FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2018年08月22日 (水) | 編集 |
今年の酷暑も少し和らいできました。だらだらと溶けかかったわたしの体も、最小限の事ではなく少し無駄な動きもするようになったので、・・・あぁ怠け者ではなく暑さばてだったと、少しほっとしています。

だけど、こんな暑さの中でも飛び回っている方もいらっしゃいます。尊敬します。
先日、その方が熊本市内のある中学校で講演されると聞きつけ、行ってみました。保護者がぞろぞろ集まるなか紛れ込めばいいかと思って行ったのですが、なんかとても静か。??
学校の玄関で花の手入れをしている方に聞いたら、講演は教員向けに教室であるとのこと。私の事情をお話しして外で講師を待っていたら、どうぞと教頭先生が教室に案内してくださいました。

机が並んだ教室で待っていると、しだいに教員の方々が集まられ、講師の先生がピンクのポロシャツを着て、中学校の校長先生に案内されて入って来られました。
ギリギリの到着です。相変わらず忙しい方です。(どうにかならないのかな。大丈夫かな)

お話は何度も聴いた話ですが、飽きることなく感動して聴いていました。だけどもったいない。先生方は20人。なんと贅沢な講演会!
この日参加できなかった先生は三名だそうです。でもその先生方も、二日後の四、五百人の教職員向けの講演会に参加されるそうです。(この講師の先生、三日間で二回も熊本に来られる!ひっぱりだこですね)
この中学校、とても熱心でいい感じでした。怪しい私を受け入れて下さったわけですからね。


思い起こせば、この講師の先生に私が講演をしていただいたのが2010年2月7日でした。そう齋藤眞人さんです。このブログにもいくつか記事がありますので読んでみてくださいね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック