FC2ブログ
💓不登校は命を守る自然な反応💓決して怠けではありません ◆★◆それでも、学校に行ってほしいと多くの人が必死になるのも分かります。でも、必死になるとかえって事態を悪化させてしまいます★💓★「不登校にもなれなくて無理を続けている子」も忘れず❤不登校の親を経験して学んだ事を、常識から気ままにはみ出しながらつづります(^-^)❤
| Login |
2019年07月14日 (日) | 編集 |
先日親の会に参加してお話を聴いていたら、最近発達障がいへの知識が増えた分、20数年前には考えなかった特別支援があり、その選択で悩む方がいらっしゃるのだと知りました。

でも、なんかしっくりこないんですよ。ある発達障がいの場合は、学校を休んで家で安定してしまうとそれを当たり前と思い、学校へ戻らなくなってしまうから、母と子を分離した方がいいから入院させるのがいいんじゃないかみたいなことを言われたとか・・・あくまでも学校に通い続けられることが正しくて、家で安心、安定してしまうのが悪いこととして話されているような・・・。うーん、なんか変な感じがしています。

子どもさんの特徴によっては、そんなケースもあるのでしょうか?

私が知っているある人を見ていると、普段は特に困り感はありません。ちょっと扱いにくいくらいですんでいます。でも、仕事がこなせなくて寝不足が続いているような時は、とてもイライラして怒りっぽくなって、段取りがなお困難になったりしています。

私の感覚では、そういう不安の中に身を置いていることが、いろんな困り感のそもそもの原因ではないのかなぁと思えます。

だから子どもが拒否するところに主なる原因があると思われるので、そこを(学校や社会や大人の考え方を)改善する努力を大人はするべきではないかと。

子どもが登校できなくなったということは、その子ができていたことができなくなっているので、その子どもにとって辛いことが起きていたと考えて間違いないと思いますけどね。

でも、たまに学校以外では元気に遊べる不登校の子もいます。だからなかなか辛さを分かってもらえないと思うのですが、、、、

今考えてみました。そしてあることを思い出しました。

ある人が何でも食べるのに、人参だけが全く食べられないのです。周りの人がいろんな工夫をして食べさせようとしてくれたけど食べられなくて、「もう絶対に無理」と言い切って、人参だけ出して食事していらっしゃいました。

そんなときは、無理するより、他のものが食べられるからいいと思った方がどれだけらくか。楽しく食事をした方が消化吸収もいいはず。

そんな風に考えたらどうでしょうかね?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック