FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2019年02月24日 (日) | 編集 |
今日は、でっかい遊園地のそばで、素敵なお話を聴いてきました。

あるお母さんが「ゴッドマザーのような園長さん」と評した人のお話。

実は二度目なんですけど、素敵な話は何度聴いてもいいです。元気がでます。でも、正直自分が小さく見えたりもしますが、こんな素敵な人と知り合えて、話ができていることを嬉しく思う気持ちにもなります。

彼女の話の中に、子どもたちの感性や底力についてのエピソードが出てくるのですが、それが私の涙腺には一番刺激的です。
今日も「あのおばあさんは、いつから『おばあさん』と呼ばれるようになったの?」と子どもがきいたという話の時、ぐっときました。自分でもちょっと不思議。他にもっと感動的な話をされているんですけどね。

そんな感じで、今日はいい日だったんですけど、思わぬおまけもついてきました。・・・・・
それは帰りの電車に乗り込んで仲間と二人立っていたら、「どうぞ空いてますよ」と目配せしてくれる方がいて、向かい側に座らせてもらいました。そしてその方が、とてもスマートでハンサムで、嫌味がなく、紳士的だったんです。

「今日は充実した一日でした」と、仲間も感想をもらしています。^v^;

スポンサーサイト
2019年02月21日 (木) | 編集 |
パッチワーク

2019年02月16日 (土) | 編集 |
車に乗せて頂いた人が「私の友人に、親が学校行かなくていいみたいに言って、上にも兄弟がいて不登校で、山奥に引っ越して、学校に送り迎えが大変だけど、どうする?となって、そのままほとんど学校行かずに、自然の中で過ごしていたという人がいるんですよ。その後大学、大学院と進んで、今自分のやりたいことやっている人がいるんです。私、その人と出会って、無理して学校行ってたの損したなぁと思って、ちょっと不登校に関心があるんですよ」と教えてくれました。

私は「そんな人珍しいのよ。ほとんどの人が行きたくても行かれないような状態になって不登校になって、とても悩んで苦しい想いをするの。すごいねその家族」と言いました。
それから「私も一人そんな人知ってる。小、中、高と行ってなくて、大学院行った人。河●町のアートのイベントで出会った青年がいる」と言ったら、

「えーっ、その人ですよ!〇〇君といって、私もそこで出会いました。いま〇△〇△計画とかをやってる。とても優しい感じの人」と言うから、「あー同じ人だ」となって、大盛り上がり!!

楽しい時間はあっという間に過ぎ、お礼を言って、名刺交換しちゃいました。^ ^
2019年02月11日 (月) | 編集 |
先日、田舎の古い民家でのある集まりに参加しました。初めての場所、初めての人にはかなり緊張する私ですが、終わるころには、来て良かったと思えるようになっていて、少しずうずうしくもなっていました。

秋ごろから月に一度集まっていて、不登校に関心のある人たちで、何かしらやっていこうというような会かな?完全に理解できたわけではないけど、何だか「こんな場面、以前も経験したなぁ」みたいな感覚。そうそう、「子ども劇場」のイベントに似ている。

親子で集まって、自然の中で走り回ったり、外でかまどを作ってご飯を炊いたり、子どもたちが遊んでいるのを眺めながら大人たちがおしゃべりしていたり。・・・なんだか懐かしい空間だった。

初めての場所だったけど、初対面の方ばかりではなかった。そして話をしていると、初対面の人でも共通の知人がいる人も数名。まぁ「不登校」がらみの集まりだから、こうなるのだろうなぁ。
小さな子どもたが混じっての食卓を囲みながら、ハラハラしたり癒されたりする感覚も我が子の小さい時を思い出しなつかしかった。

帰りは夕方になってしまったけど、同じ方向に帰る方の車に「乗せてくださいませんか」と私から頼んで(私としては初めて)、帰ったんだけど、この車中での会話が弾んで、素敵な発見がありました。(その話は、また後ほど)

ちょっと私の中で何かが変わったような・・・・・。
2019年02月08日 (金) | 編集 |
今年は金柑がたくさん実をつけました。

そんなこととは関係ないのですが、大人の暴力や弱さや愚かさで、命を落としてしまう子どもが多すぎませんか?なんとも辛い気持ちになり、気が重いです。

いろんな新事実が分かって、そのたびに「ありえない」と思う。また、いろんな人がコメントを出し、「そうよ!」と思う面もあるけど、なんだかすっきりはしない。

そして、親の暴力で苦しんでいる子が増えているみたいなことが報道されているけど、実態はどうなのだろうか。そうだとしたら、何が原因?

加害者も闇を抱えていたに違いない。そして、自分より弱い命より、自分の命を守るために、まともな判断力を失くしてしまった大人たちの闇は?


この事件は罪が大きい。「もう相談できない」と感じた子もいるだろう。

そして一人残された下の子はどうしているのだろうか。

・・・・・それでも、信頼できる人はきっといるから、大人を見捨てず、諦めず、親身になってくれる人を捜して、相談してほしい。・・・・・