FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2016年08月30日 (火) | 編集 |
ニ、三日前から、鈴虫の鳴き声を耳にしています。朝晩、とても涼しくなりました。
このまま秋に向かうかどうか分かりませんけどね。

熊本では、一週間位前から二学期が始まっています。この時期、学校に行くの行かないので気をもむ日々が増えたりします。
そして、悲しいニュースも・・・・・。

「学校嫌い」とか「登校拒否」とか「不登校」とか、呼ばれ方は変わってきたけど、
「学校は行って当たり前」という価値観は、そう簡単にはなくなりませんね。

学校を拒否する子、行きたいのに行けない子、そんな子たちのほとんどが、学校へ行って学校で過ごした経験があります。
中には、学校が大好きで、どうして行けなくなったのか分からないという子さえいます。

どうしてかな?・・・・私自身のことを振り返れば、朝から学校で遊びたくて、出来るだけ早く登校しようとしてた小学生の時期もあれば、中々起きれなくて、朝ごはんも食べず、やっとの思いで登校していた中学生の時期もあります。
塾なんか行った経験もないのに、やたら疲れていたような。ずっと眠かった感じですね。
寝不足だったのかなぁ。学校には行っていたけど、成績は下降線でしたね。
楽しい思い出も一杯あったけど、学校は窮屈だったかもしれません。
でも、私は規則を破ることはしない真面目な子でしたよ。ホント。
だけど何故か、多くの人に怖がられている目つきがすこぶる悪い女番長に好かれていました。あぁ懐かしいなぁ。

私が中学生だったのは、50年位前です。不登校の子というか、学校を時々休む子は、いたような気がします。そして、中学校を卒業して大人になるまでに自殺した友人も数名いました。
あの頃から、世の中の「緊張時間」が長くなっているような気がしますね。

そう、緊張している時間が長くなって、疲れが消えることがない。そんな感じですよ。
世の中全体 慢性疲労気味。やっぱり適度な休みを摂らなきゃね。人間、壊れちゃいます。
スポンサーサイト
2016年08月27日 (土) | 編集 |
美和高校絵LIFE
この絵は、高校女子の絵です。この絵を見た母は「この子、こんな絵も描けるんだ」と喜んだのを覚えています。
15年位前ですけどね。
そして今、この絵は居間の壁を飾っています。

ちなみに、先日の小2の絵、何の絵だと思われました?
あれは、「あじさい」です。私は最初木だと思いました。
2016年08月24日 (水) | 編集 |
克昌小2木
これは、小学二年の男の子の絵です。なかなかいいでしょ?
まだ不登校になっていない頃の絵です。ブルーの色がとてもきれいだなぁと思って、宝を見つけ出した気分です。
この子の母親は、この絵を見て感動した記憶がないようですが、27年経った今は、いたく感動しています。
母もこの間に成長して、息子の感性に追いついたということでしょうかね。^-^
2016年08月21日 (日) | 編集 |
先日ある集まりで、わたしがつくった冊子「たとえば鯖」に興味を示された方がいらっしゃったので、つい一冊差し上げてしまいました。
きっと、ちゃんと読んでいただけると感じたので。・・とても感じのいい方だったんですよ。
しかも、元教師(管理職?)で、定年退職されてなお、活発に活動されているご様子だったので、
役立てて頂けると思います。

偶然か、必然か分かりませんが、今までも短い出会いが大きなことに繋がった経験が何度もありますので、
今後、どんなことと結びつくかなと、ちょっと期待しちゃいます。

その日は、もう一方、隣の席になった紳士が、私の住む町に古くから住んでいらっしゃる方でした。だから、地域のことを少し教えていただきました。その方は「きっと、また会えますよ、近いから」とおっしゃいました。

この日は美味しいケーキもいただけて、ラッキーな一日でした。
2016年08月17日 (水) | 編集 |
明日です。
8月18日(木)
18:15受付18:45~20:45
パレア会議室6
(鶴屋東館10階)
参加費 一世帯500円(会員200円)

主催:登校拒否・不登校に学ぶフレンズネットワークくまもと

不登校で悩んでいる方や関わっている方、参加できます。
私も参加します。
主に熊本地域の方へのご案内です。
2016年08月12日 (金) | 編集 |
立花高校の募金を呼びかける文章が素敵なので紹介います。

 本学は、1957年の学園創立以来、「一人の子を粗末にするとき、教育はその光を失う」という創設者安部清美先生の熱い理想を守り抜きながら、59年の歴史を重ねてまいりました。この間、生徒数の劇減に伴う学園存続の危機を幾度となく乗り越えながら、生徒一人ひとりの個性を尊重する思いやりに満ちた校風の実現に向けて、全教職員が一丸となり積み重ねてきた貴重な教育活動を想うと、万感胸に迫るものがございます。

