FC2ブログ
◆不登校は命を守る自然な反応★決して怠けではありません◆◆そして学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、それでは反って事態を悪化させてしまいます■◆「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままに❤はみ出しながらつづります(^-^)❤
2019年06月15日 (土) | 編集 |
ある政治家の発言を聞いていて、痛みを知らない人、不安のない人は、困り感のある人に寄り添うことは難しいのではないかと思いました。全く不可能とまでは思いませんけどね、人には想像力がありますから。


先日ある不登校経験者の話を聴いて、「こんなに長く辛い日々を経験して、どうしてこんなに冷静に語り、辛かった経験を『よかった』と肯定できるのか・・・・・。

その人の経験のあらましは、まじめな登校、訳の分からない突然の不登校、高校留年、中退、楽しく充実した高校・大学生活、
そして優秀なサラリーマン。
過労で鬱、入退院を繰り返し命が危うくなり退職。そして支援団体での経験で夢を見つけ、現在起業して活躍中。

あまりにざっくりとした説明で申し訳ありませんが、この人の経験をどうとらえるかは人それぞれだと思います。

この方の両親は子どものことを大切に思われていたようです。ただ、不登校はよくないことで、なんとか学校へ行ってほしいと思われ、あらゆることを試されたようでした。

子どもが鬱になって、いよいよ命が危ないとなって「命が大事」というシンプルな思いに辿り着かれたようです。さんざん失敗を重ね、試行錯誤の末にたどり着かれた「答」だったと思います。

言葉としては色んなところで色んな人が発っしている言葉です。「答」はあちこちに小石のように転がっています。

私たちはその小石を踏んだり、その小石につまづいて存在に気づいたり、ちょっと拾い上げたりもします。でも、自分の手の中にもっとキラキラした小石がたくさんあると、その小石を握りしめることができません。

自分の手の中にある他の小石をいったん脇に置いて、その「命が大事」という小石だけを握りしめることができたら、
きっと凸凹道を歩くのが楽しくなると思うのですけど。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック