先生が、あまりに疲れている様子だったので、「お疲れですか?」と声をかけると「昨日行事があったので、もうへとへとです」と言っていらっしゃいました。それでも、掃除の後は子どもたちを相手に、校庭で遊んでいらっしゃいました。

8時15分になったとき、「もういいですよ。ありがとうございました」と言いながら、校長が校門を半分閉めました。ただそれだけなんですけど、わたしはまだ来る子いるだろうにと、キュンと心がうずきました。それから校長は、校庭に残っている子どもたちに「教室に早く入りなさい」と声をかけていました。  去年もそうだったかな・・・・・

私は先日ゴミ出しに行ったまま手を引いて連れてきた子どものことを校長に聞いてみました。すると校長は「・・・あっ、あの子、大丈夫ですよ。この時間には来ませんけど、元気に登校しています」とおっしゃって、校舎に入って行かれました。

なんだかとっても寂しくなって自転車を押しながら帰宅していると、一人早足で登校する子とすれ違いました。つい、ずっと見送ってしまいました。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月23日 (日) | 編集 |
今日は昨日と打って変わって快晴で、体育祭日和といったところですね。

去年ある高校の体育祭を見学に行った子どもたちは、ことしは引っ越した友人を訪ねて、宮崎に行っています。



あれから1年、彼らも成長しました。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月23日 (日) | 編集 |
熊本は、急に秋めいていますが、ここ1か月台風が何度かそばを通ったり、結構変化の激しい1か月だったような気がします。

国際的にも、国内的にもいろいろ騒がしいですけど、自分の足元に火がつくと、ちょっと世間にうとくなったりしますね。


今雨がしとしと降っていますが、今日の天気予報は、かなり外れた感じです。お天気とは、天の気分のことでしょうかね・・・?

晴ればかりでも困るし、雨ばかりでも困るし、思い通りにならないのがお天気ですね。どんなお天気も受け入れるしかないということなのでしょうか?


自分の力ではどうにもならないことがあります。でも、心が穏やかでないのは、どうにかしたいと思っていることがあるからですかね。諦めていないということなのでしょうか。

だとすれば、心穏やかでないことは、悪いことではないのかもしれません。


今夜から夜が長くなります。おこたが欲しい感じに冷えこみました。
2012年09月20日 (木) | 編集 |
少し冷え込んだせいでしょうか、のどが痛いです。


ところで、
文章というのは、絵と似たところがあるのですね。一部をほんの少し手直ししただけで、全体の統一感がなくなったり、印象が変わったりしますね。うまくいくときもありますが、うまくいかない時の方が多いようなきがします。

よく、子どものぎこちない文章を大人が直して、台無しにすることがありますが、未熟でも、不器用でも、素直で正直な方が、人の心に響くのかもしれません。


細かいことを見過ぎて、全体が見えなくなったり、きれいにし過ぎて力強さがなくなったり、気を使い過ぎて、息苦しくなったり、

そんな試行錯誤も無駄ではないと思いますけど・・・・・。


今日はとにかく風邪を治すことに専念しようかな・・・・・いつのまにか秋になりましした。彼岸花が咲いています。




2012年09月18日 (火) | 編集 |
感謝


今日、思わぬメールが届き、なんだかとっても励まされました。

それでというか、ここ数週間ずっと頭から離れないこの言葉を書いてみました。

離れないというより、見失わないように一生懸命つかんでいるという方が正直な気持ちかもしれません。
2012年09月17日 (月) | 編集 |
パソコンを買いました。娘が手伝ってくれたので、助かりました。どうにかぼちぼち使っています。


昨日、今日と、熊本はお祭りです。昨日夜街を歩いたら、すごい人出で立ち往生してしまいました。

28年前、熊本に引っ越して間もなく、この祭りがありました。子どもたちをつれて見物したのを思い出します。

あの時、今の状態を予測できているはずもなく、しみじみ退屈しない人生だなと、行列が通り過ぎるのを、ぼんやり眺めていました。


でも、人生とはそんなものなのでしょう。どなたも、こなたも、いろんなことにぶち当たりながら生きているのですよね。子どもが不登校になったことで、「なぜうちだけこんなことに」なんて嘆く人がいるけど、もう少し冷静に世間を見た方がいいかもしれません。


一つの出来事でも、見方によって運が悪いとも良いともいえるのです。真逆の評価が下るときがありますよね。
どうせなら前向きにとらえた方がいいのでしょうね。


お陰様で、我が家の子どもたちは親をサポートできるように成長しました。子どもっぽいところも残っていますけど、それは私もそうですから、もう安心してもいいのではないでしょうかね。

ちなみに、二人とも不登校経験者です。なかなか優秀な子どもたちです。私の自慢の子どもたちです。今更ですけど。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月15日 (土) | 編集 |
朝 8時時40分頃、慌ててゴミ出しにいきました。てくてくと坂を下りて小さな●●神社の前のごみ置き場に行ったら、小学生がふらふらと私に近づいてきました。そして、何やら話しかけてきました。

「ゴミ?・・・神社にお参りするんだ」みたいなことを・・・。

ランドセルをしょって、傘を日傘のようにさしています。一年生のようです。学校に向かっている途中みたいですけど、どうも学校に足が向かっていません。

私はその子の後にくっついて、神社の階段を上って、一緒にお参りをしました。

そして「学校行きたくないんじゃない」と言うと、うつむき加減に「宿題忘れたら怒られる」とか、「寂しい」とか言うので、「おばちゃん、一緒にいってやろか?」と聞くと、うんとうなづきました。