 特に「不登校生徒自立支援」の方針を打ち出して以降の近代史においては、年々生徒数も増加を続け、苦難の時代に守り抜いた小さなともし火が、今ようやく暗闇を照らす一筋の希望の光として多く方々の目に届く時代となりました。しかし、いかに生徒数が増えようと、本学の精神は開校当初と何ら変化するものではありません。私学教育の一翼を担う高い理想と心意気を持って、日々誠実かつ確実に教育実践を続けてまいる強い決意と共にあります。

・・・・・省略・・・・・

しかしながら、築50年を越える現校舎の老朽化が著しく、現状では生徒たちの安心した学校生活、特に安全確保において緊急を要する問題点が次々に表出する事態となり、やむを得ず新校舎の建設を決意することとなりました。より充実した教育環境の確保はもちろんですが、それ以上に生徒の安全確保には一刻の猶予も許されないとの判断で、既に昨年の7月より着工、間もなく竣工の予定となっております。

一人でも多くの生徒たちが立花高校という「心の止まり木」で心身を休め、人生の基盤を作り、実社会で人々を癒す優しさを発揮できるよう、本学園の教育の使命を一層充実させて参る所存でございます。皆様には、誠に心苦しいことではありますが、新校舎建設事業の一部につきまして何卒暖かいご支援を賜りますよう切にお願い申し上げる次第です。

2016年4月
学校法人立花学園 理事長  齋藤眞人



ちなみに.振込先は  個人の場合

    ゆうちょ銀行(記号・番号)口座 
        01790-0-129355
   名義  学校法人立花学園
 < 一口 5,000円 (何口でも構わないそうです) >
2016年08月10日 (水) | 編集 |
引っ越して45日くらいになりますが、この家に寝泊まりするようになって不思議なことが起こっています。
なぜこんなことになるのかと考えてみるのですが、はっきりしません。

この家のせいなのか、寝る向きが変わったからなのか、
ふとんが変わったからなのか、何かしら訳があると思うのですが・・・。
いつのまにかなくなっているのです、

頑固な肩こりが。不思議でしょ?

地震が少なくなったからではありません。もう何年も前から続いていたのですから。
大きな責任から解放されたからかなぁとも思うのですが、証明はできません。なぞです。

隣はお墓でしたが、前の家に何かあったのでしょうか?・・・少し傾いていましたが。

2016年08月09日 (火) | 編集 |
今日トットちゃんが、戦時中、一日の食べ物が大豆12粒だけだった時の話をされていました。
「朝3粒、昼3粒、防空壕で・・・」と。

それから、今日が誕生日だけど、昭和20年から祝っていないそうです。
そして、子どもだったけど、スルメの足一本が欲しくて、出兵兵士に「バンザイ、バンザイ」と旗を振ったことに「戦争責任」を感じるという話もされました。

今日は、長崎に2つ目の原爆が落とされた8月9日なんですね。




2016年08月07日 (日) | 編集 |
この週末は、火の国祭りとかあっているそうですが、おてもやん総踊りも、ここまではやってきません。しずかなものです。
一昨日は、玉名花火大会があったようで、臨時列車が出ていました。
最近のゆかた状況?には、ちょっと驚きました。
まず、ゆかた姿の若い人が多い!そして、柄や生地が様変わり。
さまになっている子が少ないのは、数十年前もあまり変わりなかった気もするけど・・・。
それから、えりのないゆかた?も見ました。あれはもはや洋服?でも、帯はしていらっしゃったような・・・。

お腹の出ていない若者は、なぜか着物姿がかっこ悪い。少しまいたほうがいいかな。
そして、どんなもの着てたって、姿勢が悪いと残念なことになってしまっています。
ちょっと古い女は、そんなことが気になりますね。
暑いのにご苦労さんと思うけど、あのゆかたなら、洋服とそう違いはないかもしれないなぁとも思いました。

中学校の家庭科で、紙とはさみとのりでミニサイズのゆかたを作ったことがあります。
私のちょっと前の方たちは、実際に縫っていたと思います。当時、家庭科は女子だけでした。男子は技術家庭科。

時代はめぐり、ときは流れて、わたしの感覚は昔のまま?
2016年08月05日 (金) | 編集 |
今夏休みですよね。
でも、駅の駐輪場にとめてある自転車の数が減っていない。
休みないのかなぁ・・・
2016年08月03日 (水) | 編集 |
「暑い!」と人はいうけど、冷房入れるほどじゃないと思って温度計を確認すると、30度!
これって、暑さに強いということではなく、
暑さを感じにくくなっているということらしい。
能力の衰えを認めるのは、なかなか難しいこと。でも、衰えているのは確か。
聴力にしても、握力にしても、若い頃より劣っています。あっ、視力や記憶力も。
その他色々あるのでしょうけど、
・・・・・なんでこんな話になったのかなぁ?


ほらほら、この人大丈夫かなぁと、少しひやっとしませんでしたか?
私のことをそんなに気遣ってくれてる人は、いないか・・・。

もしかしたら、衰えているのではなく、
能力によっては年と共に鈍くなった方がいいものもあるのかもしれませんね。


あなたにとって「こわ~いこと」は何ですか? 

私は「永遠の命を手に入れること」です。