FC2ブログ

2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10








注文をまちがえる喫茶店

昨日だったかな、「注文をまちがえる喫茶店」という店をテレビで紹介していました。

認知症の人が注文を受けて、その品を認知症の人か゛運ぶ。だから間違いもあるのだけど、その様子を見守ったり、さりげなく手伝ったりする店長やお客さんの表情が、とてもとても優しくて、見ていて本当に温かい気持ちになりました。

そして、最初は不安そうにしている認知症の人の顔も次第に明るくなって、楽しそうに「働くのが楽しい」と言われていました。

毎日の取り組みではないようでしたけど、近くにあんな喫茶店があったら、行くのになぁ。
スポンサーサイト



10年前に書いたもの

このブログの初めから読み直してみています。約10年前に書いたものです。
不登校に対する考えは、今もほとんど変わっていませんが、今よりずっとまっすぐに強い表現をしていますね。
本の編集に苦労したので、熱が上がってます。ちょっと懐かしい気持ちになります。

読んでいて面白い物もあるので、過去から順番に時間をかけてたどってみようと思っています。

若者のパワーに

台風には台風の事情があるのかも知れませんが、できるだけ静かに通り過ぎて欲しいと願っています。

自分の所を通らなければいいというものでもありませんからね。

最近の天候模様は、激しく痕を残していくことが多いので、なにかと緊張することが多くなりました。

世界中で温暖化などの環境問題が持ち上がったのは大分前のことで、私も今より若く、今よりもっと危機感を感じていたように思うのですけど、ほとんど何も出来ないまま生きてきたように思います。

でも、最近、その危機感が実感に変わっているのでしょうか、若者の心を動かし、粘り強い行動を起こさせていますね。

国と国との緊張を危惧する若者が「ハグ」しあうことで、わかり合おうとしているそうですし、

最近の若者は、捨てたものではありません。

そんな若者のパワーは、腰が重くなった中高年のアシストをしてくれそうです。

台風が挨拶に来たようです。

生活リズムを変えたいのなら

先日、ある場所で久しぶりにお遭いした方々が、みなさんとてもお元気で、以前より若かがえって見えたのには、ビックリでした。
きっと好きなことを日々楽しんでいらっしゃるのでしょうね。

ところで、最近家電が故障して、いくつか買い換えたり、不思議な出会いがあったりして、私の周辺が妙に騒がしく、大きなうねりのようなものが遠くから迫ってくるような胸騒ぎを感じるんですが・・・・・・何か新しいことでも始まるのか、始めるのか・・・・・いいことだったらいいのですけど。ヽ( ´_`)丿

何か始めるにしても、昼間眠くなるのをなんとかしないと、なかなか動き回れない。

やっぱり、寝る時間を早くして、食事をちゃんと規則正しくとって、毎朝光を浴びて、動く、
こんなことを一ヶ月くらい続けてみないとダメ、ではなく、そうやってみるとイイ、みたいです。
あっ、それからパソコンとかスマホは、寝る2時間くらい前にはやめた方がいいとか。

簡単そうで、難しいけど、体と心は1つですから、相互的にやれることを少しずつでもやってみますかね。

そうそう、詳しい内容は書けないのですが、私は飼い猫に夜中頻繁に起こされていたのですが、
その原因が分かり、その原因を排除する工夫をしたら、起こされる回数が減りました。
夜中起きる回数が減ったので、昼間寝る時間も減ったように思います。

昼寝は15分以内くらいがいいそうですよ。

そして、不眠症の方は、眠れないときには無理に寝ようとせず、いったん布団から出て、自分なりにリラックスできること(ホットミルクをのむとか)をして、眠くなったら寝る戻るようにしたほうがいいそうです。

布団に入っても眠れないことを繰り返していると、条件反射のように布団に入ると眠れないことになるそうです。「ある場所」でお医者さんがおっしゃっていました。

睡眠不足が続くと、動くのも面倒になりがちですが、動かないと眠れないという悪循環に陥りますね。

そして薄暗いと眠くなる。これは人間として自然な反応らしいです。活動したいときは部屋を明るくし、眠るときは暗く。

もし、生活リズムを変えたいのなら、起きる時間より、床につく時間を変えて、しばらく続けてみることかな。

くねくね体操とかやってみますかね。

あっ、子どもさんの昼夜逆転を無理に直そうとするのは。お勧めしません。
彼らには何よりも「安心」して眠れる環境が大事だと私は思います。

そんな環境の中で安眠出来ていれば、必要なときが来たらちゃんと起きられます。
地球の裏側に旅行しても、人ってすぐになじめるようになるみたいですものね。
[ 2019/09/18 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

乗り放題の恩恵!?

