FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2018年06月24日 (日) | 編集 |
昼夜逆転は、治すのが難しいと思っていましたが、{治そうとするから難しい}のかもしれないと、昨夜床に就いたときに思い至りました。

長く昼夜逆転の生活をしていると普通の生活に戻すのが難しいから、それだけは気をつけようとか、思いますよね。
でもそれでは、「今のままではいけない」という思いが消えず、自分を変えなきゃと焦る思いも消えず、結果安眠ができず、目覚めが悪く、活動がにぶる。みたいなことになりませか?

でもね、概ね本人がやりたいことがある時は、朝起きて行動できたりするものです。そして普通はその時だけで、また元にもどるわけですけど。そのやりたいことがずっと続けば、昼夜逆転は修正され、元に戻ると思います。
先日、「大学に合格し一人暮らしを始めた娘、長く続いていた昼夜逆転が急に治って、今は学校へ通っている」という話を聞きました。

そして、こういうこともありますよね。地球の裏側に旅行や仕事で行った人は、多少の時差ぼけはあってもすぐに順応できます。
地球の裏側から見れば、何十年も12時間ずれた睡眠をしていたわけですが、切り替えられます。それに似ているんじゃないですか?

いやいやそれとこれとは違うと言われそうですけど、ただ、昼夜逆転していても、疲れが溜まっていないことが必要だとお思いますが。

一番大事なのは、安心してぐっすり眠ることだと思います。たとえ眠る時間が昼、夜、逆転していたとしても。
スポンサーサイト


2018年06月16日 (土) | 編集 |
テレビを見ていたら、「光るランドセル、夜道でも安心」みたいな広告が流れていた。

売り文句なのだろうが、ランドセルって小学生用のはず、夜間小学校でもできたのだろうか?

冬至の頃、東の地域でも、下校の時間頃はまだ明るいはず。

それとも暗い土砂降りの日を想定しているのだろうか?

私が思うに、ランドセルを背負う年齢の子が、夜道を歩くのは変だ。

ランドセルが安全のために光らなきゃいけないという世の中はおかしい。

あっ、思い出した、うす暗いグランドで部活の練習をしていた小学生。

あの子たちは、暗い道を帰るのだ。やっぱりおかしい。

家にランドセルを放り出して、暗くなってまで遊んでいる方がよほど健全な気がする。

真面目な子どものランドセルは、後ろにひっくり返るくらい重たくて、夜光る物になるのか。

何かが大きく間違ってるような気がする。


2018年06月13日 (水) | 編集 |
子育てって、考えると難しい。
子どもは一人ひとり違うわけだから、子どもの数だけ子育ての仕方があるというわけかな?

「私の子育てが間違っていたのかしら」と不安になったり、
「どう育てたらいいのか分からない」と途方にくれたり、
親は子どもを立派に育てようとして壁にぶつかる。

伝統を受け継いでいる家なんかは、子どもの意思とは関係なく、技を叩き込む場合もある。

何が正しいのかなんて考えていても、難しすぎて困る。

子どもの立場て言うと、親が自分を大事に思ってくれているのが分かれば、少々の無理にも応えようとすると思う。

子どもが一番イライラするのは、本気の親を見られないことかもしれない。

生き様が本気なら、うそでなければ、多少失敗しても子どもは親の生き様から学ぶのではないか。

親だって、子どもだって人間だもの。臆病で、卑怯で、弱い所だってあるよね。

いろんなものを持ち合わせているのがヒトなのではないかな。

「どうしたらいいのかしら」と思っている時点で、しっかり親の仕事をしようと頑張っていることは確かなような気がする。