FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2013年04月30日 (火) | 編集 |
昨日近所を歩いていたら、見知らぬおじいさんが買い物袋をぶら下げて道端のブロックに座っていらっしゃいました。膝が痛いのかさすっていらっしゃいます。

私が「休憩ですか?」と声をかけると、「休み休みじゃないと・・」と、苦笑いしていらっしゃいました。それで私は「ぼちぼちですねぇ」とにっこり笑って通り過ぎました。

振り返ると、おじいさんはまた歩き出していらっしゃいました。その後ろ姿をしばらく見送って、私はまたテクテク歩き出しました。


しばらく歩くと、今度は中学生らしき女の子二人が、道端の雑草の中を何やら捜しています。「何か捜しているの?」と声をかけると、二人でニッコリ顔を見合わせて、うなづいて、また捜しています。私の幼いころと、あまり変わらない光景だなと思いました。


歩くと、自転車や車では見えないものが見えてきますね。
スポンサーサイト
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月29日 (月) | 編集 |
独りよがりの言葉
そんな言葉しか思いつかなくて
うまく想いを伝えられないことがあります。

言葉は相手に伝わったら役目を終えると
誰かがおっしゃっていましたけど、
私の言葉は役目を果たせず、そこらに散らばっているのかもしれません。

限るある文字を並べて、人は限りない想いを伝えようとするのでしょうけど、
語彙の少ない私には、それがとても難しいのです。


伝わるかな?とばかり気に病んでいたけど、
相手の言葉も受け取れていないかもしれませんね。

独りよがりの私は、そのことにやっと気づき始めました。
やっとです。歳を重ねたおかげでしょうか。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月26日 (金) | 編集 |
150ccほどの水を入れたカップに卵を割り入れ、600wの電子デンジで一分半ほど加熱すると、温泉卵もどきのものが簡単にできるのです。けど、今朝800Wで一分加熱したら、チンとなって、そしてバーンと破裂しちゃいました。
あーあ、やっちゃいました。でも、開ける前でよかった。下手したら顔をやけどしたかもしれませんものね。


そんな一日の始まりでしたけど、午後は40分かけてコーラスの練習に行って、帰りに399円の天丼を食べて、歯医者に行き、夜は区役所に行きました。

私が住んでいるのは熊本市西区の東の端。西区の区役所は意外と遠くて、自転車で30分以上かかりましたかね。

何しに行ったかと言うと、市の教育に関するタウンミーティングで、熊本市の教育の取り組みについての説明をきくためです。

いつもは夜は出にくいのですけど、今日はフリーでしたので、夕焼けに向かって自転車を走らせました。

引っ込み思案なわたくしですが、急に参加できるようになったのには意味があるのかなぁと思って、勇気を出しました。朝の卵のようにバーンと。もうちょっとでやけどするところでした。

詳しいことは省きますけど、大きな収穫がありました。最後に行政サイドの方が「うちの子が不登校だったので思うのですが」と話し出されたのです。

さすが、経験者は理解があります。
「私たちが良かれと思って創った学校でも、システムにあわない子もいるので、そういう場合は、無理に戻さなくてもいいのではないかと思います」というようなことを話されました。

帰りはオレンジ色の満月に向かって走りました。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月25日 (木) | 編集 |
今日は、友達の家のサクランボを見に、自転車を走らせました。熊本でもサクランボなるんですね。

間引きしていないから小粒でしたけど、真っ赤に色づいて可愛かったです。

サクランボは実がぶら下がっていると思っていましたけど、本当に真っ赤に熟すとピンと上を向くそうです。小鳥たちに「この実を食べて」と実をもたげるのでしょうね。サクランボの心はどこにあるのですか ね?

