FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2014年06月30日 (月) | 編集 |
高齢になってくると、疲れがニ三日後に出てくるようです。だから、大事な日の前日ばかりではなく、ニ三日前から気を付けて調子を整えておかなければいけません。それが今回の教訓でした。

ところで、「踊る阿呆に見るあほう、同じ阿呆なら踊らなゃそんそん」と言いますが、歌うのも同じで、歌わなゃ損みたいですよ。
とはいうものの、聞く人が少ないとちょっと寂しいですね。合唱祭や大会など、ほとんど一般客がいません。出場者とその身内くらいしか聞きに来ていないようです。
これは主催者側にその熱意が足りないからでしようかね。たくさんの団体が参加しても、自分たちの出番に合わせてその場に留まるだけですから、遅い時間だとガラッとしています。自分たちもさっさと帰るわけですから、そのことに文句は言えませんね。

今回、六団体ほど聞きましたけど、ステージに椅子を用意してもらって座って歌っている人もいました。
そして、車いすで指揮者が登場し、指揮台に立って見事に指揮をし、また車いすで退場するという姿も見ました。その方は、点滴?もつけていらっしゃいました。
指揮台には、つかまれるようにパイプの柵のようなものが取り付けられたのですよ。その指揮者は、そのパイプをつかんでお辞儀をしていらっしゃいました。あのような設備を見たのは初めてです。

私はと言えば、少し緊張しながらステージに立って、天井の照明を宇宙の星に見立てて、はるか彼方へ届くように願いながら、「天空歌」と「たとえば 空」を歌いました。・・・気持ち良かったです。歌わなゃそんそん ですね。
スポンサーサイト
2014年06月27日 (金) | 編集 |
明日は合唱で佐賀まで行きます。そのせいで、大事な委員会を休みます。

人の体は一つですから、困ります。

人の人生も、一度ですから悩みます。少しでもいい選択をしたいと、私なんかは悩みますし、

失敗だったと感じると、くよくよします。情けない。

でも、くよくよ、うじうじの情けない自分も受け入れますかね。

つまりは欲張りだということでしょうか?

欲をすてるなんて、まだまだ私にはできそうにありません。

情けない自分も認めましょうかね。

こういうの、開き直りというのでしょうか?


体を動かすと、やる気スイッチが入るみたいですけど、
どのスイッチをいれるか、自分の選択ですよね。
2014年06月23日 (月) | 編集 |
最近、ボーっとしている時に脳が大事な仕事をしているらしいことが分かったようです。
私は2009年11月27日に「ボーっとできることの意味」というタイトルで記事をかいています。すごくないですか?まぁ、内容は微妙に違うのですけど・・・・

学者たちは確かな裏付けが必要だから、真実に辿り着くのに時間がかかります。

私の場合はほとんど感覚的に判断しているので、信頼性に欠けますね。


とにかく、何もしていないように見えるとき、人は大事なことをしているのかもしれないということで、
いつもいつも脳を酷使していると、ろくなことにならないということです。

ボーっとする時間がないのは「生きたい」という本能までも働かなくなる、そういう最悪の状態に人を追い込む可能性がありそうです。

20年前に取った中学生のアンケートに「ボッーとしたい」という言葉があったのを思い出します。

2014年06月21日 (土) | 編集 |
2014年06月18日 (水) | 編集 |
今日は冷たい雨

猫も人肌を求めてすり寄ってくる。


六月の雨は あじさいに優しく降り注ぎ

あじさいは 私たちにさりげなく微笑みかける


青いあじさいは 静かな心で

白いあじさいは 清楚な心で

薄紫のあじさいは 少し寂しげに

六月の雨は あじさいに優しい


2014年06月15日 (日) | 編集 |
今日は父の日だったんですね。私自身、自分の親に贈り物をしたことがなかったので、ほとんど意識していませんけど・・・・。

でも今日は、頼もしい父親もいるんだということを実感できた日でもありました。

それにしても、今日はとても長い一日になりました。そしてそして、いいお話でおなか一杯、頭いっぱいといった感じの一日でした。

すべての人に満足してもらう催しなど、出来るわけではないのでしょうけど・・・・・

頭がぐちゃぐちゃになるほど悩んでいるときは、正しい元気のでるはずの話も、眩しすぎる日差しのように、痛く感じるものなのでしょう。そういう人がいることは感じていたのですが、そのことに対応できずに今日の司会は終わってしまいました。不特定多数の方が集まると難しいです。

だけど、去年より今年がよかったかなと思います。まぁ、それで良しとした方がいいのでしょうかね。


2014年06月14日 (土) | 編集 |
いよいよ明日といっても、サッカーのことではありませんよ。私の場合は、一か月前にお知らせしたシンポジウムのことです。

さっき、NHKkの「明日の動き」とやらで、「不登校経験を語る会」?と紹介してました。そしてなぜか主催団体名伝えられなかったのですが、私が所属しているフレンズネットワークの催しで間違いありません。。。よね。

わたしはその会で司会みたいなものをすることになったのですけど、…嫌なことを思い出しました、中学一年の時だったか「司会は君には無理かな」とある同級生に言われたことを。私もそう思いましたから、よく覚えています。

まぁ、あれから45年以上生きてきたわけですけどね。苦手なものは、苦手なまま。

いやいや、そんなことはない、考えてみましょう。

私は泳げるようになっています。
当時の私は、息継ぎができませでした。今は一応泳げます。これってすごいかも。
それから・・・・料理ができるようになっています。うんうん、当時はリンゴの皮もむけませんでした。ビックリ。恥ずかしい。
それから、バスに一人で乗れるようになっています。すごいね。
それからそれから、文章を書くことがあの頃よりはましになりました。なかなかいいねぇ。

それから、これを忘れてはいけません。出産、子育て、やりました。素晴らしい!

