FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2016年11月29日 (火) | 編集 |
中学生に見える小柄な少年が、黒のスーツタイプの制服を着て、重そうなカバンを背負って電車に乗ってきました。座るところを捜しているみたいでしたけど、私が譲るのも変だと思って、何かにつかまればいいのにと思って見ていました。
そしたら、その子が電車の揺れでよろめいたので、私はとっさに彼の腕をつかみ「大丈夫?」と声をかけ、「手すりをつかんでいた方がいいよ」と言いました。すると彼はかすかにうなづいて、素直に従がいました。 

しばらくして空席がいくつかできたので「座ったら?」と勧めると、カバンごとドッと座りました。それを見て「カバン重そうね」と私が言うと、彼は大きくうなづきながら「重いです!」とこたえました。

身体が小さいから、よけい大変そうに見えるのかもしれないけど、本当にご苦労様!!

(今気づいたけど、彼はつり革にまだ手が届かないのですネ)
スポンサーサイト
2016年11月23日 (水) | 編集 |
このブログ、役立ってます!!  私に、ですけどね。

先日、女声合唱フェスティバルのお知らせをしましたけど、それを見て今日少なくとも二人聞きに来てくださいました。やったーって感じです。

今日私は、他団体の歌をゆっくり聴けなかったのは残念でしたけど、舞台裏が分かって、面白かったです。
想定外のお客さんのおかげで、ちょっとした抜け道も通っちゃいましたしね。へへ:


帰りは予報になかった小雨が降っていました。
傘をささずに歩く紳士(?暗くてよく分からなかった)に、おもわず「大丈夫ですか?」と自転車で通り過ぎながら声をかけたら、「はい」ですって。大の大人も、ふいの言葉には素直な子どものようになるんでしょうかね。・・・・・予期せぬことが起こると、素顔が顔をのぞかせますね。
2016年11月22日 (火) | 編集 |
明日歌う「秋」の詩を 書き出してみます。

 

月見草とふたり おかに立っていると
風だけが流れてくる
動かない天と 動かない大地のあいだを
いつしかあたりは すずむしのこえのような
はるかな星からのよびごえで いっぱいになる



短いけど、スケールは大きい!
体験してみたいなぁ この感じ
2016年11月21日 (月) | 編集 |
医者に対する信頼が、極めて薄い私は、病院に行くのがおっくうです。しかも、普段わりと健康なので、めったに行きません。

それでも、引っ越して、かかりつけの病院にできそうな所を捜しているのですけど・・・

先日、ちょっと調子が変だったので、「えい、やー」と、気合を入れて病院へ行ってみました。自転車で(汗)。
症状を書く欄に、全身の気になることを書いたのですけど、専門以外は全く気にかけてくれませんでした。

口内炎も少しあったので診てもらったら、見た目にはほとんど以上もなかったみたいで、何の注意もありませんでした。
私としては、熱い物とかしみるし、苦痛だったのですけどね。

(こんな些細な口内炎でも気になるのに、重症の方は、どれだけ痛いかと、おさっしします)

あれこれ調べて異常は見つからず、結論は「様子をみましょう」。それから数日たつ今日は、本当に異常なし。

一度では、やぶか名医か分かりませんけど、相性とかもあるんでしょうか?

2016年11月18日 (金) | 編集 |
14494801_1782858505316795_90596276465499536_n[1]
たまには不登校から離れて、歌でも聞いてみませんか。
29団体、七分の持ち時間です。 
気に入った団体でもあったら、門をたたくのもいいかも・・・。

ちなみに私は二時半ごろの出演です。「秋」と「信じる」という歌を歌います。

最後に「嵐」というグループがうたっている「ふるさと」を全員で合唱します。
ちょっとしたサプライズもあります。
2016年11月17日 (木) | 編集 |
福岡のあの大きな落とし穴、一週間で埋め戻されましたね。これもすごいですね。

そんな話を地球の裏側の「トランプショック」を受けている私の娘は、全く知りませんでした。

そして「すごいねぇ。こっちなら数か月かかるんじゃないかな」と言って驚いていましたよ。



2016年11月12日 (土) | 編集 |
トンネルの 出口に向かう カップルに
注ぐ光が まぶしくて
161111_115723_ed.jpg

2016年11月08日 (火) | 編集 |
今i日は、よその国の出来事かと思うような映像をみました。足下がくずれるなんて、あまり想像しませんものね。
私も何度か通ったことのある場所なので、ぞっとします。とんでもない落とし穴ですね。

でも、人が巻き込まれなかったのは、本当によかった。現場の対応がよかったのでしょうね。

道を歩くときは、左右ばかりではなく上下にも気をつけなきゃってことかな・・・。

・・・あまり慎重すぎると、何もできなくなっちゃいますね。ほどほどにしようっと。


2016年11月03日 (木) | 編集 |
下記のセミナーに関して、詳細は立花高等学校のホームページにあります。
基調講演や分科会、書き切れませんので、そちらをご覧ください。
締切は11月18日、定員600名です。私も参加したいと思っています。



第7回 特別支援教育(不登校・学習支援・就労支援・接続支援・関係諸機関との連携)に関するセミナー
― 発達障がいのある児童・生徒への支援 ―
  
日 時:平成28年12月3日(土) 9:20 ~ 17:00
会 場:九州産業大学 1号館   
参加費 無 料
2016年11月01日 (火) | 編集 |
忙しいという字は「心を亡くす」と書きます。そして
スクールの語源は「暇」という意味らしいです。
なんと皮肉なことでしょう。
現在の日本の学校の大半は、先生も子どもたちも忙し過ぎて
「暇をつぶす場所」だったはずの学校で、ヘトヘトです。異常ですよね。

そう考えると、不登校の子ども達は正常でしょ?

人間は疲れすぎると思考力が低下します。
時々みんなが思考停止に向かっているような
不安を覚えます。

不安でもわたしは 絶望はしません。
きっと 時をゆっくり刻む子どもたちが
亡くしつつある心を丁寧に拾ってくれるでしょう。
そんな子どもたちを 一人ひとり大切にしようと
労を惜しまず取り組む大人たちがいる限り。