考えたり工夫したりするのは、動物だけではないのですね。植物も、とてもしたたかに命を繋げようとしている。

いのちってどこからわいてきたのかと、とても不思議。

       さくらんぼの木

黄色いさくらんぼ           赤いさくらんぼ


黄色いサクランボは、初恋の味? (ピンボケは大目に見てください)
2013年04月24日 (水) | 編集 |
太陽と月と星と私


テーマ:お絵描き教室
ジャンル:学校・教育
2013年04月23日 (火) | 編集 |
赤ちゃんや幼児と遊ぶのは、わりと楽です。多分、私の精神年齢が近いから?そうでしょうね。私は彼らの言葉が分かります。少なくとも、大人といるよりは楽です。

今日は、十人ほどのお友達ができました。友達に付き添ってきたお母さんたちも、とても感じのいい方たちばかりでした。この国の未来は、捨てたものではないかもしれません。そうありたいものです。


ふくふくのほっぺを見れば、ちょっと触ってみたくなります。

トントントンと音をたてれば、真似してトントントン。

先月まで何もしゃべらなかった子が「こんにちは」。

だからこちらもついついニッコリ。

理屈じゃないのです。


2013年04月21日 (日) | 編集 |
雨上がりの日曜の朝 59才の女は

軍手をはめ 剪定ばさみを持ち

荒れ果てた庭に出た

季節の光に 逆らうことなく伸びた草木を

容赦なく切り 引き抜き 土に返すため


雨上がりの日曜の朝 59才の女は 

墓参りの家族に あいさつをし

近所の口うるさいおばさんにも 会釈して

珍しく 道端の落ち葉をかきあつめる


昨日は一日寝て過ごしたのに

雨上がりの日曜の朝 何故か嬉しそうに働いている

59才の女の耳には

若いころ聞いた歌や 今流行りの歌が交互に鳴り響き

季節外れの冷ややかな風を 心地よいと感じながら

生かされている いのちの不思議を想いながら

逞しく伸びる草木を 引き抜いている 
テーマ:生きる力
ジャンル:学校・教育
2013年04月20日 (土) | 編集 |
昨夜の探偵ナイトスクープには驚きました。ご覧になった方も多いかもしれませんね。

依頼は18才の少年で「父親が母親に話しかけるところを見たことがないので、なんとかして欲しい」というものでした。

探偵さんの取材で、この少年の姉たちも物心ついたころから両親が語り合っているのを見たことがないと分かりました。つまりこのお父さんは約23年間、妻とは話していないのです。びっくりでしょう!?私もかつてないほどの驚きです。

これだけ聞くと、なんてひどい父親と思うじゃないですか。だけど、探偵さんが本人に確かめると、原因は「ヒガミ」だったのです。子どもが出来てから、妻を子どもにとられたような気持になって、二人目の子どもが生まれたころから、このお父さんはお母さんに話しかけなくなったそうです。それがずーっとずっーと続いていて、10年くらい前からは、お父さんはどうにかしてお母さんとしゃべりたいと思っていたそうです。

分かってみれば、なんとも微笑ましいというか可愛いというか情けないというか・・・。お父さんは、お母さんが大好きだったんですよ。

お母さんというと、お父さんに話しかけているのです、隠し撮りを見る限り、とても穏やかに。とても変な関係ですけど、これをずっと続けていたのがねぇ・・・・。


不登校の親の会でも、息子が母親としゃべらなくなったというケースがありました。とても仲のいい親子だったそうですけど、何年も話さない状態が続いたとか。子どもが不登校でなくなって元気になった後も続いていたので、不思議だなと思っていましたが、上には上がいるものだなぁと、変に感動しました。


だけど、日常の積み重ねって、変な思い込みでとても損をしていることってありますねぇ。そんな時は、第三者の介入や外からの衝撃が必要なのかもしれませんね。

(うちの場合は交通事故でしたかね)


まぁこの家族は、末っ子の勇気で長い長いときの壁が壊されたって感じでしたけど、お父さんがやっとの思いでお母さんに話しかけたときは、家族も探偵さんも皆泣いてましたよ。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年04月18日 (木) | 編集 |
すがすがしい
きせつ