今夜はお月様がきれい。満月でしょうか・・・

今日一日限り熊本県内のバスと路面電車の市電が無料だったんですよ。市街地の大きなビルがオープンする日で、車での混雑を避けるための処置だと思います。

そのため。いつもはがらんとしているバスも、今日は都会の通勤ラッシュ並の混雑でした。

それで、朝、夕バスを利用した私は、面白い体験をしました。

立っている私の目の高さに座っていた年配の方に話しかけたら、乗っている間ずっとその方のお話を聞くハメになりました。途中からちょっと面白くなって質問を挟むと、その方は自分のことばかりか、子どもさんたちの職業やら、家族旅行で海外を回った話までされました。まぁ、ご自分の幸せ度を自慢なさっているようにも聞こえましたけど、ときおり、ちらっと不安も覗かせていらっしゃいました。

80近い方のようにお見受けしましたけど、このくらいの年代の方は、とてもいろんな経験をされ、必死で生き抜いて来られた方が多いように感じます。多分、戦争や終戦の記憶があられると思います。

そんなことを考えると、自慢話も意外と心地よかったです。

帰りに乗れなかったら困るので、始発の場所まで行って、しばらく行列に並びました、そのときに、少し片言かなと感じる日本語で、若い女性から質問されました。ここに並んでいて大丈夫かなと思われたようです。中国の方でした。「日本語上手ですね。今日は一人?」と聞くと「いえいえまだまだです。他の友達は休みで中国に帰っている」といわれました。、

きっと真面目な留学生じゃないかな。・・・・・いろんなことがあった一日でしたが、こんな日に地震が起きなくてよかったと思いながら、帰宅途中でまん丸の月を見上げました。

架け橋



生きていると、ステキなことにも出会います。
[ 2019/09/11 ] らくがき | TB(0) | CM(0)

残された人の想いを受け止めきれず

人間は、「何のために生きているのか?」などと、やっかいな疑問を持つ生き物みたいですね。猫は、見ている限りそんな疑問はもっていないみたいです。

難しい理屈は分からないけど、今日現在、私にはハッキリ言えることがあります。それは

これまで生き延びてこなかったら、あの完璧な虹を見ることはなかったということです。まぁ他の人にはどうでもいいようなことですけどね。

「誰からも気にされていない」とか、「何もしたいことがない」とか思って落ち込んでしまうときは、ちょっと自分の後ろに立って自分を観てみる。・・・・

「誰からも」って、どんだけとの人と出会ったんですか?「何も」って、どんだけのことをしてみたんですか?・・・などと思い、
「自分のいるこの場所に同時刻にいられるのは自分しかいないのだ」と、「当たり前じゃない!」とバカにされそうなことを真剣に考えたりしてみるのはどうですか?

あぁ!人間には理屈が必要なんですかね、人間をやり続けるために。

世間が怖くて閉じこもっている人も、「恐怖心」があるのだから「生き延びたい」という心はあるはずですよね。


・・・・・・悔やんでも悔やみきれない残された人の想い、そんな想いをすぐ隣で聴いていて受け止めきれなかった経験から三日目に、私は虹が北の端から南の端へと時間をかけて伸びていく光景を目の当たりにし、この世の物とは思えないような虹の架け橋に、一人手をあわせていました。

○○さん、あなたの想いが息子さんと奥さんに届いているといいですね・・・・・

これぞ虹の架け橋 ! ! !

虹の橋

激しい雷雨の後、まだわずかに雨が降っているときに、西の空から光が差したので、きっと虹が出ていると思って外に出て、太陽を背にして空をみました。

はじめは北の方から半分くらいだったのに、しばらくして見事に南のはしまでかかったのです。・・・ずいぶん長いこと見とれていました。虹の架け橋そのものでした。
[ 2019/09/04 ] 写真 | TB(0) | CM(0)

油断してたら

今度の九州の雨、自分が住んでいる地域はたいしたこともなく、ほっとして、油断していたら、、、昨夜佐世保からの帰宅途中、バシャッと大量の水が私たちの車にたたきつけられた。くわばらくわばら。
「無事に帰らせてくれ!」と思いました。そういう時に素直な気持ちがでますね。


実は、土曜日から一泊で、不登校問題の全国的になつどいに参加するため、仲間の方々と佐世保へ行ってきました。

日常から離れてのんびりしてきたかったけど、ちょっとした役目もあったので、緊張からか寝付けず、少し疲れ気味。

行きは、水害の後片付けをしている方々を、渋滞でノロノロ運転の車窓から眺めながら「あぁこの辺も大変だなぁ」と思いました。でも、もう水は引いて、泥もほとんど残っていなくて、外に出された家具や積み上げられた畳を見ても、車内の私には危機感はありませんでした。ただ、予定の時刻には着きそうにないと思っただけでした。

つどいでの出来事、見聞きしたことは、今度改めて書くことにしようかと思いますが、
残念なこと、悲しいこと、反省したこと、イラッとしたこと、させたこと、そしてとっても嬉しかったことなど、色々あったのです。
そう、あったのですよ、いろいろ。でも、それはおいおい。


そしてつどいが終了してすぐ帰路について、順調に走って、途中道沿いにあった素敵な所に立ち寄って、つどいの余韻にしたりながら語り合い、ゆっくり夕食をとって、美味しいコーヒーを味わい、「又来たいね」などと言いながら満たされた気分で車に乗り込み、夜景を楽しみながら、あと1時間くらいかなぁと思ったあたりで バシャッ と大量の水が突然私たちの車にたたきつけられたわけです。

仲間の運転手さんがよく知っている道だったからいいようなものの、「知らない道なら怖くて走れませんよ」などとみんなで言いあって。しばしの恐怖を味わう羽目になりました。


みんなを家まで送って、一人で帰る運転手さんが心配だったけど、なんとか無事だったようで、とにかくよかった。