私は、「ちょっと待ってて着替えてくるから」と言ったものの、5分もほっとけない気がして、部屋着のままその子と手をつないで学校へ向かいました。

歩きながら、クラスや名前を聞いたら、ちゃんとこたえてくれました。そして、お母さんが病気でお父さんは仕事にでて、一人ぼっちみたいなことを言います。シャツも洗濯されていないみたいでした。

その子と話していたら、歌のように言葉を返すので、「トトロの歌知ってる?」ときいて、一緒に歌いながら歩きました。

「あるこう あるこう わたしはげんき~」

わたしより彼のほうが上手です。そして歌のリズムに合わせて、足取りもがぜん軽くなりました。

幸いすれ違う人もなく、二人で大きな声で歌いました。

無事学校につくと誰も出てきません。下駄箱に靴を入れながら、「送ってくれてありがとうございました。もう大丈夫、一人で行けます」と言って、彼はゆっくり教室へ向かいました。

私は校長先生を訪ね、「●●君が・・・」と言うと、「あぁ、●●君ですね、お母さん調子悪いんですよ」とおっしゃいました。私は。簡単に説明して急いで帰りました。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月13日 (木) | 編集 |
壊れかかったパソコンは、文字変換のスピードが落ちるばかりか、妙なかんじに変換する気がするのですけど・・



過密スケジュールをこなし、休む間もなく別のストレスものしかかっている子が、時々すわったまま居眠りをしたり、早朝に起き出しているのを見ると、ぐっすり寝ればいいのにと思うのですが・・・、

どうも、寝ることもエネルギーがいるようです。


張り詰めた状態、つまり興奮状態が長く続くと、神経が休まらないようなのです。

「神経が休まらない」・・・時々無意識に使う言葉ですが、休めようとしても休まらない・・・その通りのことが起きるのですね。

不登校で学校を休んでいても、なかなか眠れなかったりするのは、「神経が休まらない」状態なのかもしれません。


疲れ過ぎていると、疲れていることさえ認知できなくなるといいますし・・・。

だけど、そういう状態を経験したことのない人は、そのことをなかなか想像できません。だから、いろいろ働きかけてしまいます。

体を休めることも、エネルギーの回復を待たなければできないことなのかもしれないと、疲れきった我が子を見ていてそう思いました。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年09月09日 (日) | 編集 |
人の心は、とても揺れるものですね。「命があればいい」と思っていても、少し元気になりかけて憎まれ口なんかたたかれると、むかっとくることありますよね。

「憎まれ口も、生きていればこそ」と、にっこり笑ったりできないのが、普通なのかもしれません。


お釈迦様やキリストではないのです。それはそれで仕方ないかなと思ったりもしますが、感謝の気持ちをすぐに忘れてしまうのも、ちょっと寂しい気もします。


「揺れるから立っていられる」と、誰かがおっしゃっていましたけど、そうなのかもしれませんね。



ゆーら ゆーらと ゆれて

ゆっくり ゆっくり 前へ進みましょうか

ゆーら ゆーらと ゆれて

誰かに支えられて歩くのも いいかもしれません

ゆーら ゆーらと ゆれながら

しめ過ぎていたねじが

ゆるむのを待つのも いいかもしれません


自分の弱さを知って

自分の愚かさを知って

しばし立ち止るのも いいのかもしれません

きっと誰かが 気づいてくれて

どうしたのですかと

声をかけてくれるでしょう


ゆーら ゆーらと ゆれながら

風に吹かれて 空を見上げているのも

いいかもしれません
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年09月06日 (木) | 編集 |
親が子どものことで学校にクレームをつけるのは、悪いことではないと思います。ある先生が「モンスターペアレント、大好きです」と言われていますしね。


よく「子どもを人質にとられているから、うかつな事は言えない」みたいな言い方しますよね。

言い方、つまりクレームのつけ方は、少し気を使った方がいいかもしれませんけど、あまりにひどい時は、言いますよね。

黙ってばかりでは、こちらの健康によくありません。それでよりひどい状況になるのなら、悪いのは相手方だと思います。こちらから、三行半たたきつけてもいいのでは・・・・・それができればねぇ・・・

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2012年09月04日 (火) | 編集 |
お腹が空くって、素敵なことなんですね。生きる意欲の表れだと感じます。

逆に食べる気がしないとき、そういう時は無理に食べずに、消化のいいものを少し食べればいいのではないでしょうか。

食べれば、消化しなければなりません。あれって意外とエネルギーを使うんですよ。息子は「食べると眠くなる」と言います。なのにいつも食べ過ぎているようです。うかつでしょ?


秋風が吹いているせいでしょうか・・・私も食欲が戻ってきました。
2012年09月03日 (月) | 編集 |
救急車の音が聞こえます。最近よく耳にする気がしますが・・・

ある方がおっしゃっていました。●く●か県の車のマナーが悪いと。救急車が通るので脇に停まったら、後ろからクラクションを鳴らされたそうです。

く●も●県もあまり良くないですね。渋滞も多いし。

普段はゆっくりでいいけど、救急車は急がないといけないのです。


「時間は気にしなくていいよ」とか「急がなくていいですよ」とか言うのは、

急ぐとかえって失敗したり、事故でも起こしそうな時にかける言葉です。


「いいかげんでいいよ」とか、「ゆっくりでいいよ」とかいうのは、
相手がそうできないと知っていて使う言葉ですよね。


相手によって言葉かけは変わって当然です。   


救急車は、一刻を争っていますよ。