FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2014年02月28日 (金) | 編集 |
おいしいものを食べた後は、幸せです。しかもほかの人が作ってくれたものなら、尚更です。片づけもしないでいいし。

ここ数日、贅沢な日々を過ごしてしまいました。

それにしても、いつか食べたあの〇〇ト〇〇〇、美味しかったなぁ。優しさと力強さがギュッと詰め込まれている感じで、佐世保のブルースカイのハンバーガーを超える美味しさだった。

それから、今はもうない喫茶エデンのミルクセーキ!!

どれも、楽しい思い出とセットだからなぁ。

今は河原町のギンギラ食堂のランチ。いつか私の中で楽しい思い出とセットで思い出すことでしょう。

楽しい食事って いいですねぇ。



スポンサーサイト



2014年02月25日 (火) | 編集 |
以前 私は教育委員会とはもっと大人数の組織で、常に役所に席があるもだと想像していましたけど、違うみたいですね。

でも、そのメンバーが全員男性でなければいけないとは思い込んでいませんでしたよ。

だけど、先日公共的なあるテレビ局で、「教育委員会」を説明するのに、その委員たちの姿が、すべてスーツ姿の男性だったのにはビックリしました。

まだまだ日本はそんな意識の中にどっぷり浸かっているのでしょうかね。

恥ずかしながら、我が家でも「大の男が」とか「女のくせに」とか差別的な言葉が飛んでいます。

男性と女性は、確かに違いますよね。最近つくづく感じていますけど、だからこそ一方に偏らない方がいいのではないでしょうかね。お互いの欠けているところを補えるわけですよ。

それにしても、教育委員会の改革案を練っている人たちも、そのほとんどが男性ではなかったですか?・・・気になりますね。・・・


2014年02月23日 (日) | 編集 |
人は助け合った方が、生きやすいのは確かですね。人には得手不得手があるのですから。

もし、全ての人が人の手を借りずに生きていけたら、言葉もいらないし、愛もいらないかもしれませんね。


幸い私は、できないことが多いです。だから誰かを頼りますし、大事にしようとするのかもしれませんね。

いい感じですよ、無能な自分も。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2014年02月19日 (水) | 編集 |
学習支援センターは公立・私立を問わず

 1 学校へ行きたい、でも行くのがつらいと感じている人
 2 進級や卒業のことで悩み、退学や進路変更を考えている人
 3 他の高校への転校や編入学を考えているが、どうしたらよいか分からない人
 4 一度退学をしてしまったけど、もう一度高校の勉強にチャレンジしたい人

など、もう少し頑張ってみようかなって思う人を応援する
とこだそうです。



全国で初めて、2007年4月にできたそうですよ。今まで知らなかったです。すごいですね。できるまでは大変だったそうですけど、他県でもやれるかも・・・。
2014年02月17日 (月) | 編集 |
16日は、私にとっては想定外にとても素敵な一日でした。もう深夜ですけど、興奮が冷めないうちがいいかと思って・・・

齋藤眞人氏の講演に多くの方が感動されていたのはもちろんですが、行政との橋渡しが少しできので、とても嬉しかったです。

それから、ある少年の体験談が聴けたこと。ある意味 先生のお話を超える感じで、素晴らしかった。



それから、別の意味でびっくりする発見がありました。それに関しては怒りが伴うので、冷静になるのを待ちます。

とにかく忘れられない日になりました。
2014年02月15日 (土) | 編集 |
いよいよ明日ですね。あっ 玉名の九州看護福祉大学での斉藤先生の講演ですよ。

最近、すごく寒くて天候が心配されましたけど、やっぱり晴れますよ。まずまずのマラソン日和ではなくて、講演会日和です。

参加者も徐々に増えています。交通規制にぶつからないよう行かれてください。

実は私パソコンを修理に出して帰ってきたのですけど、無知なので悪戦苦闘。とても不安です。・・・(
(なんでかってに字が小さくなるのかな?・・・どこか触っているみたい。)
2014年02月11日 (火) | 編集 |
昨日だったか、日本のここ55年を振り返る池上さんの番組があっていたのですけど、私は知らないことが多くて、とても勉強になりましたが、教育に関して次のようなことが話されました。


歴史を振り返ると、詰め込み教育 から 校内暴力が増え それを押さえこんで いじめが増え 不登校が増えてきたと見られる。今度「ゆとり教育」をやめたことで、また詰め込みをやって逆戻りしてしまったら、同じことを繰り返すのではないか。というようなことを出演者らが語っていました。

行政が行った「ゆとり教育」が「本当のゆとり」であったかは疑問ですけど、詰め込み教育や学歴偏重など過度なストレスがいろいろな弊害を生んでいるのは、明らかだと思います。

ストレスはあっていいと思いますが、過度であったり、ストレスを解消する「ゆとり」がないことがよくないのであって、その「困難」と向き合い、改善していく政策を、行政にはとって欲しいのです。

ちょっと生意気ですけど「歴史に学んでよね!!!」と、色んな意味で言いたいです。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2014年02月07日 (金) | 編集 |
熊本は昨日、今日と、冷たい雨が降っています。この寒さはいつまで続くのでしようか。

でも、近所の梅の花は咲いていますし、猫たちは暖かくなった時に子育てが出来るように、子孫を残そうと必死のようです。

人間たちは進路を決める時期みたいで、これまた必死みたいですね。でも、みんなと足並みを揃えられない子たちが焦りを感じているかもしれません。

いえいえ、足並みが揃わないことは自然界にもあるそうです。植物の種は、だいたい時期がくれば芽を出すのですけど、中には遅れて発芽する変わりものがあるそうです。普通は育ちが悪いと間引かれてしまう存在かもしれませんが、この変わりものがいざという時、この種を守るのにとても大事だとか・・・

例えば実をつける時期に災害などで実が腐ったり流されたりしたとき、後からゆっくり成長した変わりものが、時期をずらして実をつけ、全滅から種を守る と聞いたことがあります。皆が同じではないことが、種を守ることになるのです。すごいですね。

もしかしたら、皆と一緒にスタートラインにつけない子がいるというのは、自然な姿なのでは!?

少なくとも、恥ずかしいことではないと思いますけど。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2014年02月02日 (日) | 編集 |
実は四年前、仲間と不登校経験の子どもたちが集まっている立花高校の齋藤眞人校長の講演を企画したことがあります。
その会に参加された方が、今回の2月16日の講演会の告知を自主的にしてくださっているのだそうです。4年前のチラシをそえて!なんと、その時のチラシを今も持っていらっしゃったのです。

なんでも、県が作った物がサラリとし過ぎているので、「こんな方ですよ」と私が作ったチラシを添えて「聴きに行ってください」と宣伝してくださっているのです。すごいでしょ。

その方も齋藤先生の講演に感動されたから、チラシもとっておいて下さったのですよね。

そして仕事でもないのに、動き回ってくださっているのです。どれだけ子どもたちのことを思っていらっしゃることか。

みなさん、後2週間です。

2月16日 日曜、午後1時から、

玉名の九州看護福祉大学 2号館大講義室2にて、

無料です。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育