FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2018年03月22日 (木) | 編集 |
いつの間にか春分の日を過ぎたけど、今夜は冬に逆戻り。とはいうものの、季節の変わり目はだいだいこんな感じかな。

そして、不登校の子どもたちも、この時期心は大きく揺れているだろうな。

物は考え方次第でマイナスがプラスになると言われても、なかなか難しいよね。

「自分は何もできない」と嘆く人は「もっとできるはず」ということが分かっているのかもしれない。ひょっとしたら、自分の能力の高さにうすうす感づいていて、過労などで出来なくなっていることに腹が立つのかも。みんながそうとは限らないかもしれないけど。

だけど、つきつめれば、この世に生れ出たことだけでも相当大したことだし、何年も成長を続けていることだって、その人の日常のたまものなのだから、「何もできない」という認識が間違っていますよね。

命あるものがそこに存在していることの大きさを見つめ直すと、私なんかとても元気になります。それは奇跡の連続で、とても貴重な出来事だと思える。すごくないですか?あなたも、わたしも。

・・・・・とまぁ、こんなふうに考えられるようになった自分を今日は誉めてみましょうかね。誰も誉めないなら、自分で褒めるしかないからね。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック