FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2019年06月09日 (日) | 編集 |
最近、引きこもっている人や、そんな状態の子どもを持つ親の事件が続いて、相談件数が何十倍にも膨れ上がったそうですね。

今までどうしていいか分からず、誰にも相談できないでいた人達が動きだしたのはよかったかなと思います。

だけど、ちょっと気になるのは「早く治したい」「早く動き出してほしい」という保護者側の切実な声。そんな気持ちは、動き出したいのに動き出せないでいる人にさらに重くのしかかるのでは・・・・・・

あるニュースでは「(長く動き出せない人は)それだけ苦しんでいるということです」と保護者に訴えている支援者の声を伝えていた。

そのことを気づかせるのはとても大事だと私も思う。もっと子どもの気持ちをくみ取ってほしい。そして焦る保護者たちの気持ちも汲みとらなければ。

一杯いっぱいになっている人に正しいことを伝えようとしても難しい。辛さを丁寧に聴きとることが先ずは必要だと思う。

そして、負の連鎖を断ち切ればいいとも言われていた。

その一つとして、「引きこもりはいけないこと」という考えを見直すというのはどうですか?

犯罪って、普通に社会生活をしているようにみえている人の犯罪が実は多いのではないのかなぁと思うけど・・・・

私ならどうするかな?

誰もが利用するトイレに花を置き続けるとか、心地いい音楽を静かに聞くとか、美味しそうな香りを漂わせるとか、たわいないおしゃべりのできる人を招くとか、無理なくできることを気長に続けてみようとするかな・・・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック