FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2018年11月23日 (金) | 編集 |
ちょっとした油断だったのか、一瞬でスッテンコロリ。・・・・いやいやそうではなかった。

ツルッ、ドテン!! 痛!  数秒間状況飲み込めず。

それでも私は骨折することなく歩けています。

さてさて、私は運がいいのでしょうか?それとも運が悪い?

いや、不注意による当然の結果?

こんな時、つまり予期せぬことで痛い想いをしたとき、

弱気になっていれば「バチが当たった」とか、「何か大きな不幸の前触れ?」と思うかもしれませんね。

そして強気な時には「大けがしなくてよかった」とか「これで厄払いができた」とか思ったりするのかもしれません。

私は?どうかな?

いずれにしても、濡れたスリッパはすべります。ご注意!
スポンサーサイト



2018年11月17日 (土) | 編集 |
Eテレで、部活動について話していました。たしか「うわさの保護者会」?だったかな。なかなかの番組です。

Eテレは、いい番組多いですね。

これから発達障害について、いろいろな番組があるようです。できるだけ観てみようと思っています。
2018年11月14日 (水) | 編集 |
一週間ほど前の初体験のせいか、何だかとっても眠い日が続きました。

あっそうそう、合唱の祭典みたいなものに出たせいもあるのかな・・・それと歯医者さんとのやりとり、これが意外と疲れました。

それでも、ちょっとした朗報やら、ある人の胸騒ぎのせいで、ざわざわした日々を過ごしていたような気がします。ここ一週間ほど。

そして、今日、というかさっき、いいことを思いつきました。・・・これは私的なことですのでないしょにしておこうと思いますが、

わくわくしてきましたよ。うん、かなりわくわくしてきました。

まず具体的に動き出さないといけません。

ここに書いておけば、おしりの重い私でも、動かないわけにはいきませんからね。ヘヘ ヘヘ ♪♪

2018年11月05日 (月) | 編集 |
話し終わったら、一人の男性が笑顔で歩み寄って来られ「言葉一つ一つに感動しました」と、たしかおっしゃったと思います。

最初どなたか分からず、ちょっと警戒していましたけど、二日前の会議で左隣に座っていた方でした。・・・ごめんなさい。ありがとうごさいます。わざわざ聞きに来られていいたのでしょうか。少し舞い上がっていましたので、失礼があったかもしれません。

そしてその後、ぽつりぽつりと悩みを語られる方々が来てくださって、気づけば15人位の方とお話できました。

その中には、以前あったことのある方もいらっしゃいましたが、親の会の存在をご存知ない方もいらっしゃいました。

短時間で解決するような話ではないわけですけど、少し元気になっていただければ、とても嬉しいわけです。

そんな中に、母親と来た中学生が三人もいたのです。みんな私より背が大きい。少し見上げながら、「どうでしたか」と直接聞いてみると「胸に響きました」「すっきりしました」などと話してくれました。本当に嬉しかったです。

今回、ハプニング的に舞い込んだ仕事でしたが、私にとっては間違いなく貴重な経験になりました。感謝です。
2018年11月04日 (日) | 編集 |
今日は長い一日となりました。
この歳になって初めての体験。

まず、目的地へ行くのに、最寄の駅から徒歩8分。行ったことのある場所と油断していたら、途中で方向を間違っていたようで、見知らぬ人に道を聞く始末。

遠回りして、倍近く時間かかって到着。回り道にも花は咲くと話に行くのだから、これもまぁいいかと、少し暑いくらいの日差しをうけながら、目的地に着きました。

今日は2か月前からのお約束の仕事。ただただ40分原稿を読めば終わると言い聞かせ、本番に臨んだわけですが・・・。

いやー、怖かったです。リハーサルなしで、観衆の前で一人舞台を演じなさいと言われているよう感じでしょうか。

なんか黒っぽい感じの集団が、私の方を見ていて、ほとんど動きがなく、静まり返っていました。

どんな気持ちで聞かれているのか表情を見る余裕はなく、ただただ自分の声が聞こえるだけ。
途中で「分かっていただいているでしょうか?」と聞きたくなるような衝動を押さえ、「下手だなぁ」と思いながら原稿にそって話をしていると、前の方でハンカチで目頭を押さえている人が目に入り、届いているのかもしれないと、ちょっとほっとする。

その頃になると、最初より少し人も増えているような気もした。とにかくあと半分乗り切らなければと、時々時間を気にしながら、早口にならないようにと気をつけながら、時間数分前に話が終わりそうになって、どうしたものかと考えたが、殆ど修正できないまま1分程のこして、終わらせていただきました。
2018年11月01日 (木) | 編集 |
今日は四角い会議に参加しました。ちょっと不謹慎ですが、老化のせいか話の内容がしっかり聞き取れずちょっと退屈だったので、人間観察をしていました。

足をゆらしてつまらなさそうにしている方やがいるかと思えば、真剣にメモを取り続けている方もあります。まぁちょっと見ただけではその人の本心まではみえませんが。

さらに観察していると、やっぱり興味ある話には、ちゃんと顔をあげて人は聴き入るのですね。そう、足を揺らしていた人がそうでした。悪い人ではなさそうです。

あの四角い会議に集まっている方々は、概ねまじめな方々なんですよ、きっと。

できれば丸くなれると隣の隣の人の顔も少しは観られていいのですけどね。

文句言いたいことはあったけど、理解あることを言われたら、褒めて、感謝の気持ちは伝えておいた方がいいかなぁと思い、
「やっと私たちの想いが少し届いたようで、ありがとうございました」みたいなことを伝えました。

文科省の「通知」は届いていたようです。・・・「通知」で読んだような言葉が並んでいましたからね。

我が子の不登校であれこれ悩んでいた時の、あのエネルギーを、また取り戻さなくてはならないのかもしれません。