FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2014年05月30日 (金) | 編集 |
友人が、子どもの命を繋ぐためにオオバコという薬草をほしがっているので、探し回っていたら、少し、草のことが目につきだしました。

道端の草を見ながら歩くと、色々な草が生えていることに気づきます。こんなに違う種類のものが生えていたんだと、ちょっと感動しますよ。

まぁ最近は、四角い小さな機械をのぞきながら歩いている人の方が多いですけどね。あの中には、それこそいろんなものが詰まっていますから。

でも、生ものは入っていません。ネ。。。。もしかしたら、希望は入っているのかもしれません。使い方しだいですよね。

とにかく、足元にはご用心。
スポンサーサイト
2014年05月29日 (木) | 編集 |
来月 6月1日は、熊本では合唱祭というものがあります。学生、大人、関係なく合唱団が集まって、朝から夕方遅くまで続きます。

私の所属する団体も、午前中に歌うのですが・・・(天空歌  たとえば空)

市の一斉清掃と重なって、困っちゃうのですよ。

それに今年は、行ってみたかったある体育祭とも重なっているようで・・・・観てみたかったのに残念。



2014年05月27日 (火) | 編集 |
不登校だった子の感性に驚かされることは、多々あるけど、今日はそんな少年が書いた文章を読んで励まされました。

別に私を励ますための文章ではないのですけど、今の世の中の先行きが不安で、この国は、そしてこの地球はどうなるのだろうかと心配ばかりが膨らんでいましたけど、

元気をもらいました。勇気が湧いてきました。ありがとうと伝えたい気持ちで一杯です。

こんな子どもたちのためにも諦められません、しくて平な世界を。
2014年05月24日 (土) | 編集 |
Eテレって 面白いですね。たまにひょっこり観るんですけど・・・・

今日観た障がい者の番組 なんとか虎の穴 とかかいう番組、すごかった。
障がい者の人たちが、自分たちの日常の悩みや特徴などをお笑いにしていました。

生きるエネルギーみたいなものを発信している感じで、感動しました。

別にNHKに頼まれたわけではないけど、すごいよ Eテレ。
2014年05月19日 (月) | 編集 |
韓国のあの事故は、国の歪みをあぶりだす とても大きなきっかけとなったようです。

考えてみると、この国も似ていますよね。猛反省しなければいけないのに・・・・・。

snap_todokekoe_2014410420.jpg 

2014年05月14日 (水) | 編集 |
 2014総会チラシ


私も運営委員として参加します。
6月15日日曜の午後1時半から鶴屋東館9階の会議室1で、お待ちしています

テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2014年05月12日 (月) | 編集 |

学校に出て来ない子と、連絡がとれなくなったり、面会もできない状態が続くと、学校の先生や行政側は、それはそれは心配ですよね。

だから「一月に一回は家庭を訪問しよう、本人に会おう!」ということになるようです。

学校の立場に立てば、それは仕方ないことなのでしょう。

小学校一年生の入学式翌日から学校に行き渋るのは、食わず嫌いのような面もあるでしょうから、どうにか慣れさせようとするのは、よい結果がでるかもしれません。

だけど中学生での不登校は、学校のことが分かってからのことですので、
何度もお腹を悪くしたりして「これはもう食べない方がいい。これを食べると命にかかわる」などと、それを見ただけで脂汗がでるようなその食べ物にたいするアレルギー反応のようなものです。

だから、それをなんとか食べさせようとする人たちがいるとすれば、その人たちを危険なものと判断し、会おうとしないのが自然ですよね。

そんな子どもの気持ちより、「これを食べないと健康になれない」とか「これを食べさせるのが自分の使命だ」と思いこんでいる人たちには、その単純な理屈を理解してもらうのは、とても難しいことになっちゃうのです。なんともおかしいでしょう?

実際、以前?よく給食の時間に無理やり食べさせたりということがありましたけど、あんな状態では、胃や腸は委縮し、消化吸収は難しくなり、少しも体のためにはならないと思いましたが。


そんな中でも、子どもの立場に立とうと努力している先生方もいらっしゃいます。今日はそんな先生方にもお会いできました。最初っからうまくはいかないでしょうけど、そのうち本当に子どもの生きる力を育む教育を実行してくださりそうな先生方です。

試行錯誤に期待します!!

テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2014年05月10日 (土) | 編集 |
合唱に手話を入れることになって、ほんの少し教わったのですけど

手話って、日本語の並びじゃなくて、英語のような並びになっているそうです。そして、年代によっても違うのですって、ビックリ。

それから、超一流の手話の使い手は、左手でアルファベットを表記しながら、右手でひらがなを表すとか・・・


で私はというと、十程の言葉を表すのに、悪戦苦闘でした。
2014年05月09日 (金) | 編集 |
三歳の女の子 救急処置の講話に聞き入るお母さんとその胸に抱かれている弟に 少し怒っているのか、イライラしたお顔。
付添いの私が帽子やスカーフで気を引くと、少し表情が和らいだ。そして、私のバックのポケットから取り出した口紅に、とても興味を示した。

彼女は、おばあちゃんに口紅を塗ってもらった経験があるらしい。お母さんに断って、私もほんの少し彼女にピンクの口紅を塗ってみた。

彼女は口紅のふたの小さな鏡をのぞき、ニッコリ微笑んだ。やってみたいものね、私にも覚えがある。

彼女のご機嫌は少しよくなった。私と手を繋ぐようになった。そしてビックリしたけど、膝に座ったりもするようになった。

彼女は弟が生まれ、少しさびしいときがあるのだろう。ひどい焼きもちは収まったけど、まだまだ我慢している。不機嫌なのは、お母さんが自分だけのものでなくなったからかな・・・・・。

ほんの僅かな時間だったけど、小さくて柔らかい手とシミの増えた固い手は、お互いに温かさを感じあった。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2014年05月05日 (月) | 編集 |
ちょっとした受け取り方の違いで
言葉は 違う意味を持つことがありますね
特に メールでのやり取りは
感情が伝わりにくく
戸惑いを感じることが多くないですか?

自分が落ち込みがちな時 
相手の何気ない言葉にも過敏に反応してしまって
辛くなったりします。
そういうこともあると思って
少し 冷静になった方がいいかな

人が大好きなのに
人との関わりが苦手と感じるとき
相手もそうかもしれないですよ

仲良くなりたいのに
嫌われてしまったように感じるとき
相手もそうなのかもしれないですよ

心開くことが苦手で
相手の気持ちがわからないと感じるとき
きっと相手もそう感じているかもしれません

2014年05月01日 (木) | 編集 |
不登校の子どもに会えず、連絡をとれない学校の先生は、とても困って焦られるようです。

親も子も学校に対する不信感で固まってしまうと、学校関係者には会いたくもない状態になるようです。

そんなケースの相談が、巡り巡って私にも舞い込んできました。まだぼんやりとしか状況はわかりませんが。


先日はある席で、ある支援者の方がこんな話をされました。
引きこもりの人に困り果てた行政から支援要請を受け、その家庭に訪問し寄り添いを続けたら、他の家族と食事を共にするようになったという話です。でも、そうなるまでに二年もかかったそうです。


この話をどう捉えるかは、きっと人それぞれちがうでしょう・・・・
でも、放っておけないと思わせる人と、放っておくわけにはいかない人と、放っておかない人がいることは確かなようです。
そして、この状況は簡単に変わらないと思われます。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育