FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2013年05月31日 (金) | 編集 |
まわりから

みなとちがうと

むしされて 

めいわくがられ

もてあまされて 
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月30日 (木) | 編集 |
今日数年ぶりに病院に行きました。月曜から咳が出て、風邪みたいなんです。三日後が合唱祭なので、治るのを待っていられなくて行ったのですけど・・・。

お医者さんは、私と向き合うより、パソコンと向き合っている方が長くて、聴診器をあてることもなく、のどを見て、のどに薬を塗っただけで、あとはパソコンに入力しながら、少し質問をされるだけでした。

症状に関しては、事前に受付でアンケート用紙に書き込んで、それについて看護士さんが少し確認にされたくらいで、血圧も看護士さんが測ってくださいました。


私は、お医者さんに「パソコン大変ですね」と声をかけました。そしたら「これがないと仕事にならないんです」と、パソコンに私の症状などを入力しながらおっしゃいました。

仕事にならない?どういう意味なのでしょうか・・・。パソコンがないと患者を治せない!?
そんなバカな・・ね。

私は診察室を出るとき、「ありがとうございました」と言って「慣れると(入力)速くなりますよ」とお医者さんに声をかけました。そしたら私をチラッと見て照れたような顔をされました。


あぁ、パソコンに悪戦苦闘のお医者さんは癒せたかもしれないけど、私の方は薬も飲んで安静にしているけど、まだ効果はでてません。

お医者さんは、本当に「仕事」をしてくださったのですかね。もう少し様子を見てみましょう。
2013年05月29日 (水) | 編集 |
今日、認知症予防の講演を聞いたのですけど、とても分かりやすく、楽しい講演でした。

印象に残ったことを少し紹介します。不登校と関係ないようですけど、とても共通するものがありました。

「できない事をなげくのではなくて、出来ることを認めて、それをしてもらう」
「できなくなっていくことを数えるのではなくて、まだできることに注目する」・・・ね、とても共通しているでしょう?


それから別の話ですけど、ある精神科の先生が言われたそうですけど
「親は、子どもの様子が悪くなった時のことはよく話されるけど、むしろ、どういう対応をした時に元気になったかを気にかけるようになるといい」みたいな・・・。


これも共通するところがあるでしょう?


これらを、私自身のことにあてはめて考えてみると・・・・・。あーぁ、実践は難しいかもしれませんね。どうして人は、いえ、私は、このことが難しいのでしょうかね。自信がないからかしら・・・。

自分のことを好きでないと、人に優しくできませんね。いえいえ、人に優しくしていれば、自分を好きになるのかも・・・。


まぁ、そんな感じかな。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月28日 (火) | 編集 |
はみだして

ひびたたかいの

ふとうこう

へんなこどもと  

ほめるひとなく 
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月26日 (日) | 編集 |
なにしても
 
にっちもさっちも

ぬけでない
 
ねむりもみだれ
 
のろわれたこか
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月26日 (日) | 編集 |
今朝は爆竹の音で目が覚めました。6時でした。ご近所の小学校の運動会開催の合図です。

私は昨夜の僅かなビールと美しい満月のおかげで、ぐっすり眠れたので、心地よい目覚めでした。

せっかくなので、小学校に行ってみたのですけど・・・


地域の方々が大きな荷物を抱えて、家族総出で小学校に向かっていらっしゃいます。この家にこんな小さな子もいたのかなと驚きながら、いつもの朝とはまるて違う人の流れの中、小学校に着きました。

8時半からの開会式、心躍るような素晴らしい行進曲から始まって、国旗や校旗、優勝旗、そして、子どもたちや地域の方々の入場行進。

バラバラっとした自由な感じの行進ぶりに少しホッとしたのですけど、五月晴れの青空の下、30分間の開会のセレモニーの最中、4人の子どもたちが介護用のテントに連れて行かれたのには、ちょっと驚きました。

殆ど一クラスで一学年という学校です。暑いとはいっても、短時間でバテル子が少し多くないですかね。


私も少々寝不足気味なのと期限が迫っている仕事のこともあり、バテル前に早々に帰りました。


テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月26日 (日) | 編集 |
たえにたえ

ちをはうように 

つかれはて

てにあせかいて

とうこうすべき?
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月24日 (金) | 編集 |
さとしたり 

