FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2016年01月31日 (日) | 編集 |
 永遠におだやかに 

青空は広がりをれどあたらしき本をよごしてしまひたる昼

珈琲の最後の一口を残しつつ読みつぐ本のページをめくる

はつなつの光まばゆし白きシャツに肩甲骨が浮きあがりたり

空にむかひてからだひらけばはつなつの白詰草ときみにつつまる

次の世にもなれぬものとは知りながら欠伸する昼の猫になりたし

帆のごとく風に吹かれてふくらめる真白なるシャツのきみを見送る

行く先はわかってゐるよと言ひたそうに風がさらひてゆきたる一葉

伸びゆきて世界に腕をさしいだす樹のいのち永遠におだやかにあれ

川沿いに歩き来れば常盤橋 河口にちかきみづは海のいろ

恋よりさきに身体があることを思ひて初夏の堤を歩む

喉を鳴らし飲み干ししのちラムネの壜 河原に散ればはかなき硝子



今練習している合唱曲です。短歌を並べて歌詞にしてあります。ちょっと珍しい曲でしょ?
どんな印象ですか?

私は、本を汚してしまったことを気にしたり、好きな人とすごしたり、猫がのんびり昼寝できたり、日常の出来事に心うごかされる この穏やかな日々が永遠に続きますようにと、祈る歌に思えます。

ピアノ伴奏もとても美しく、繊細でダイナミックな曲な感じ。 聴いてみてください。UPされていますよ。
スポンサーサイト
2016年01月24日 (日) | 編集 |
日本中に広く生息していた「カワウソ」は、乱獲や開発による生息環境の変化で激減して、日本では見られなくなっているそうですね。でも、開発が日本より10年おくれた韓国では、手遅れにならないうちに保護に成功して、今でもたくさん見られるらしいです。

そんなことを先ほどテレビで知りました。その番組の中で学者?でしたか、「日本のカワウソも、もう10年頑張ってくれていたら・・・・」と発言されていましたけど、この言葉にへそ曲がりの私は、ひっかかってしまいました。

そうじゃないんじゃない!?「カワウソじゃなくて、日本人がもう少し早く環境汚染対策を頑張っていたら、こうはならなかった」と言うべきじゃないの?と。

不登校にあてはめると、「頑張らなきゃいけないのは、子どもではなくて、大人の側でしょ!!」って感じ。
2016年01月22日 (金) | 編集 |
夕焼けがきれいだったので、ケータイで撮っていたら、
「こんにちは」と知らない小柄な少女があいさつ。
私が「夕焼けがきれいね。」と言うと、「きれいですね」とその子。
「家に帰るところ?」と聞くと、「いえ、兄を迎えに。いま小学校で兄が剣道しているから、迎えに行きます」
?兄を迎えに・・・。よく分からないけど、「気をつけてね」と声をかけると、
「ありがとうございます」と言って、去って行った。頼もしい後姿だった。
2016年01月20日 (水) | 編集 |
先日、自転車で走っていると、朝10時近くに学校へ向かう小学生を見つけました。高学年のように見えましたが、ちょっと緊張気味に歩いているので「大丈夫?」と声をかけたら、うんとうなづきました。急ぎの用もあったし、知らないおばさんが見ていると、よけい緊張するだろうと思い、その子を後にしました。
間もなくして、その子が学校に着いたかどうか小学校に確認に行ったら「数人思い浮かびます。このくらいに来る子いるんです。確認しておきます」ということでした。
数人思い浮かぶ!やっぱりいるんだと思いました。(その子は教室に入っていたとすぐに確認後でききました。)
それにしても、日常的になっているのかな?気にして待っているという感じではないのですね。

小学校、楽しいという子もいるけど、緊張しながら行く子もいるのです。・・・
2016年01月17日 (日) | 編集 |
ちょっと遅すぎですけど、
今日午後 一時半から熊本県立劇場で柳田邦男さんの発達障害関連の講演会があるそうです。私は別の用事で県立劇場に行くけど、同じ時間帯なので、参加できません。残念。双子だったらよかった。


2016年01月13日 (水) | 編集 |
国会中継を見ていると、「この人、国語のお勉強を小学生からやりなおした方がいいんじゃない?」という場面がよくあります。
そんなふうに思われたことないですか?
単純な質問の内容を理解できないのかしらと思います。子どもには見せたくないと思ってしまいます。

大人は「人の話を聞きなさい」とか起こるけど・・・国はこれで大丈夫ですか?。苦になります。
2016年01月09日 (土) | 編集 |
160109_121138_ed.jpg

狭い所が、なぜか落ち着く・・・
2016年01月06日 (水) | 編集 |
第4回 くまもと子ども・若者“よりそい”シンポジウム

テーマ「社会適応に不器用さを抱える子ども・若者への理解と対応」

主催/熊本県強調文子ども・若者総合相談センター
     熊本県、熊本県子ども・若者支援地域協議会

日時と場所
•平成28年1月11日(月曜日13時受付開始
くまもと県民交流会館パレアホール



基調講演
•演題:「支援や指導が困難な場面で用いる言語的媒介」
•講師:特別支援教育ネット代表 宇部フロンティア大学臨床教授 小栗正幸
•時間:13時30分から15時30分まで

アトラクション
•内容:ギター弾き語り演奏
•演奏者:熊本県立大学 総合管理学部2年 フォークソング研究部 吉田匠吾さん
•時間:15時30分から15時45分まで

交流タイム
•時間:15時40分から16時30まで

支援団体ごとにコーナーを設けます。支援団体の方々とお話してみませんか?
↑ここにフレンズネットワークのブースあります

問い合わせ先
•熊本県子ども・若者支援地域協議会事務局
•〒862-8570 熊本中央区水前寺6丁目18番1号(熊本県子ども家庭福祉課)
•電話096-333-2228

•学校法人 松本学園
•〒865-0064 玉名市中48-4
•電話0968-72-2375


2016年01月05日 (火) | 編集 |
正月早々、オーブンレンジの扉にを我が家の巨大猫が飛び降りて、壊してしまいました。そのせいで、初売りとやらに出かけることになりました。

まだまだ使えたのに・・・とガッカリでしたが、猫に罪はないですしね。

その後いつかの災難が重なり、とんでもない正月だと思ったのですが、
おかげで生活を見直すいいきっかけになりました。

いつも、「これどうしようか」と悩むのですけど、今回は本気モードです。

それにしても、毎年同じようなこと言っていますよね、恥ずかしい限りです。へへ

2016年01月01日 (金) | 編集 |


〇〇〇の 再生のループ !!!  

壊れかけたもの、失くしたもの,見失っていたもの
再生の連鎖!!  あきらめなくてよかったと思える年に!!