すてきな
きもの

すんだ
きもちと

すみれや
ききょう

それに

すっきりめざめた
きもちのいいあさ

すいきょうなうたと
きれのいいリズム

すばらしいゆめと
きらめくひとみ

そして

すみきった
きよらかなこころと

すべてをつつみこむ
きみのえがおと






2013年04月18日 (木) | 編集 |
とても辛いことも、見方を変えるとずいぶん楽に思えるときがあります。

年齢を重ねたせいか、いえおかげと言うべきでしょうけど、若い頃より切り替えができるようになりました。だてに年取ったわけではありません。

だって、とっくにおまけのような人生ですから・・・。

私の姉は、私の今の歳で亡くなっています。中学三年の時は健康優良児だったんですよ。それが働き過ぎだと思いますけど、八十過ぎのおばあさんのように背中は曲がって、身長も10センチ近く縮んでしまって、何錠も薬を飲んでいました。検査のために病院に入院して初めて仕事から離れたら、急に死んでしまいました。

原因ははっきりしていませんけど、素人考えでは、急に何もしなくなったのがいけなかったんじゃないでしょうかね。経済的には少しも困ることのない環境だったのに、とても勤勉で一人で抱え込む性格でしたから・・・。不幸だったわけではないのでしょうけど。


不登校VOICE としては、疲たら休まなきゃいけない、疲れすぎないうちに休んだ方がいいですよと言いたいわけです。
まさに「休むのも勇気」ですよ。

こんなこと書くつもりではなかったのですけど・・・・・。




2013年04月16日 (火) | 編集 |
ストレスの症状って、いろいろな現れ方をします。

吹き出物が多くなったり
お腹や頭がいたくなったり
髪の毛がぬけたり白くなったり
背が縮んだり

抵抗力が弱くなってヘルペスにかかったり
喘息が出たり
関節が痛たくなったり
手に汗をかいたり
手の皮がむけたり

あるいは
耳が聞こえなくなったり
目が見えなくなったり
声がでなくなったり
全く動けなくなったり

そして、記憶を失ったり・・・・・


私の身近で、そのほとんどが現実です。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月15日 (月) | 編集 |
スーパーにツバメが迷い込んだのか、高い看板の上にちょんと止まっていました。

帰りがけにも同じところにいました。

どうしたのかなと気になって少し眺めていたけど、自動ドアが開くと少し飛び回っていました。

でも出たいのか出たくないのか分からない。

巣があるようでもないけどなぁ・・・

だけどどぶ川の近く、餌になりそうなものはたくさん飛んでいます。

うまく出入りできれば安全な場所なのかな?


そんなことを考えながら、スーパーを後にしました。
2013年04月14日 (日) | 編集 |
今日河原町に行ったら、素敵なライブに出くわしました。

いつもは青年?が一人、マイペースでギター片手に自分の歌を歌っていたりするのですけど、今日は可愛い姉妹の歌声が響き、20名ほどの人が立ち止まって聴いていました。そしてその後小さい兄弟も加わって、ダンスを披露していました。伴奏はお母さんです。プロ顔負け。・・・と思ったら、一家で劇団をやっているとのことでした。
高、中、小、4歳 の 爽やかに元気いっぱいの姉妹兄弟です。

河原町ライブ姉妹兄弟

演奏が終わると雨が降り出し、やがて雷雨となり、私は美味しいもなか屋さんでアイス最中をほうばりながら雨宿り。

春は空も荒れ模様、ちょっと油断できませんね。少し濡れながら帰りました。
2013年04月13日 (土) | 編集 |
学校に行くのが当たり前という価値観の中で、「休むのも勇気」と言ってくださる学校なんて、めったにあるものではありませんし、親もなかなかそういう気持ちにはなれません。ましてや、子ども自身もそんな価値観は持ち合わせていないでしょう。

ケセラセラとかいう歌がありますけど、あういう気持ちになれたら楽かもしれませんね。「なるようになるさ」と歌っているうちに、緊張もほぐれてなんとかなっていくのかもしれません。

「あなたの息子を信じなさい」なんて歌もありましたね。ちょっと古いですけど・・・・。

実は私も緊張するたちなのですが、最近はこの性格も悪くないかなぁと思っています。とはいっても もうすぐ還暦ですから、呑気な話ですね。


今夜も冷えます。・・・・・。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月10日 (水) | 編集 |
今日は小学校の入学式だったようです。以前うちの子たちが通っていた小学校の前を自転車で通りました。懐かしい校門で記念撮影をしている家族をみかけました。

