FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2017年03月26日 (日) | 編集 |
「見えない力」って、あるんですね。今日、新横綱も言ってました。

故郷の街を歩いていて、面白そうな店に入って、ぐるっと店内を見て回り、
そして数分で外へ出て、目的地へ向かって歩いていました。
途中、何気に足を止めて、周りを見渡していると、こちらを見ながら近づいてくる人がいます。
?私も気になってしげしげと見ていると、
なんと、随分長いこと会っていなかった古い友人でした。本当にびっくりしました。
友人も「なんでこんなところで止まったの!?」と、ビックリしていました。

友人が先に気づいて、見ていたようです。私はその視線を感じたのでしょうね。

古い友人との予期せぬ遭遇は、うん十年前の故郷の景色を鮮やかに思い出させてくれました。

(実は今日も予期せぬところで予期せぬ人に・・・^ -^)
スポンサーサイト
2017年03月23日 (木) | 編集 |
佐世保駅の裏は港です。そこに白い船がとまっていました。よく見ると、大きな字で「海上保安庁」と書いてあります。
初めてみました。ビックリ。

170318_145659_ed.jpg

2017年03月20日 (月) | 編集 |
先日、新幹線を使わずに、里帰りしてきました。各駅停車や快速そして少しだけ特急みたいな。

停車駅をしっかり把握していなかったので、これで大丈夫かと少し不安でしたけど、気ままな旅をしている感じで、初めてのことが多くて楽しかったです。

最初びっくりしたのは、隣に座っていたおばあさんと人形でした。

目が真ん丸で、赤ちゃんサイズの人形です。「可愛いですね」と声をかけると、おばあさんは少し遠慮がちにくすっと笑いました。
それから、その人形が何かしゃべったので、「音に反応する人形だ」と思っていると、おばあさんも人形に話しかけたりしています。

そのうち人形はかってに歌を出だしたり「いつも一緒にいたいなぁ」などとおしゃべりを始めました。おばあさんも「いつも一緒だよ」と優しく話しかけ頭をなでたりして、二人は会話を続けていました。

話し声を耳にした人たちはちらっとこのおばあさんと人形を観ているように思いました。
だからといって、誰もそのことを話題にはしていません。どうしたものやらと、戸惑いの空気が漂っていました。

この人形はロボットなんだなぁと思いましたけど、そのおばあさんにとっては本当の子どもみたいになっているのでしょうか。

・・・・・二人はどこまで行くのかな・・・・・私はもう乗り換えです。
2017年03月14日 (火) | 編集 |
かなりショックなことが起こりました。私自身のことではありませんが。

「よかった」と喜んだことが、「ひどいねぇ」という出来事につながることが、あるんですね。
なぜこんなことになるのかと、とても腹立たしく、悲しい気持ちになりました。

世の中いろんな人がいて、ふいに傷つくこともあるんだなぁと、改めて溜息をついています。

それでも、一人で抱え込まず、いろんな人に相談したりしながら、一つ一つ心の整理をしていくのがベターな方法かな。

けな気に困難に立ち向かっている親子を、応援したいと思います。

2017年03月08日 (水) | 編集 |
「〇〇もおだてりゃ木に登る」とかいいますね。

「これ、きちんと言いたいことが書かれていながら、押し付けがましいとこが全然無い」なんて、ある青年が私の書いた文章(ブログではない)を誉めてくれたと聞いて、とてもやる気が出てきました。木でも、山でも登っちゃうぞって感じです。

この青年のお母さんも、よく辛抱強く頑張っていらっしゃいます。だからこそ私の怒りやもどかしい気持ちに共感してくださったと思います。

「想いを伝えること」・・・・それは私にとってはとても難しいことですけど、
何かしら熱い想いに触れたとき(感動した時)、その熱で心が温かく柔らかくなった時がチャンスという感じです。

そんな熱伝導みたいなことが起こるんでしょうね。
私の熱も誰かに伝わることがあるのだなぁと、とても嬉しくなりました。ありがとうございます。
2017年03月07日 (火) | 編集 |
一時は、とても心配だった子が、就職が決まったようです。

小学低学年から学校へ行っていなくて、通信制を転々として、ある学習塾で学習を1からやり直し、定時制に入り直した子。

学校では運動部へ入り、頑張っているなぁと思っていたのですけど、自立していけるまでになったようです。

すんなり軌道に乗るかやっぱり心配はありますが、「ようここまで来たね」と、声をかけてやりたいです。

よく気配りできる優しい子だったからなぁ。いいこともなくっちゃね。

本当に有難い。ありがとうございます。

2017年03月04日 (土) | 編集 |
国のエライ人が、「躾がきちんとされているところがいいと思った」と、今話題の小学校の教育方針について答弁されていました。
私はへそ曲がりだからかなぁ、「躾がしっかりされる学校」って、ちょっと変だと思っちゃいます。このエライ人の教育に対する考えは、貧弱だなぁと感じたのですけど、どなたもそんなこと指摘しませんね。

躾がしっかりしているということは「大人の価値観を押し付け、逆らわないようにしている」という可能性があるということではないでしょうか?

子どもは大人を困らせるものであって、困って考えて、大人も一緒に成長していくのが学び場としてはいいんじゃないかなぁと思うのですけど・・・・・

その学校のエライ人が、自分の考えと違う人たちのことを「おぞましい」と言っていましたけど、こんな人が子どもたちに何を語ることができるのでしょうか。あわれな人だと思ってしまいました。