しったげきれい 

すくわれぬ

せいきゅうすぎ

そっとしといて!!
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月23日 (木) | 編集 |
かけまわる

きょうしのめには

くのうする

けなげなこらの

こころうつらず
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月22日 (水) | 編集 |
あんなにも

いきいきしてた

うちのこが

えがおもきえて

おどおどしてる
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月21日 (火) | 編集 |
私が所属している団体の企画です。チラシから

17周年記念シンポジウム  登校拒否・不登校に学ぶ フレンズネットワーク くまも

不登校と私と未来
─ 経験を通して見えてくるもの ─


と き ●2013. 6月16日 (日) 受付午後1時 1時半~4時
(※総会は午前11時~)

ところ ● くまもと県民交流館 パレア 会議室1
鶴屋東館9階 水道町下車すぐ
参加費 ● 一人 1000円 (18才以下無料)


■学校へ行けなくなると未来がないように言われることがありますが、そんなことはないのです。
逆に、不登校にならなければ明るい未来が約束されているかというと、そんなこともないのです。
不登校になった経験を持つ人や、子の不登校で辛い思いをした人の貴重な体験を聴いて、
分かったこと、分からないことなど出し合って、不登校への理解を深めようと企画しました。
肩の力を抜いてみんなで交流できる場にできればと思います。
ゆるっとした司会で進めますので、子どもたちの未来のためにも気楽に参加してください。
お待ちしています。


※フレンズネットワークの総会は午前 11 時から(受付10 時半)同じ場所です。どなたでも参加できます。
●問合せ⇒ 096-345-8847(フレンズ専用)

主催/登校拒否・不登校に学ぶ フレンズネットワーク くまもと
後援/熊本県教育委員会 ・ 熊本市教育委員会 
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月20日 (月) | 編集 |
今日は友達に誘われてプールに行きました。かなり久しぶりに水着を着ました。・・・着られるのかと心配しましたけど、大丈夫でした。


確かフリースペースの少年たちと海に行ったとき、責任上海に一緒に入るために買った水着でしたので、6年くらい前に着た水着です。懐かしいなぁ。


私は25年くらい前に泳げるようになって、その頃は1000メートル位泳いでいましたけど、今日は1時間水中を歩いたりしただけで、帰ってからお昼寝しちゃいました。それでも大したものでしょ?やっと重い腰を上げたのですから。これからは定期的にプールへ行こうかと思います。



2013年05月19日 (日) | 編集 |
130517_134928_ed (1) 130517_135115_ed.jpg

先日行った阿蘇のバラ園、とてもいい香りでした。

130517_135630_ed.jpg 130517_140712_ed.jpg
2013年05月18日 (土) | 編集 |
大吉のごりやくは、このブログを読んだ方にあるようですね。

本当に子どもたちは、けなげに毎日頑張っています。


「バカでも、アホでも、頑張りたい愛されたい」というタイトルのブログを見つけました。なんて素直なタイトルでしょうか。みんなそう思っているのではないでしょうかね。

私も実はそう思っています。こんな変人でも愛されたいのです。 へ-へ:


親は子を愛していると思っています。実際愛しているのでしょうけど、それが子に伝わっていないことがあります。思っているだけでは不十分なのですよね。愛していることが伝わらなければ、子どもは安心しません。
言葉を使って伝えなければ伝わらないこともあります。


先日観た映画「舟を編む」でそんなこと言っていましたね。

この映画、たまたま観たのですけど、大好きなオダギリジョーが出ていたからというわけではありませんが、面白かったです。

テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2013年05月17日 (金) | 編集 |
今日は、阿蘇方面に行く用事があって、帰りに阿蘇神社に寄りました。せっかくだからとおみくじを買ったら、私としては珍しく大吉でした。

そして、「願い事は、やがて叶う」と書いてありました。やったね。だとすれば、この世は平和になります。

きっとそうなるでしょう。でも、やがてとは、どのくらい先のことかしら?