お母さんは和服を着て、とても晴れやかでかしこまった感じ。子どもはと見ると、ちょと緊張気味でした。桜も散ってしまって、とても寒かったせいかな・・・・・。


初めて我が子が小学校に入学したころ、私もまだ若かったなぁ。熊本市内で、新居に引っ越したばかりで、友達もいなかったから、緊張していたはず。

そう、幼稚園からの友達がいない学校だったのです。そのことに今頃気づくなんて、うかつすぎる親ですね。私自身は、高校卒業するまで引っ越しはしたことなかったのに、我が子の環境は、激変続きだったかもしれません。申し訳ない。今さらですが、苦労かけました。

人生は短いようでも、いろんなことがあります。これからも、何が起こるか分かりません。いつ、どんな形で終わるのか分からないけど、なるべく素直に自分を表現しながら、一日一日大事に生きていくことにします。

愛おしいときが、一日一日増えていくような感じで・・・・・。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月10日 (水) | 編集 |
捨てる神あれば 拾う神あり とか言いますよね。 (捨てるとか拾うとか失礼な表現かもしれませんが)


熊本県の北の端でいい動きがあったようです。「超多忙な先生」は、なかなかゆっくりできそうもありません。

・・・複雑な気持ちですけど、仕方ないのかな・・・


私は、忙しすぎるのはとてもよくないと言っている手前、手放しでは喜べないのですが、「使命」だと感じて動いていらっしゃる先生を、誰も止められないのかもしれません。

どなたのことか分からない方もいらっしゃると思いますが、カテゴリーを見ていただけば、すぐわかります。
2013年04月08日 (月) | 編集 |
ガッカリです。

新年度になると、先生方の移動もあり、公立の学校は良くも悪くも少し変わります。それは知っていたのですけど、前年度に計画されていたある講演が、無しになるなんて・・・。

熊本のある学校が、いじめ対策の一環で、生徒向けの講演にとても素敵な講師を決めていたのです。その方は超多忙で、スケジュウルを押えるのも大変なのに日程も決まっていました。そんなまたとないチャンスを新年度早々、担当者が代ったとかで、理由は告げずに断ってきたそうです。そんなのありですかね。もういろんな意味でガッカリです。


生徒たちのことを中心に考えれば、これほどの適任者はいないと思うのですけど、あまりにも次元が違うと感じられたのかなぁ~。・・・・・分かりません。理由を告げないなんて、頼んでおいて失礼ですよね。

熊本の教育改革にとって、いい足がかりになると思ったのですけど・・・


これって前向きに考えれば、この超多忙な先生に対して「この日は講演が入っていたつもりで、ゆっくりしてください!!」ということなのかな??



テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月06日 (土) | 編集 |
今日は一日雨だそうですけど、早朝に起きて二度寝したせいもあって、頭がとても重いです。


ところで、先日中高年の女性たちの宴でのことですが・・・。

ある女性が
「夫が家にいると、テレビを見てばかりでいて、ごろんと横になったまま、私が観ていてもかってにチャンネルを変えるの。全く私を無視なの。人権無視よね。でも、私そのことを兄姉に指摘されるまで気づかなくて、夫なんてそんなものだと思い込んでいたんだけど、気が付いたら腹が立って腹が立って、この前、初めて激しく泣きながら夫に抗議したら、夫はきょとんとしてるの。そして『お前、ここに座って好きなの観たら』というのよ」と少し興奮して言うのです。

そしたら、それを聞いていた数人の奥さんたちが「うちもそうよ!」と力強くうなづいていらっしゃいました。みなさん50過ぎの方々ばかりですが、この世代は男尊女卑世代なのでしょうかね。でも、勇気を出して言ってみるものですね。男の人は、全く気付いていないことがあるようです。セクハラだとか、パワハラなどは、する側は気が付かないことが多いのかもしれません。いえ、気づかないからできるのかもしれませんね。