そして、こんな風に自分を誉めることができるようになっています。・・・だてに年とってませんね。

あの頃よりは、高い声が出るようになっているし、人の話を聴けるようになっているし、意見も言えるようになっています。成長してるなぁ。だいぶ時間かかっているけど。


ただ明日は、先入観を持たずに人の話を聴こうと思っているのですけど、これは難しいです。
というより、あの頃は「先入観を持たずに聴く」なんて発想がありませんでした。

人は思い込みで物事を正確に見られない、判断できない場合が多々あるのです。この「思い込み」を捨てて「無垢な心」を持つのは、長く生きれば生きるほど、難しくなるのかもしれませんね。

では明日。私は苦手な司会に挑みます。力まないでね。
2014年06月11日 (水) | 編集 |
昨日だったか、テレビの中でしゃべっているある地方自治体のてっぺん?にいる人が
「まじめに授業受けている子に迷惑になるような(素行の悪い)子は別の教室(施設?)で、教育を受けさせた方がいい」
みたいなことを言われたのを聞いて私は思わず「迷惑なのはあんたじゃ!?」と、テレビに向かって言ってしまいました。
(まぁ、ニュースを途中から聞いただけなので、誤解があるかもしれませんけど)

何かとても心配になってしまったのは、わたしだけではないと思います・・・・・・。

政治家の方々が、良かれと思ってなさることがとても変に思えるのは、悲しいことです。そんな政治家からすれば、私が変ということでしょうけど、だとしたら  変で結構! と言いたい。

すんなり授業ができればいいなんて、危険な感覚だと感じるのは私だけでしょうか?
ちゃんと子どもたちの心を知ろうとしないで、手におえないから排除し隔離しようとしているなら、根本が違うような気がします。

非行少年とか、迷惑な子とか、困難を有する子とか子どもたちを呼ぶ前に、大人たちの対応力の欠如を、まず反省すべきじゃないですかね。

大人の方が長く生きているし、知恵もあるはずだから。…
2014年06月09日 (月) | 編集 |
今朝は、七時半に外へ出たら、もうとて暑かったです。

学校へ向かう小学生たちが、一割くらい傘を持っていました。折り畳み傘の子もいました。

素直な小学生たちは、大好きな校長めがけて「おはようございます」とあいさつしています。

当番で校門に立ったある女の子が、一人、二人・・今五人と、自分があいさつした子の数を数えていました。

子どもは、無邪気ですね。・・・・・

2014年06月06日 (金) | 編集 |
2008年に書いた川柳を読んでくださっている方があるようです。ありがとうございます。

このブログは、もともとは本を売るために始めた物なのですが、そろそろその本も残り少なくなってきています。

このブログを今後どうしたものかと、考え始めました。…この年になると、色々考えるのです。

もっと人生楽しもうとか、どうしたら楽になれるかとか、どうしたら元気で暮らせるかとか、もう少し何か役に立つことはないかとか・・・

いえいえ、何も考えないという人もいましたので、年のせいではないですね。私の性格です。

ゆっくり、じっくり、たっぷり と、生きていけたらなぁ……欲張りだなぁ
2014年06月03日 (火) | 編集 |
タンスの中の服たちが

自分の出番を 待っているようで

明るい光を浴びて そよ風を受けて

のびのびと動き回るのを 待っているようで

そんな気がして 眺めていたら

タンスの中の服たちが

しだいに華やいできたようで

少し恥じらいながらも 

今か今かと出番を待っているようで

このままには しておけない気がして

タンスの中の服たちに

光と風を当ててみようかなと 思う

2014年06月01日 (日) | 編集 |
合唱祭で、今日はいろんな団体の合唱を聞きました。人の声って、素敵ですねぇ。

よく「天使のような歌声」と言いますけど、まさしくそんな感じで、一人ぽつんと男子が混じっていたりするのですが、小学生や中学生の歌声は、透明ですーっと心に届くようで、心地よかったです。

そんな中に混じっての高齢者集団の私たちでしたけど、どうだったのかしら・・・・・

男声合唱団もありましたよ。ユニークな歌をユーモアたっぷりに歌って、和やかかな雰囲気になりました。

荘厳なうた、踊りだしたくなる歌、しゃれた歌、噴き出すような歌、歌もいろいろです。とても暑い一日でしたので、帰りに餡と餅の入ったソフトクリームを食べちゃいました。