さらに素晴らしいことに、「若返りの水」を飲みました、たっぷり。だから、すごいですよ、気持ちは思春期みたいです。揺れ動いています。言い方を変えれば不安定です。


実は、去年水害にあったある地域に行ったのですが、山には生々しい傷が幾筋もありましたが、町並みは、泥水に浸かった痕跡はなく、新しい外装などが目立っていました。また水害に遭わなければいいのですけど・・・。大吉のご利益がありますかね?





2013年05月16日 (木) | 編集 |
小さな命が いちずな光を放っている

わずかな かぼそい光でも

誰かの目にとまることを願っている


同じ時を生きる者たちに届かなくても

無数の星のまたたきのように

何光年も先の誰かに届くかもしれない


いちずに光る その小さな輝きは

闇をそっと優しく照らすようで

傷ついた人の心を温かく包み込むようで


このままにしておくには もったいなくて

小さな命の無限の力を信じる変わり者は

そっと見守ることしかできないけど

ときには母のように ときには友のように

テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月14日 (火) | 編集 |
あるお坊さんが言われたのですけど、「であい」の
では、「でたらめ」の「で」
あは、「あきらめ」の「あ」
いは、「いいかげん」の「い」
だそうです。

でたらめでいい、あきらめたがいい、いいかげんでいい、みたいなことですけど、

本当は、もっと深い話を詳しくされたのですけど、省略しようかな・・・・


(仏教の教えまで覚えていないので。)
ちなみに「でたらめ」は、さいころをふって出た目 が語源だそうです。
2013年05月13日 (月) | 編集 |
私が通っていた〇園中学校は、かつてモデル校として花々しくデビューしたそうです。それが私が還暦を迎えようとするころに、約55年?の歴史に幕を閉じました。

誰もいない校舎や運動場・・・校門の近くには「〇園精神ここにあり」とか書かれた立派な石碑が立っていました。

「〇園精神」って何だったのですかね。優秀で教育熱心な教師が送り込まれ、一番をめざして歩きだし、10年近く経って私が通う頃も、学業や部活が盛んで、他校との乱闘騒ぎもあり、それから20年過ぎる頃には学級崩壊も経験し、逞しく伝統を守ってきたのに、少子化の波には勝てなかったというわけでしょうか。


私が、朝食もとらず必死に通った中学校です。

風紀委員が、クラスを取り締まっていた中学校です。

1年の時は大嫌いだったある男子を、3年の時にはいい人だなと憧れるようになった中学校です。

卒業式の日には、担任の先生が「もうこのメンバーが全員そろうことは2度とないだろうと」と別れを惜しまれ、

数か月後 クラスメイトが他界し、この言葉が忘れられない言葉になってしまった中学校です。

そんな中学校が、今は空っぽになっています。


時は流れて行きます。じっと部屋にいても、じたばた外を動きまわっても、景色は少しずつ変わっていきます。

わたしの一人の事情には関係なく、時は流れていきます。

だけど、不思議な「であい」が、「わたしのとき」を特別なものにしてくれているようです。

確かに私はあの時を生き、そして今この時を過ごしているのだと、

かつて通った中学校の前を歩きながら、

海風を肌に感じながら、

懐かしい声を聴きながら、

しみじみと確かめるように、確かめるように、

時の流れを噛みしめています。




テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2013年05月11日 (土) | 編集 |
明日いえ正確には今日、里に帰るのですけど、私が通った小学校も中学校も、もうありません。・・・こんなふうに学校に思い出があるだけでも、幸運なのでしようけどね。

生まれた家もありませんし、とくだん帰りたいと思うわけでもないけど、あの海と山に囲まれた景色は、やっぱり懐かしいですねぇ。

何のかんのと言っても、離れてみて分かることも多いですよね。


私の故郷は、恵まれた地形のせいでか、いつまでたっても基地の街です。リアス式海岸や大小の島々は、とても美しいのですけど、灰色の大きな船は、おしゃれではありません。


だけど、やっぱり心惹かれるものがあるので、何日も前から少しそわそわしています。
2013年05月09日 (木) | 編集 |
今日救急車や消防車をみてきたのですけど・・・・・・

熊本市の救急病院に精神科がないらしいのです。事故でも、事件でも、病気でも、非日常的なことでパニックになったりしたら、心のケアは絶対必要ではありませんか?

それなのに、救急病院に精神科がないなんておかしいですよね。ある人は、リストカットで救急車で運ばれて「こんなことしていいと思ってるの」みたいに怒られたそうです。そんな風に言われても、リストカットしなくなるわけじゃないでしょうに・・・。


それかから、ある精神科の病院は一年半待ちだそうです。そう告げるのがとても心苦しいとおっしゃっていました。

それはそうですよね。一年半・・・私ならとても待てません。一月半でも待てそうもないです。
2013年05月07日 (火) | 編集 |
昨日、リンカーンという映画を観に行きました。そしたら意外と人が多くて、ビックリしました。

館内が暖かく、恥ずかしいので大きい声では言えないのですが、映画が始まるとすぐウトウトとしてしまって、途切れ途切れにしか観ていないのです。・・・・・・

でも、後半はしっかり観ましたよ。


どんな肌の色でも“いのち”に違いはないと思うのですけど「当然の権利」を手にするのに、とても大きなエネルギーや犠牲がいるのですね。何故そんなになるのかと思うけど・・・・・。人間社会はそんなものなのかもしれません。


それとは別に、夜にテレビで、地熱で卵をふかさせる鳥(鶏の大きさ)を見ました。親たちは穴を掘って、卵を産んで、土を十センチ位かけるだけですって。そうすると、鶏の五倍くらいの大きさの卵から羽も生えそろった子が生まれ、その日から自力で生きていくそうです。
とてもビックリしました。そんな動物がいるのですね。本当に親は何もしないのでしょうか?・・・私はまだ信じられません。

だとすると、必要なのは「ぬくもり」ということですかね。
“いのち”は不思議です。環境に適応して命を繋いでいこうとするのが“いきものたち”の大原則なのでしょうね。

生き物全体がそうやっているのだから、人間もきっとそうなのでしょうけど・・・。


2013年05月04日 (土) | 編集 |
夜に爪を切ってはいけないとか、昔の人が言っていたと思うのですけど、真夜中に髪の毛を切るのもよくないですね。

昨夜急に思い立って、深夜一時過ぎに髪を切ったのですけど、ちょっと短く切り過ぎちゃいました。

・・・尼さんになる気はないのですけどね・・・。


でも、まぁ誰にも笑われることなく山鹿まで行って帰ってきましたので、そこそこの仕上がりではないでしょうか。

山鹿ではちょっとしたイベントがあっていて、息子がワークショップをしているのもあって行ったのですけど、時間が戻っていくような不思議な展示がありましたよ。

薄暗い蔵の中央に飾られた柱時計がチクタクチクタクチクタクと、時を刻み、古い蔵の壁に古い写真がゆっくりアップになるように写しだされ、天井からつるされた大小のパネルが、写真を切り取って前に押し出してくるようで、うまく説明できませんけど、そこにじっと座って眺めていると、
とても切なくもあり、心地よくもあり、
過ぎた日々を懐かしむようでもあり、
世知辛い世の中を忘れさせてくれるようでもあり、
時が戻って若返っていくようでもあり・・・ふしぎな空間でした。
2013年05月02日 (木) | 編集 |
「みせしめ」とは、それにこりて、本人あるいは他の人が同じような悪いことをしないように厳しく罰して見せること。こらしめ。
と辞書にありますけど、いやなことばですね。

ある教員が「これはみせしめだ」と生徒に言ったそうです。しかし、何の疑問も持たずこの言葉を使う人を私は教師とは認めません。(私が認めなくても世間は認めているようですけどね)

だけど、けっこうこの指導(?)の仕方が、日常的だったりするのですよね。こういう話を聞くと、「教育は犯罪だ」とある著名人が講演の中で言われたのを思い出します。

その時会場からは、冗談を聞いた時のような笑いが起こりました。私は少しも笑えませんでしたけど・・・・・。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育