「勇気」がなかなかねぇ・・・。何事も我慢し過ぎるのはよくないのでしょうね。しっかり気持ちを伝えられるといいけど。年齢を重ねると、面倒にもなります。


ふと気づきまししたけど、不登校の子どもたちは、自分らしくありたいというか、人権に対する無意識の想いを爆発させているのかもしれませんね。勇気を振り絞っているのかもしれません。勇気ある行動だと言えるのではないでしょうか。孤独な戦いにさせないように、応援が必要ですね。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年04月04日 (木) | 編集 |
ある方から「久しぶりですけど、ブログはよく読んでいますよ」と言われたり、ある方からは「ブログのあの写真、癒されました」と言われたり、今日は冷や汗の一日でした。

残念ながら、冷や汗は、そんな有り難い言葉だけに反応して出たのではありません。とても憂鬱になる熊本の特徴の実態を教えていただいたことも原因です。ここ熊本ではよく聞く話ではあるのですけど、想像以上に根深い特徴だということです。それはつまり、この熊本市の中でしか通用しないことなのですけど、出身高校がとても重要視されているということです。

他県から移り住んだ私にはピンと来ない話ですが、申し訳ないけど、器が小さいという印象です。申し訳ないけど、異常じゃないでしょうか。申し訳ないけど、うんざりです。


だけど、私は熊本にけっこう長く住んでいて、ここが嫌いではありません。夏の暑さ、冬の寒さ、けっこう過酷ですけど、緑は多いし、水はとても美味しいですし、仲間もいますから。住めば都という感じなのですけど、このままではダメでしょ。・・・私こんなことここに書いていいのでしょうかね。ちょっと怖い気もしますけど、大した力はないから大丈夫かな?




熊本は好きだけど、この特徴は好きになれません。もっと柔軟な頭でいたいです。そのためには血の巡りをよくすることが大事。だからというわけではありませんが、今日も街から歩いて帰りました。花みずきもきれいでしたけど、はぜの若葉がとてもきれいでしたので、撮ってみました・・・・・。
雑念が多くて、変なものが写りこんでいますね。こわいですね~。

ハゼと私の影
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月03日 (水) | 編集 |
今日はラッキーでした。久しぶりに「私の恋人」に遭いました。

彼は、遠くから私に気づいて手をあげてくれました。彼の車いすを押している彼のお母さんも、私に気づいてニッコリ笑ってくれました。

彼は腕に張られた小さな絆創膏を指さして私に何か知らせようとしています。何か検査をしたようでした。お母さんが「注射の跡」と言って教えてくれました。

それだけで別れてしまったけど、今日はラッキーでした。彼に会うと、いつも笑顔になれます。


それにしても、いつもと違うキャップを深々とかぶっていたのに、どうしてすぐ私だと分かるんですかね。

2013年04月02日 (火) | 編集 |
「しらざぁ いってきかせやしょう」 昨日、このタイトルの絵本を見つけました。

これは弁天小僧菊之助 という 泥棒の台詞ですよね。私、この台詞で見えを切る役者の姿が目に焼き付いています。かっこよくて、とてもきれいでした。幼いころに観たのです。

何歳の時観たのか、色鮮やかな印象でしたから、舞台を見たのでしょうね。その辺のことはあまりよく覚えていません。とにかくかっこよかった。

意味はあまりわからないのに、感動したのは覚えているんですよ。


歌舞伎、内容はよく分からなくても、その動きにはワクワクさせられます。一度はご覧になるといいですよ。

子どもの心をとらえるものは一流です。

一流でないと、子どもの心はとらえられないのかもしれません。

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年04月01日 (月) | 編集 |
四月になりましたね。

耳寄りな情報です。ある地方都市の教育行政が様変わりするそうです。教育の予算を大幅に増やして、20人クラスを実現するそうです。びっくり? そして、学校を地域へ解放し、地域の人を巻き込みながら、一体となって子どもたちを見守るような仕組みにするそうです。

あいさつ運動や、よい子にするためのスローガンをかかげるのではなく、大らかな環境を整えていこうという姿勢で臨むそうです。

子どもをどうにかしようというより、大人がまず謙虚に、子どもと共に学べることに感謝して、子ども一人一人に丁寧に向かいあう心意気で教育に携わるそうですよ。

なんてったって 4月1日ですから・・・・・

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育