FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2017年04月30日 (日) | 編集 |
2017チラシ

子どもさんに以前の笑顔を取り戻して欲しい方、子どもさんをどうにかしようと対応に苦慮しているより、
家族や学校の先生、さらにご近所の方々に
「不登校」を分かってもらうのが、早道ですよ。
必ず「聴いてよかった」と思っていただけます。一人でもおおくの方にお知らせしてください。
不登校ばかりでなく、生きづらさを抱えている方は、元気がでます。拡散よろしくお願いします。
スポンサーサイト



2017年04月28日 (金) | 編集 |
春だからでしょうか・・・とても眠いのですけど、困ったものです。

そんな感じてボーっとしてたら、明日から連休なんですね!

この連休、のんびるできる人、どれくらいいるのかなぁ・・・

不登校なんて、もう珍しくないと思っていたら、「ありえない」と、全く関係ないことだと思っている方々もいらっしゃるようです。

そして、びっくりするほど力づくの方も、まだまだいらっしゃるようです。

何がそうさせるのか・・・・・。「不登校」が命を守る手段だと気づいてほしい。

よほどのことがなければ、学校に行かない、行けないという状態になるはずはない。

そんな状態になるのには、それだけのことがあった ということだと思います。

「楽な方に流れる」なら、波風起こさない方がよほど楽ですからね。

2017年04月24日 (月) | 編集 |
あるひきこもっている子のお母さんが言われました。「公の機関に相談に行って、親切な方と出会っても、2年位で担当が替わられます。そしたら、また初めからやり直し」と。
そして、在宅就労支援団体から仕事を頂いてしてみたら、2か月後に7円しか振り込まれていなくて、とてもショックだったとも。

もし、それが合法だとしても、きちんと説明していなければ、受け取った方がどんな思いをするのか想像できないなんて、「支援者」とは言えない。・・・と思うけどなぁ・・・


2017年04月23日 (日) | 編集 |
春は芽吹きの時

ある初老の男性が、とても感心したように

「植物ってすごいね!」とつぶやいた

彼の人生で、初めてではないかなぁ

春の芽吹きがもたらした奇跡の瞬間!!

2017年04月20日 (木) | 編集 |
カラオケとやらに、家族で行きました。そして、歌いました(汗)

人前で歌うのは苦手なんです。だけど、音程がはずれても楽しそうに歌っている人がいて、私も少し図々しくなれたようです。

題名がうかばなくて、人任せの選曲でした。慣れない、というかよく覚えていない歌を歌いながら、私の声って娘に似ているなぁなどと思っていました。
だけど、慣れているというか、合唱で何度も練習したような歌になると、無理せず楽しく歌え、他の歌の3倍くらい声が出ました。

慣れている歌は、自信があるからでしょうかね。・・・自信があるって、慣れているっていうことですか?
慣れだとしたら、「何度もやってみると自信がつく」ということですね。

つまり、最初はうまくいかなくても何度もやれば上手くなるということです。
カラオケは楽しめばそれでいいんですけどね。^0^~


・・・音痴だった人が、そこそこ流行の歌を歌えているということは、何度もカラオケに行っているってことも言えますね。…亡くなった父もそうでした。
2017年04月18日 (火) | 編集 |
コミュニケーションの取り方は、人それぞれ違うなぁと、感じることが多くなってきました。
以前は、「この人指示したがる」とか「人の話は聞いてないよね」と思ったり、「思いやりがない」と腹を立てたりしていたのですけど・・・。
最近は、このしゃべり方はこの人の特徴なのかなぁと考えたりします。でも、その辺どう考えたらいいのかよく分からない、というのが本音です。
自分自身のことを考えてみると、うーん、相手によって相当違うかもしれません。(^へ^)つまり、コミュニケーションの取りにくさというものは、双方に原因があるということでしょうか?
どういう気持ちでその場にいるかでも、随分違ってくるものでしょうね。
だから「あの子は扱いにくい」と評されたり「あの子は少し変わっているけど、面白い」と評されたり・・・・・。
2017年04月15日 (土) | 編集 |
宮本益光 作詞、信長貴富 作曲 の「雑草」という合唱曲を今練習しています。 

雑草(ななし)

丈夫に見えて
丈夫じゃない
生まれたときは
皆、やわらかだ

無意味に見えて
無意味じゃない
誰かを癒す
歌声もある

孤独(ひとり)に見えて
孤独じゃない
誰の棲家も
この地球(ほし)の上

雑草(ななし)に見えて
雑草じゃない
ど゛うよばれても
私は私


2017年04月09日 (日) | 編集 |
170403_090713_ed.jpg

こちらでもあちらでも
出てくる でてくる
2017年04月06日 (木) | 編集 |
「卒業する前にお世話になった用務員さんに感謝を伝えるのを手伝ってほしい」と小学六年生の男の子が「あさイチ」にお願いした。
それだけでも感動したけど、ご覧になりました?

子どもが悩みを打ち明けられたり、色々な話を聴いてくれるこんな人がいるなんて、ありがたいですね。

どこの学校でもこうであってほしい。本当は担任の先生がみなそういう人だともっといいけど・・・。

それが無理なら、だれか一人でいいのです。近所の人でも、お店の人でも。子どもたちは「あのね」と話せる人がいれば救われます。

親も完璧にはできないから、誰かに相談にのってほしいしね。

それにしても、感謝の気持ちをきちんと伝えようとするなんて、私にはできないこと。尊敬します。えらいなぁ。
2017年04月01日 (土) | 編集 |
桜はまだですけど、足元の花は満開です!
この花の名は、多分ヒメキンセンカ。

170401_101653_ed.jpg